読み書きの教育方法の違いについて:読み書き教育の学習段階

2019年10月26日
読み書きの教育方法にはそれぞれ特徴があります。この記事でその違いについて見ていきましょう。

一般的に英語圏での子ども教育では、4歳から7歳の間に読み書きを習います。しかし読み書きにはいくつかの教育方法があることを覚えておきましょう。今回は主な方法について説明します。

読み書きというのは似たような段階を踏んで学習するのもので、その読むことと書くことの教育は同時進行で行われます。そこで両方のスキルを習得するのに、読み書きと一言で呼ばれるのです。

読み書きを覚えるのは基本を学ぶ期間での学習です。そのため読み書きができて初めて、子どもが他の科目も理解するための手段となります。

読み書きの教育方法は、どれがいいのかに関しては諸説があります。以下最もよく使われる、英語の読み書き教育の方法についてご紹介します。

読み書きの教育方法の違いについて

アルファベット法

教師は昔からこの方法で読み書きを教えてきました。これはアルファベットを順番に習い、その読み方と発音を学ぶ方法です。これは日本語のひらがなに相当します。

子ども達はアルファベットを一つずつ学ぶと共に、子音と母音の簡単な組み合わせを習います。例えば子音の L と母音の A を合わせると、 l + a = la という音節になりますそれが2文字の音節となり、それが組み合わされてもっと長い音節を作り、単語を構成します。

子どもが単語の形成について分かるようになると、文章全体を組み立てる方法を理解できます。アルファベット法で読み書きを教えると、最初は読み方が機械的になってしまうこともあります。

この記事も参考にしてください:子どもに読書を勧めるためにできる5つの習慣とは?

このスキルをうまく合わせていくと、句読点も含めて子どもはもっと感情を込めた読み方ができるようになります。そしてさらに幅広い読書へと進んで行きます。

音節法(シラブル)

この読み書きの教育法では、まずは a, e, i, o, u の母音と y を習います。それから生徒は他の子音を学び、最初は発音しやすい音から学習します。

読み書き の教育方法について

そしてその後、文節の形体へと移ります。各子音の音に対して、母音をそれぞれ足して覚えます。例えば子音の m の場合、ma, me, mi, mo, mu, my と一通り組み合わせます。それからもっと複雑な音節、単語、句を学習します。

音声法(フォネティックス)

これは読み書きを教えるのに、音声学に基いた教育法を利用します。教師はまず母音の音を紹介していき、各文字で始まる物の絵やイメージを使って教えます。読み方を教えると同時にそれぞれの母音を書く練習も始めます。

それから子音へと進み、各子音から始まる物や動物などのイラストを使ってその音を学びます。子ども達はそれぞれの子音と5つの母音を組み合わせて、pa, pe, pi, po, pu などと簡単な音節を作ります。

子ども達が音節に慣れてきたら、先生がその音節だけを使って簡単な単語や句を導入していきます。その後、音を反転させたり、混ぜたりしながら、もっと複雑な音節である、二重母音や三重母音を教えます。これらの音節をしっかりと習得できたら、それを使って単語や句を学んでいきます。

「読み書きというのは似たような段階を踏んで学習するもので、その教育は同時進行で行われます。そこで両方のスキルを習得するのに、読み書きと一言でよばれるのです。」

グローバル法

他にもあまり典型的でない読み書きの教育法もあり、グローバル・メソッドと呼ばれます。この方法の考案者によると、これは具体的でかつ直感的に学習することにおいてのみ可能な、全体を見て分析する学習法です。

この方法で読む練習をするのは、子どもが話すのを覚えるのと同じ方法で学びます。最初から先生はいくつかの課題に出てくる全体的な内容を導入していきます。

こちらの記事もお勧めです:ドーマン法で1歳になる前から子供に読み書きを教えよう!

視覚的記憶を利用して、子どもは句などの言い回しを認識して、それに含まれる単語もキャッチします。子どもは違う単語であっても、関連付けによってその要素を識別するので文字が分かるようになります。

このアプローチだと、書き言葉が単なる視覚的表示となり、子どもの頭にイメージとしてインプットされるのです。

読み書き の教育方法の違い

この教育法にかかる時間は人によって変わってくるでしょう。それぞれの子どもの理解度、思考力、時空間などを想定する力、その他の要因も影響してきます。

そして同時に、読み書きの教育には4つの学習段階があり、それは理解する、真似する、練習する、そして出来るようになることです。

最終段階になると、子どもは完全に読む内容を理解して、説明できると共に、内容に関する質問に答えることができるようになるでしょう。さらに短い手紙、説明文や作文も書けるようになります。

子どもがグローバル法で読み書きを習うと、読書が早くなり流暢に読めるようになります。それは読む内容と書く内容に対する迅速な理解力のおかげでしょう。

 

結論として、これらの読み書きの教育法によって、子どもの学校での勉強が断然進歩していくことでしょう。一方家庭でもその影響が多く現れてきます。

そこでお子さんの言語能力を最大限に発達させるため、子どもの学習に協力する時間を持つようにしましょう。