【星の王子さま】人生の教訓となる名言10選

『星の王子さま』は、どの世代の心も魅了する素敵な物語です。この若い主人公の経験には子どもでも大人でも誰もが学べる教訓がつまっています。きっとためになるので、ぜひ読んでみてください。
【星の王子さま】人生の教訓となる名言10選

最後の更新: 05 8月, 2021

『星の王子さま』から学ぶ大切な人生の教訓として、これから名言10選をご紹介します。

著者アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの作品『星の王子さま』が、世代を超えた数百万人もの読者を楽しませてくれたことは疑う余地がありません。

何ページにも渡って、年齢に関係なく読者が共感できる思いやりある名言がたくさんあります。

『星の王子さま』は200種類の言語に翻訳されていて、世界のベストセラーとしてこれからも永遠に定着するでしょう。

星の王子さま:人生の教訓となる名言10選

この時代を超越する世界文学は、子どもにも大人にも同じように得られるものがあります。その中心的テーマは、友情と愛情そして人生は普遍的であるということです。

『星の王子さま』からの名言をいくつか見ていくと、それを初めて読んだときの感覚が呼び起こされることでしょう。

「それでは、大事な秘密を教えてあげよう。とっても簡単なことさ。心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。肝心なことは、目に見えないんだよ。」

この名言は特に重要な意味を持ちます。表面的に見えるものは、あまり意味をなさないということを私達に理解させてくれます。

外見だけの固定観念によって人を定義づけるような、見かけだけに注目する現代社会において、これは非常に重要な教訓となります。

そのような理由からもサン=テグジュペリが示してくれたように、私達はもっと深い部分を見る努力をして、偏見を取り去って人々の本来の姿をありがたく感じられるようにしなければなりません。

星の王子さま 人生 教訓 名言

「他人を裁くより自分を裁く方がずっと難しい。自分を正しく裁くのに成功したなら、あなたは本当に賢い人だ。」

ここでの教訓は間違いを受け入れるようにすることです。これはとても難しいことでしょう。他の人の失敗に注目するのはとても簡単にできることなのです。

しかし誰でも時には間違えることがあり、それを認識するのが他の人に対して寛容になれる鍵となります。

「彼は他の10万匹と同じただのキツネに過ぎない。でもそのキツネと友達になったから、世界でたった1匹のキツネなんだ。」

星の王子さまはこの言葉で、友情の大切さと大事な人たちとの時間を作ることの重要性を強調しています。これは間違いなく私達みんなへの大事な教訓です。

「何かを理解する方法を知らなかったことが事実だ。言葉でなくて行動で判断するべきだった。」

人生で直面するチャレンジの一つとして、他の人が私達の基準通りに考え行動することを期待してはいけないというのがあります。

これは道理をわきまえて、自分の考えを人に押し付けたりしないで、本当の意味での相互関係を築く手がかりになります。

「きみが住むところでは一つの庭に5000本のバラを育てる。でもまだ求めているものは見つからない。」

星の王子さまはここで、自分たちが持っているものに価値を見出すことを教えてくれます。

成功、お金、権力を求めているうちに、幸福や平和のことを忘れてしまっているのです。それはさりげないものから見い出すことができます。

「自分が親しくなれば理解できるようになる。」

これは星の王子さまの名言の中でも特に年上の読者に響く言葉の一つと言えるでしょう。時間というのは人間が持てる最も大切なものに入ります。

時間を大切にするには、このかけがえのない贈り物である時間を与える価値のある人達と、特別な絆を築いてそれを育み強めていくことです。

「この宇宙に同じものはけして存在しない。」

これは星の王子さまの名言を通して、私達の行為は全て良いにしろ悪いにしろ結果を生み出すということを著者が教えてくれます。

時には私達の行動の成り行きがすぐ明白にならないことがありますが、最終的にはどの行動にもその影響がもたらす結果があるものなのです。

星の王子さま 名言

「どんな大人も、かつては子どもだった。でもそのことを覚えている大人はほとんどいない。」

この名言は、未来のことをあまり心配しないで、人生のすばらしさを楽しむことを教えてくれます。さらに大人になったからといって、楽しむことを止めるべきではないということです。

「大人は数字が大好き。」

大人になって忘れてしまったことがたくさんあります。大抵の場合、幸せな生活を送るということもそれに入っています。

大人になるというのは、全てに値段をつけたくなってしまうことです。ものの値段に注目し過ぎて、経験の価値というものを見失ってしまいます。

「まっすぐ前に進んでも、それほど遠くには行けない。」

これも『星の王子さま』からの引用です。これらの言葉で、サン=テグジュペリは毎日何か新しいことを学ぶよう読者に勧めています。

そのためには、日課とは別に新しい課題を始めて、自分自身をよみがえらせることが必要です。

『星の王子さま』は楽しくとても意義深い物語で、人生のどの段階であってもためになる教訓が沢山あります。

このお話を読み、再読して、家族や友人と共有しましょう。結局、これは誰にでも何かしらのメッセージが伝わるような本なのです。

こちらの記事もおすすめです。
「星の王子さま」から学ぼう:心に響く6つの教訓
わたしママで読むことができます。 わたしママ
「星の王子さま」から学ぼう:心に響く6つの教訓

76年前に出版された 星の王子さま は時代を超える文学であり、今でもロングベストセラー小説の一つと言えるでしょう。この物語で繰り返し出てくるのは、大人になっても子どもの心を忘れないというメッセージで、人生の 教訓 を教えられます。ます。この記事では『 星の王子さま 』の人間の本質に触れる教訓を...