子ども作家を育てる:やる気を起こす12の方法とは?

23 9月, 2019
子どもが読み書きを楽しむようにするべきです。毎日子どもが読み書きの練習をするように勧めてみましょう。
 

子ども作家は、早い時期から読書に興味を持つ傾向があります。それが自分の物語を作り出す基本となります。そこで書く力をつけるのに最も重要なのは、本を好きになることです。

「6歳以下の少年少女がたくさん線を使って落書きをして、大人が書くのをまねします。これにイラストを加えて子どもがそれを『読み聞かせて』くれる時、挿絵と物語が調和されていて、子どもの言語という概念が進化しているのです。」

幼い子どもは想像力が豊富で、面白いアイデアや物語が限りなく出てくるものです。これこそが生の題材なので、このアイデアを紙に書き留める力を上達させるために利用しない手はありません。

以下、創造性を発揮する子ども作家を育てるための、便利なアドバイスをご紹介します。

子ども作家の能力を刺激する方法

1.色々な材料を与える

様々な形態の鉛筆や色鉛筆、感触の違う紙類、マーカーやホワイトボードなどを選びましょう。簡単な方法のようですが、子ども作家の動機付けのためにできる事の一つです。

2.家庭で気が散らないような空間を作る

子どもが100%集中できて、頭に浮かぶアイデアにきちんと耳を傾けることができるようにしましょう。

3.子ども作家のボキャブラリーを増やす手助けをする

幼少期に子どもが必要なのは、簡単で直接的な指導です。しかし大きくなるにつれて、子どもとのコミュニケーションでもっと複雑な言いまわしを使い始めると、それが成長の始まりとなります。

話をする時に、同義語や新しい言葉を使うこともできます。それによって自分の考えを表現するツールを子どもに与えていることになるのです。

4.他の教科に書く作業を組み合わせる

算数の文章題や科学の宿題をする時にも、言葉を書いていくことができます。全てを書くことが可能だと分かるでしょう。さらに子ども作家が、毎日の経験に関して日記を書く練習にもなります。

 
子ども 作家 を育てる

5.日頃の生活を書き留めるように勧める

友達や家族あてに小さなメモを送るように勧めてみましょう。買い物リストを作ったり、電子メールを送るのを手伝ってもらう方法もあります。それで書くことは重要で必要なスキルであると子どもが分かるようになります。

6.子ども作家が色々な文を書けるように指導する

雑誌、4コマ漫画、物語、記事、象形文字などを子どもに見せましょう。中でもあまり典型的でない文章を子どもに教えることで、コミュニケーションや言語の普遍性に価値を置くことを学びます。

7.書いたものを家族に見せる

毎月一度オープンマイクの日を決めるようにしましょう。親子で何か書いたものを朗読して、家族の毎月恒例行事にすると良いでしょう。

子ども作家へのお勧め

8.子ども作家の興味も考慮する

もしスポーツ好きの子どもなら、好みのサッカーやテニス選手について書かせてみましょう。もし音楽が好きなら、音楽の作詞を勧めてみてもいいですね。

9.子どもに古典を楽しく紹介する

ドン・キホーテやオデッセイなど、分厚い本は難しく理解しにくいことはご存知ですね。しかし最近では、このような古典をもっと楽しく読むことができるように子ども版も出ています。

10.技術を磨くよりも創造性を刺激する

特に書き始めの時期は、言語的に何か伝えることよりも、アイデアがより重要になってきます。まずは子どもが何か安心して書けるようにして、それから文法的または構文の間違いなどを直してあげます。

 

11.子どもの作品を紹介する場所を見つける

学級新聞でも、家庭の冷蔵庫のドアでも、子どもが書いたものを他の人に見せるという喜びを味わわせてあげましょう。もう一つの方法をして、子どものブログを作って家族や友人に紹介することもできます。

子ども 作家 を育てる:毎日書く習慣

12.言葉のゲームで遊ぶ

実際には存在しない言葉を作り出し、想像上の状況を想定します。それに対する反応を子どもに聞いてみたり、例を挙げてその言葉を詳しく説明します。最後に子どものアイデアや想像力を褒めてあげましょう。

結論として、子ども作家は周りの協力と動機付けによって、最大限に能力を発揮させることができます。親も一緒になって、子どもが毎日書く習慣を付けて勉強に役立てるよう努力していきましょう。

小さい子どもが書くことは楽しいと思えるようになれば、将来書くことを面倒な義務だと感じなくて済むでしょう。

 
  • Miras, M. (2000) La escritura reflexiva. Aprender a escribir y aprender acerca de lo que se escribe.
    Infancia y aprendizaje, n. 89, 65-80.
  • The National Curriculum. (2010). What your child will learn. The new approach will focus on
    providing students with the necessary writing skills. The Courier Mail.