子どもの勉強机を用意するために:10のアイデア

2019年7月31日
子どもが勉強するためには、きちんと勉強机を用意するのが基本です。この記事では子どもの勉強机を用意するためのアイデアをご紹介します。

子どもが幼稚園に入ると、勉強するよう習慣付けるのが両親の新たなチャレンジとなります。そう、勉強は習慣なのです。子どもに良い勉強机を与えると、学校からの宿題と家庭での学習を促します。

勉強机に関しては、子どもが気に入るように計画立てることが大事で、子どもの年齢と必要性を考慮しましょう。子どもがやる気を起こすように、遊びを取り入れる学習も重要な側面と言えるでしょう。

こちらもお勧めです:子供をやる気にさせる言葉とは?

子どもの 勉強机 を用意する

子どもにとって使いやすく、必要な家具がそろった学習空間を作り出すようにしてください。机、いす、本棚などをそろえて、子どもの気が散らないように宿題ができることが大事です。

子どもの勉強を習慣付けて、知的発達を促すようにしましょう。もちろん勉強する環境が整理整頓されて、子どもが喜ぶような空間であることも大切です。

子どもの勉強机を用意する

まず最初に机をどこに置くか決めましょう。大抵の場合は子ども部屋に置くことが多いです。小さなテーブルや机、そしていすを子どものベッドの近くに設置してください。

これが子どもの部屋であるまたは共有空間の一部でも、子どもの気が散らないようにして、学校の課題をこなすのに必要なものが身近にあることが重要です。

勉強する空間において、きちんとした照明など、いくつか重要なものについて見ていきましょう。学習の場が心地良い場所になるようにして、もちろん魅力的な空間であることが大事です。

こちらの記事もお勧めです:子どもの勉強部屋インテリア:やる気を促す3つの要素

子どもの 勉強机 を用意するアイデア

子ども用の勉強机で気を付けたいこと

高さ

お子さんに合った高さの机を選びましょう。机の高さは子どもの胸の位置になるようにすると、腕を楽に置くことができます。さらに机の表目はなめらかで、子どもが好きな淡い色の机が良いでしょう。

場所

机を置く場所は、子どもが座った時に視界が良く、また集中しやすい所を選ぶことが大事です。本やノートを広げられるように、机の上をきれいに片付けるようにしましょう。

サイズ

机は横幅が広い必要はありません。しかし子どもの年齢に合わせた大きさの机を考慮しましょう。

照明

勉強には良い照明が重要です。もし便利で必要であれば、子どもの横に卓上ランプを置きましょう。しかし子どもが左利きであれば、右からの照明にして、右利きには左側にランプを置いてください。

 

子どもの 勉強机 :宿題のためのアイデア

必要なもの

1.いす

子どもの背丈にあったいすを用意して、座った時に足が地につくようにしてください。そして子どもの腰部分が90度になるように気を付けましょう。

2.サポート

机の上には本を置けるような台を置くと良いでしょう。子どもが読むときに、良い姿勢を保つことができます。

3.コンピュータ

コンピュータやノートパソコンがあれば、勉強机に設置しましょう。コンピュータを使うのは宿題をするためであって、ゲームやインターネット使用のためではありません。

4.小物入れ

筆記用具を入れる小物入れを机の近くに置きましょう。子どもに必要な道具を片付けさせるのも一つの方法です。

5.ゲーム

パズルなど学習に役立つゲームを机に置いてみましょう。見た目にも良く、子どもの学習の刺激になるでしょう。