「演劇」を使った子どもの感情のコントロール方法について

2019年5月23日
演劇は人が感情をコントロールする方法を学ぶのにもってこいのツールです。この記事では、その練習法をご紹介します。また、この話題について知っておくべきこと全てをお伝えしたいと思います。

演劇は心の健康にメリットがたくさんある活動です。実際、これは感情に取り組み、それを発散、表現することのできる修練法なのです。演劇を通した感情のコントロール法について見ていきましょう。

人間が感じる暗い部分を表現することは、人に大きな癒し効果があります。演技は私たちの心の最奥の影や秘密を見つけ出す多くの機会を与えてくれます。キャラクターを解釈することで、人が個人的なレベルで変わることを可能にするのです。

同じように、自分をクリエイティブに表現することの最も重要な点は、私たちの中に住んでいる暗い面を全て外に出させてくれるという点です。

暴虐で、自己中心的で、破壊的な役を演じることで、あなたの中に閉じ込められているネガティブなエネルギーを発散させることができるのです。これを外に出さないと、あなたの心理的、精神的健康に悪影響が出る恐れがあります。

演劇は子どもの発達を助ける

演劇は、個人が発達する方法に大いに役立ちます。これは若者が自分の感情をコントロールする方法を学ぶいい機会です。自分の体との関係を、他の人と、美やイデオロギー、価値観、問題を通して試すことができます。

青少年も演劇の中で毎日感じる感情や状況について発見します。しかし、それをもう少し芸術的な側面から表現します。つまり、自分のまわりの世界との関係性を作り上げながら、価値のある経験をしているのです。

他にも、演劇は若者に自分の体、感情、反応についての知識を与えてくれます。聞く能力、チームワーク、共感、健全な人間関係、そして自尊心の高め方も教えてくれるのです。

演劇と感情のコントロール 演劇  感情 コントロール 子ども

演劇自体の中に、人が異なる状況を作り出せるスペースが生まれます。さらに、ある目的のために役を作りなおしたり、解釈することもできます。

どんどん多くの学校が、カリキュラムの中に演劇を組み込んでいます。これは芸術的教育が人間の発達にとても重要だからです。演劇のクラスを持つことで、生徒はそれに取り組むことができます。さらに、これは感情の世界とつながるためにも素晴らしい方法なのです。

演劇を通して感情をコントロールする方法

演劇を通して感情をコントロールするための、シンプルな練習法があります。以下でそれについて説明していきます:

1.感情を表現する

最初の練習法を行うためには、6つの面がある大きなサイコロを使います。それぞれの面が自分が取り組みたい感情を表しています。例えば、悲しみ、感心、恐怖などです。

生徒は円になって座り、参加者は自分の番を待ちます。サイコロを振ったら、出た目の感情を表現しなければなりません。そして、過去にその感情を経験した時のことを説明します。

「演技は私たちの心の最奥の影や秘密を見つけ出す多くの機会を与えてくれます。キャラクターを解釈することで、人が個人的なレベルで変わることを可能にするのです。」

2.ロールプレイ

この二つ目の練習法は、間違いなく3つの中で最も楽しいものです。参加者は何人か必要です。そして様々な役や感情を使って会話をします。

始める前に、それぞれにさまざまな感情が書かれた紙を配ります。そして、練習の最後にその人が演じていた感情が何だったかを当てるのです。

演劇  感情 コントロール 子ども

3.感情当て

最後に、演劇を通して感情をコントロールできるようになるとてもシンプルな練習法をご紹介します。最初のアクティビティと同じように、隣同士で円になって座ります。それぞれの参加者が感情を表現し、他の人はそれが何の感情かを当てます。当てられたら、次の人の番です。

演劇は、子どもの感情教育にとって素晴らしいツールだと言えます。実際、これは高齢者にもうまく機能します。ステージの上で学ぶスキルからは、誰もが利益を得ることができるのです。

演劇は、人々が自分の感情をポジティブな方法でコントロールし、個人的・社会的発達に重要なスキルを学ぶことを可能にします。演技をすることで、人の自尊心、共感力、責任感、チームワーク、そして自信を高めてくれます。他の人と仲良くできるようになり、自分自身についても学ぶことができるのです。

  • Daste C.; Jenger, Y. y Voluzan, J. (1978). El niño, el teatro y la escuela. Madrid: Villalar.
  • Eines, J. y Mantovani, A. (1997). Didáctica de la Dramatización. Barcelona: Gedisa.
  • Navarro Solano, M. (2007). Drama, creatividad y aprendizaje vivencial: algunas aportaciones del drama a la educación emocional. Cuestiones pedagógicas, 18, 163-174. https://idus.us.es/xmlui/bitstream/handle/11441/12845/file_1.pdf?sequence=1
  • Núñez Cubero, L. y Romero, C. (2004). La educación emocional a través del lenguaje dramático. Addenda a la II Ponencia: Los lenguajes de las Artes. Escenas y Escenarios en Educación, XXII-Site-Sitges Conference.
  • Núñez Cubero, L.; Bisquerra Alzina, R.; González Monteagudo, J. y Gutiérrez Moar, M.C. (2006). Emociones y educación: una perspectiva pedagógica. En J.M. Asensio; J. Carrasco García; L. Núñez Cubero y J. Larrosa (Coords.) La vida emocional. Las emociones y la formación de la identidad humana (171-196). Barcelona: Ariel.
  • Tejerina, I. (1994). Dramatización y teatro infantil. Dimensiones psicopedagógicas y expresivas. Madrid: Siglo XXI.