家庭で子供が芸術に触れることの大切さ

2019年3月7日
学校の勉強だけでなく、人生において自身の可能性を最大限引き出すことができるようになるでしょう。

芸術は子供たちの細かな運動能力を育むだけでなく、子供が自分自身をより理解し、表現する力養います。また、芸術には学習的な側面もあります。ですので、家庭の中で子供が芸術に触れる機会を設けることが大切です。

創造はそれ自体が表現の形であり、創造性を養う過程もまた一種の表現になり得ます。芸術を創造することはアイディアや、経験、感情、想像を発信する一つの手段です。私たちが自由な試みを発揮し、世界と対話する一助となるのです。

幼少期に、絵画、彫刻、音楽、演劇、舞踊といった芸術に触れる機会を設けることが重要です。

芸術

頭の中の芸術

生理学的に言えば、人間の脳は左右2つに分かれています。

右脳、左脳を正しく刺激して、運動させることで右脳と左脳間のつながりを強化することが可能です。だからこそ、幼い頃から芸術に触れさせることが子供の認知機能の発達を促す上でも重要なのです。また、学校の勉強だけでなく、人生において自身の可能性を最大限引き出すことができるようになるでしょう。

技術は重要ではない

家庭で芸術に取り組ませる際に上手にする必要はありません。大切なのは子供に思いのまま、楽しく、自由に創造させることです。子供に複雑で難しい活動をさせる必要はありません。様々な可能性を提供することが大切なのです。

道具を使う活動の場合には、道具は扱いやすいものが好ましいです。保護者が子供に使い方を教えることができるものが良いでしょう。大切なのは傑作を生み出すことではなく、創造の過程を子供が楽しむことです。そうしてはじめて、子供たちは水平思考を学ぶ機会を得るのです。

家庭で芸術に触れさせることの重要性

子供たちはゲームのような簡単な芸術活動から、多くを学びます。周囲の世界を知り、疑問を抱き、物事がどう機能し合っているかを学ぶのです。

芸術は、子供が自分自身を知り、決断し、考えを見直し、そして創造力を発揮する一つの手段になるのです。

具体的にはどういったメリットがあるか?

1.身体機能の発達

芸術活動の中でも、運動機能を使用する活動においては、子供の筋肉の発達、手と目の連携の強化が期待できます。

父と子供-芸術

2.社会的能力の向上

子供が誰かと協力して作品を完成させるときには、共有すること、コミュニュケーションをとること、材料の保管や、自身の周りをきれいに保つことに関しての責任を学びます。社会的能力を養う観点からも芸術活動は大きな役割を果たします。

3.認知機能の発達

子供は試みることから多くを学びます。例えば、2つの色を混ぜ合わせると、新しい色が生まれる。こういった発見は認知機能に大きく貢献します。

4.感情的な発達

芸術を通して、子供たちは大声で喚くことを超えた、新たな自己表現方法を学びます。例えば、子供は自身が重要だと思うポイントを誇張し、実際の比率を無視するかもしれません。

検討事項

一般的に、学校では作品を完成させるためにかかる時間までは十分に考慮してくれません。芸術的活動は、一般的な学習と比べて軽視されがちです。だからこそ、家庭で芸術に触れる機会、取り組む機会を設けることが大切なのです。

芸術に打ち込ませることが、学習を放棄させていると考えるのは早計です。むしろ、子供たちのより良い学習のために芸術を取り入れる必要があるのです。

  • Silva, E. A. da, Oliveira, F. R., Scarabelli, L., Costa, M. L. de O., Oliveira, S. B., & Vera Lúcia Lins Sant’Anna. (2010). Fazendo arte para aprender : A importância das artes visuais no ato educativo. Pedagogia Em Ação.
  • Camargo, D., & Finck, S. C. M. (2010). A dança inserida no contexto educacional e sua contribuição para o desenvolvimento infantil. InterMeio.