子どもの集中力を高めるカギとは?

2019年2月11日
お子さんの気が散りやすいと思ったら、集中力を高めるためのアドバイスを参考にすることをお勧めします。その多くはとてもシンプルで、お子さんにとって楽しいものなんですよ。

今の時代、子どもは同時にたくさんのことを行うようになりました。気が散ることが多くなったので集中力の持続時間に大いに影響が出ています。ですので、お子さんの集中力向上のためにカギとなる作戦をご用意しました。

子どもが集中しにくい主な理由は、子どもの脳のはたらきが大人の脳とは違うからです。目の前の課題が楽しくないと、退屈してしまうのです。その結果、何かもっと面白いものへと興味が移ってしまいます。

集中力は筋肉と同じように日々の鍛錬が必要です。他の子より集中力を生まれながらに持っている子も確かにいます。しかし、適切な方法を使えばすべての子どもがその能力を伸ばすことができるということを知っておいてください。

子どもの集中力を伸ばすのを手伝ってあげれば、小さいころから自律してしっかり集中できるようになるでしょう。

そして、集中することができ、課題に取り組み続けられるということは一生を通じて子どもに有利に働きます。小学校や高校だけでなく、大学や仕事についてからもそうです。

お子さんの集中力を高めるためのカギ

お子さんの集中力を高めたいのであれば、以下のアドバイスが役に立つかもしれません。ぜひ参考にしてみてください!

1.ヘルシーな食べ物を食べ、水分をしっかりとること

まず、子どもの食事にヘルシーな食べ物を取り入れることです。ヘルシーな食事はこの発達段階において重要であり、子どもの集中力に直接的につながってています。

栄養が足りていないと、エネルギーと集中力、そして全体的な健康と体重にも影響があります。

ですので、お子さんにはバランスの取れた食事を食べさせましょう。これはつまり4つの食品群の食べ物を含んでいるということです。そうすることで脳の発達を促し、それが集中力の向上につながるのです。

 

同時に、十分な水分を摂ることも脳には大切です。脱水状態は子どもの集中力に明らかに悪影響です。

子どもの集中力を高める

2.十分な休息をとること

子どもが夜ぐっすり眠ると、より集中できるようになるということは明らかです。さらに、昼寝や休憩も心をリフレッシュし、集中力を高めてくれるのです。

学校が終わってからや午後などに、20分くらいの昼寝をするのが集中力の向上には理想的です。また、小さいころから適切な寝る時間を設定するのも大切です。それにより子どもは毎日のルーティーンに適応し、決まった時間にしっかりと休息をとることができるのです。

「自分の欲しいものに集中していると、物事が完璧に適切な場所にはまっていく。」
―パウロ・コエーリョ

3.短期的な目標を設定すること

親として、子どもの集中力を高めるために短期的な目標を定めることは大切です。ですので、ある課題を終わらせるのにタイムリミットを設けることをお勧めします。

これは家の手伝いや宿題、勉強などに使えるかもしれません。例えば、20分以内に教科書のあるページ数を学習するような方法が良いでしょう。

とはいえ、短期的な目標をつくると頑張れる子もいれば、そうでない子もいます。プレッシャーを感じたり不安になって、逆に集中できないという子もいることを忘れないようにしましょう。

4.集中しなくていい時間を作ること

子どもなんですから、リラックスして楽しむ時間も必要です。お子さんに集中しなくていい時間を与えてあげましょう。それにより、課題が終わったら子どもはエネルギーを燃やすことができます。また、次の課題に取り組むときにもより集中することができます。

この目的は、お子さんができるだけ集中できるようにすることです。そうするためには、その前になにか面白いことをして、楽しませてあげるのがいいのです。

しかし、課題に取り組む時間になったら、テレビや音楽など気を散らせるものは全てなくすようにしましょう。

集中力を高めるためのアドバイス 子ども 集中力 カギ

5.運動

今日皆さんにご紹介したい最後のアドバイスは、お子さんにスポーツをさせることです。運動は脳に酸素を与え、健康を維持するのに役立ちます。

どんなトレーニングでも子どもの心臓律動を高めてくれます。そうすると、血流がよくなり記憶力が鋭くなるのです。

1日最低でも30分の運動をするのが子どもにとって効果的です。走ったり、泳いだり、踊ったり、自転車に乗るのも良いでしょう。

これらすべてのアクティビティは脳の健康、認識力に利益があり、海馬のサイズを大きくします。海馬は脳の長期記憶の触媒機能として働いています。

このように、他の能力と同様、集中力も高めることができるのです。その秘密は忍耐強く今日紹介したようなテクニックを実践することです。あなたもいますぐ始めてみませんか?