子どもに読書を勧めるためにできる5つの習慣とは?

2019年7月12日
この記事では、子どもが読書に興味を持ち、読書好きになるための習慣について詳しく見ていきたいと思います。

幼少期から子どもに読書を勧めるように習慣付けると、知性と会話力を向上させます。読書はとても良い趣味であるばかりでなく、集中力、精神面での働きを促し、単語をたくさん覚え、作文や発言力も上達するでしょう。

さらに読書によって、個人的にも学習面でも人生が豊かになるという効果が見られます。

読書というのは、文章・文脈・読者に意味を見出すプロセスだと言えます。それは知覚的に読むという作業が行われるのとは違います。意味が分かるというのは、単に文章・文脈または読者だけでは無理ですが、その3つの要素が組み合わさって初めて意味がわかり理解へとつながります。

– 国民教育省(コロンビア)

オクスフォード・ラーニングの専門家によると、読書は楽しむべきもので、イライラの原因であってはいけないのです。子どもが読むことを楽しいと感じるには、読み始める前に書かれた言葉を体験させるのが一番です。それぞれの子どもの学習法、情報を理解する方法は違うということを覚えておいてください。

読書が嫌いな理由とは?

1.読書は強制させられるものだと感じている。

2.読む内容を理解するのが難しい。

3.読書はつまらないと思っている

4.興味が持てる本にまだ出会っていない。

子どもに読書を勧めるにはどうしたらいい?

子どもが読書に興味を持つ良い方法を見つけたら、次のようなアクティビティを習慣付け、もっと読みたくなるようにしましょう。

子どもに 読書 を勧めるために家族で読書 読書 子ども 習慣

1.家族で読書

読む本は、料理の本でも、童話、買い物リスト、道路標識でも構いません。ここで大事なのは、読むことは大事で必要なことだと子どもが理解することです。読書を勧めるために一番の方法は、大人がお手本となって読むことです。家族で読書する時間を、みんなが楽しむ家族の時間にしましょう。

2.読書に利用できる書物を与える

身近に色々な本や印刷物があると、子どもは興味を持って見てみたくなるでしょう。目を引くような鮮やかな色のイラストレーションが使われている本を早くから選ぶようにしてください。

もっと後になってから、子どもに物語や百科事典を与えて、興味を持っているものや、性格にあった本を与えることができます。

3.テクノロジーをうまく利用する

現代のテクノロジーを利用すれば、子育てが劇的に変わってきます。ハイテク生活の悪い所ばかり注目されがちですが、読書に関してはメリットもあります。タブレットや電子ブックのインタラクティブ機能を使うと、子どもがもっと関心を持つでしょう。

これらのデジタルツールは、子どもそれぞれの好みや必要性に合わせて調節ができるのが強みです。各ページに出てくる行数や文字の大きさなどを選択できます。これまでの書籍を読むことに苦労しているなど、特別支援が必要な子どもにもピッタリです。

子どもに 読書 を勧めるためにできること 読書 子ども 習慣

4.子どもの本に興味を示す

子どもの読書に対する大人の反応によって、それが大きく子どもに影響するものです。親が本を読む子どもを励まして、誉めてあげることも大切ですが、読書の内容について何か質問してみて理解度を確認することも重要です。

さらに子どもに興味がある本を選ばせるようにしましょう。そうすると読書は楽しむことであって、やらなければいけないことではないと分かります。

読書を勧めるクリエイティブな方法

5.演劇

子どもを演劇に連れていき、その後物語の台本を家族で読むと、書かれた本というのは現実に起こる生きた話だということを理解できます。コスチュームと台本を作って、家族で演劇の再上演をするように勧めてみましょう。これは歌の歌詞、詩の朗読、マンガを基に演ずることもできます。

子どもの思考力、社会性、会話力を伸ばすには、毎日の読書を習慣付けましょう。それを続けることによって、子どもの成績も上がり、礼儀正しくなり、読み書きや言葉の表現も向上することでしょう。