子供がちょっとしたことですぐに泣いてしまう

16 1月, 2019
赤ちゃんや幼い子供は、お腹が空いたり眠たくなるとグズグズしたり泣いたりします。なぜならこの時期の子供は特にこういった感覚に敏感だからです。
 

泣くことは子供や赤ちゃんにとって、ひとつの感情表現です。あなたの注意を引いたり必要なケアを手に入れるために泣きます。

この時期、なぜ子供が泣くのか、意味などないのではないかと、悩む親も多くいるようです。

ここではその状況がどういったものなのか理解するヒントをご紹介します。どの子にも泣いてばかりという時期は必ずくるので覚えておきましょう。

こちらもご覧ください 産後は女性にとって精神的に敏感な時期

 

泣く理由

赤ちゃんや幼い子供は、お腹が空いたり眠たくなるとグズグズしたり泣いたりします。なぜならこの時期の子供は特にこういった感覚に敏感だからです。

泣いている時だけ気を引くことが出来ると、子供が理解した時

泣くことで欲しいものが手に入る時。子供の涙を見て親の態度が軟化し、欲しいものを与えてしまう

身体的に不快感を感じている時。赤ちゃんの体の向きを時々変えてあげましょう。ずっと同じ姿勢だと気持ちが悪くなったり、体が痛くなったりします。また、衛生的にも良くありません。

痛みがある。赤ちゃんはまだまだ環境に適応しようとしている段階です。この時期の赤ちゃんは、ガスや便秘、コリックなどから胃の痛みを感じることがあります。

寂しい。体は何ともなくても、特に親からの保護や愛情を求めて泣くことがあります。

泣いている赤ちゃん
 

 

子供が泣いてばかりの時の対処法

赤ちゃんが泣いてばかりいる時に、どうしたら良いのか分からないのは普通のことです。

以下のガイドラインを参考にしてみましょう。あなたと赤ちゃん、どちらにとってもメリットのあるものです。

泣いている原因を探ってみる。異なる状況と比べてみて、その関連性などを考えてみる。

・すぐに赤ちゃんの元へ行くことが出来ないのなら、用事が済み次第すぐに行くよ、ということを赤ちゃんに伝える。

・もし言葉を話せるようになっているなら、どうして泣いているのか、言葉にして伝えるよう励ましてみる。

様々な形で反応を返してみる。愛情ある行動、キス、ハグ、もしくは言葉など。

 

泣くことと真似ること

子供は成長過程で他人を真似る時期があります。

これは大体幼少期から、2,3歳まで続きます。

泣いたり笑ったりする時に、他人の真似をしたりします。子供自身が成長することでしかこの動作が終わることはありません。

これらは特定の年齢に見られる特徴ですので心配する必要はありません。成長すれば自然となくなります。

こちらもご覧ください 子どもは親の真似をするもの

 

泣くことと学校

しかし、この行動が通常より長引き、学校へ通う時期になるまで終わらない場合は注意が必要です。

この時期に泣く理由は、学校での問題、兄弟や友達との喧嘩、何か好きではないことなど、様々です。

この場合、辛抱強くいったい何に泣いているのかをしっかり把握しなければなりません。

泣いている原因を知るのはとても大切なことです。

泣いている 子供 泣く
 

 

泣くことと神経過敏

最も注意が必要なのは、神経過敏です。神経過敏の子供は、どんな刺激にも過剰に反応します。

こういった子供は素晴らしい想像力と創造力を発達させます。

彼らを助けるための最も効果的な方法は、心の中の感情を表に出すことを可能にしてあげることです。

大切なのは、世の中に感情を吐き出すことなのです。その妨げとなるものを取り除いてあげましょう。

子供が良く泣く時期というのはほんの短い間です。この期間に家族、とりわけ子供にとって嫌だと感じる状況を避けるための柱を作る方法を、親は築き上げることが出来ます。

泣いている子供扱う時、親の態度が最も重要です。この時期を乗り越えるため、正しいプロセスを踏むようにしましょう。