子どもが筆記を覚えられるように手伝ってあげよう

書くことを通して、子どもはより注意深くなり、集中力を養い、記憶力も向上します。
子どもが筆記を覚えられるように手伝ってあげよう

最後の更新: 26 12月, 2018

今ではテクノロジーや様々な電子機器を利用して、子どもが筆記を覚えられるように手伝ってあげることができます。書くことを覚えるのは子どもにとって非常に重要なのです。

スマホ、タブレット、パソコンを使って、ゲームや教育アプリをダウンロードするばかりでなく、他にも色々な技術を学べます。

教育において、書くことは不可欠な技術と言えるでしょう。子どもがきちんと書くことを覚えないと、将来学校やそれ以外の環境においても何かと問題になります。

両親がお手本となって、子どもが書くことを覚えるように教えてあげて、書く技術を習得するために、より効果的でクリエイティブな方法で指導してあげると良いでしょう。

子どもが書くことを覚えるには、親が良き先生となって、簡単な練習法で子どもが楽しみながら、書けるようになる段階を確実に体得できるようにしましょう。

筆記を覚える際の注意事項

子どもに書くことを教えるには、なるべく気が散らないような環境を与えることが大切です。

結局子どもというのは、何か1つのことに長時間集中することをまだ習得していません。

こちらの記事もお勧めです:子どもの集中力を高めるギロア法

ここで重要なのは、正しい姿勢を保ち、鉛筆・クレヨン・ペンなどの持ち方も正して、手の動きを導いてあげることにより、筆記用具で何ができるかを子どもが発見できるということです。

書くことを教えてあげるのは、とても貴重な時間です。あまり意識していなくても、自然に次に挙げるような利点が得られます。

  • 子どもの認識能力を発達させ、強化する。
  • 想像力を表現する手段となる。
  • コミュニケーション方法を得る。
  • 子どもが楽しみを覚える。
子どもが書くことを覚える

筆記を覚える重要性

書くことを通して、子どもはより注意深くなり、集中力を養い、記憶力も向上します。

子どもは情報や知識を吸収して、知的能力を伸ばすことにつながります。

ぜひ覚えておいてほしいのは、子どもに書くことを教えるのを、保育士や幼稚園の先生に任せてしまわないようにすることです。

この書くことを覚えるという子どもの成長段階に、ぜひ両親が参加しなければいけません。さらにこの基本的な技術を家庭で学ぶと、子どもの学校での学習能力にも違いが出てくるでしょう。

3歳以上の子どもは、大抵鉛筆やクレヨンで線が書くことができます。

このようにして、子どもは手を動かす技術を習得して、細かい運動能力を発達させるのです。

子どもが筆記を覚えるためにできること

1.静かに落ち着く場所

書くことを覚えるためには、子どもが集中できるような静かな場所を提供してあげることが重要です。

静かな音楽をボリュームを下げて流すと、子どもが落ち着いて、細かい線や長い線を描けるように指導できるでしょう。

2.適切な道具を用意する

子ども用の鉛筆、紙、ノートなどを用意して、子どもが指を使って鉛筆を正しく持つように教えてあげましょう。

子どもの手をとって、縦、横、斜めに線を描き、ゆっくりと動かして円を描くのを導いてあげて下さい。紙に点を描いておいて、それをなぞるように教えてあげるのも良いでしょう。

3.書くことを覚えるための、手を使う遊び

他にも、絵を描く、はさみで切る、のりを貼る、ぬり絵をする、点をなぞるなど、他の遊びを通して、子どもが書くことを覚える技術が強化されます。

文字ゲームやパズルも、精神運動機能を促すので、ぜひ試してみましょう。

4.子どもに強制しない

親が期待する程子どもが書く技術を習得していなくても、けして子どもに無理やり強制して、厳しくしつけるのは避けてください。

子どもにはそれぞれのペースがあり、自分に合った時期に学ぶものなのです。それでも書くことを習慣付けて、何かしらの刺激になるようにして下さい。子どもの努力を誉めてあげて、やる気を出させる努力も大切です。

こちらも参考にして下さい:子供をやる気にさせる言葉とは?

5.文字でデザインを作る

ひらがななどの文字に慣れてきたら、文字でデザインを作って絵の作品にして、誰もが見える所に飾るのも良いでしょう。

子どもが覚えて、助けなしに言えるようになるまで、文字の音を一緒に練習しましょう。

書くことを覚える 筆記

6.子どもに読み聞かせる習慣をつける

児童書や雑誌に出てくるお話など、子どもが興味を持ちそうな物語を読み聞かせることを習慣付けましょう。

文字を見せてあげて、自分で紙に書き写す練習をさせると良いでしょう。書いた文字がどう使われているかを、子どもが実際見る機会となります。

7.書くことを奨励する

子どもがよく喜ぶのは、自分の名前を書くことです。これを利用して子どもが書く練習を始めて、次第に、ママ、パパ、兄弟姉妹、ペットの名前も少しずつ書けるようになっていくでしょう。

しりとりや数字のゲームも、子どもが書くことを促す良い方法です。

小さい頃に書くことを覚える利点

  • 自信をつける。
  • 想像力が豊かになる。
  • 子どもがはっきりと意思表示できる。
  • 記憶力を伸ばし、集中力がつく。
  • すぐに忘れてしまう知識を理解して吸収できる。
  • 手や指の筋肉を思い通りに動かす能力を伸ばす。
  • 脳を刺激して、神経細胞の連結を促す。
  • 正しく書くことで、思考を明確にして、大きくなってから自分の意思決定ができる。

書くことを覚えるには、書き順を教えるだけでなく、両親が常に書くことを教えて、それを持続するという段階を踏まえた努力が必要なのです。

こちらの記事もおすすめです。
子供に覚えてもらいたいマナーや価値観
わたしママで読むことができます。 わたしママ
子供に覚えてもらいたいマナーや価値観

子供にきちんと教育ができているかは、子供の言葉遣いや行動に現れます。いくつかの特定のフレーズを子供が使うことによって、あなたがきちんとマナーを教えていることがわかります。子供に良い マナーと価値感 を教えるためのテクニックはたくさんありますが、いつもそれが簡単に行くとは限りません。



  • Aguirre, R. (2004). La lectura y la escritura en la escuela. En J. Peña González y S. Serrano de Moreno (Comps.), La lectura y la escritura en el siglo XXI (pp. 70-79). Mérida. Venezuela: CDCHT – ULA.
  • Cassany, D. (1996). Describir el escribir. Cómo se aprende a escribir. Barcelona, España: Pai-dós Ibérica S. A.
  • Fons, M. (2001). Enseñar a leer y a escribir. En Didáctica de la lengua en la educación infantil. Monserrat, Bigas y Monserrat Correig (Edits.) pp. 179-212. Madrid: SÍNTESIS, S. A.
  • Villalobos, J. (2006). La lectura y la escritura como herramientas para el desarrollo del cono-cimiento y aprendizaje. En J. Peña González y S. Serrano de Moreno (Comps.), La lectura y la escritura. Teoría y práctica (pp. 33-58). Mérida. Venezuela: Consejo de Desarrollo Científico Humanístico y Tecnológico y Consejo de Estudios de Postgrado Universidad de Los Andes.
  • Vygotsky, L. (1979). El desarrollo de los procesos psicológicos superiores. Barcelona: Grijalbo.