【学習スペース】家での学習環境の整える5つの方法

今回は自宅での学習スペースの整え方についてお伝えします。是非、あなたのご家庭でも取り入れてみてください。
【学習スペース】家での学習環境の整える5つの方法

最後の更新: 21 12月, 2020

新しい学年が始まり、さらには世界中が直面している現状を考えると、自宅での学習スペースは非常に大切です。大人がテレワークで集中できる環境を必要としているように、子どもも勉強、宿題、オンライン授業などを行える学習スペースを確保することが重要なのです。

 

実際、Gabinete Psicodiagnosisの児童・思春期心理学の専門家によると、子どもの学習意欲を高める要因の一つは、適切な学習スペースを提供することだといいます。集中できる静かな場所で、十分に明るく風通しの良い場所である必要があります。

これに加えて、自宅に学習スペースを整える場合には他にも次のような考慮すべきポイントがあります。

学習スペース 学習環境 学習意欲

家での学習環境の整え方5つ

1.適切な勉強机

学習スペースを整えるのにあたり、最も大切なことの一つは勉強机です。勉強机は身長に合わせる必要があり、子どもの胸の高さぐらいのものを選ぶと良いでしょう。

また、勉強に必要な物がすべて乗る十分な広さも必要です。そして、長く使えるように耐久性のある素材のものを選びましょう。

2.人間工学に基づく椅子

学習スペースで勉強机と同じくらい大切なのが椅子です。人間工学に基づいたものを選ぶことで良い姿勢を保ちながら勉強ができるようになります。

落ち着きがないお子さんの場合、動き回れないようにキャスター付きの椅子は避けることをおすすめします。

3.安定したインターネット接続のあるパソコンを用意する

デジタル時代の今日、特に中学や高校の勉強を行うためにパソコンは基本的なツールとなりました。このため、学習スペースには安定したインターネット接続のあるパソコンを用意しておくことも大切です。

眼精疲労を避けるためにも、パソコン画面は腕の長さぐらいの距離に置いて使用するようにしましょう。

4.学校の資料を整理するのに十分なスペースを与える

学習スペースには、勉強に必要な学習グッズ(教科書、ノート、メモ、鉛筆など)を収納し、整理するのに十分な棚、引き出し、箱があるのが理想です。すべてのものや参考本などが手の届きやすい場所にあると、とても便利な空間になります。

5.子どもの趣味に合わせ学習スペースを飾り付ける

子どもの学習スペースを作る基本的な理由は、そこで何時間も勉強をしてもらうためです。そのため、そのスペースは子どもにとって快適であり、くつろげる空間であることが大切です。その場所の飾り付けについて子どもが自由に意見を言えるようにしましょう。

家具や壁紙の色を選んだり、ポスターや絵を飾ったり、やる気を起こさせるようなものであれば何でもいいのです。

自宅で良い学習スペースを作ることの重要性

勉強のできる子どもになるには、小さい頃から勉強習慣を身につけることが重要です。そのためには、適切な学習スペースを作ってあげることが不可欠です。

学習スペースは勉強に最適な場所であれば寝室でも、リビングでも、オフィスでも、キッチンでもいいのです。

これに加えて、十分なスペースが確保できるのであれば、学習スペースを読書の場所、工作の場所など、いくつかのセクションに分けることもできます。とはいえ、学習スペースの大きさは、最も重要な要素ではありません。

本当に重要なのは、しっかりと勉強に打ち込むことのできるスペースが自宅にあるということを子どもが理解していることです。

こちらの記事もおすすめです。
子どもが勉強をしたがらない時はどうすればいいの?
わたしママ
で読むことができます。 わたしママ
子どもが勉強をしたがらない時はどうすればいいの?

子ども が 勉強 したがらないんですがどうしたらいいのでしょう?これは親がよく尋ねる質問です。子どもが勉強したがらないということはよくあることで、それにはいくつかの原因があります。それは家庭でのプレッシャーのせいかもしれませんし、クラスメートからいじめられているためかもしれません。