子どもは親の真似をするもの

· 2018年9月4日
子供に真似をされても恥ずかしくない行儀作法や行動を、今から選択するかどうかはあなた次第です。

子供たちは一緒に住んでいる両親や他の家族の真似をするものです。意識はしていないとしても大人の言葉や行儀作法、表情などは自然と子供たちに真似をされます。

その真似がいつのまにか、親と同じ歩き方をしたり、同じトーンで話したり、同じ仕草が癖になったりすることも少なくありません。

なぜなら子供たちが何かを一番よく学ぶ方法が真似を通してだからです。

このテーマに詳しい人々は、子供たちは自分の周りの情報を最大限吸収するスポンジのようなものだと言います。

けれども子供たちは、自分のものにするべきことと忘れるべきこと、さらには避けるべきことを意識していません。良い習慣も悪い習慣もまねてしまいます。

お父さん、あくびをする時に口に手をあてない悪い癖があるなら、あるいは玄関で脱いだ靴をそろえる良い習慣があるなら、突然子供が同じことをし始めても驚くことはありません。どちらも子供には同じです。

小さな子供たちは良いこと悪いことを見分けられないので、パパやママがすることなら私もしなくちゃ、と考えるのです。

 

どうして子供たちは真似をするのか?

子供たちは自分の周りで見ること聞くことを吸収し、自分自身の行動に活用します。

人類の無知なメンバーである子供たちは、大人がするようにふるまうためにその行動を理解する必要があります。

しかしこの現実の難点は、子供たちが意識的にまねるお手本を選ぶのではないということです。世の中に無知なことからいつも良いお手本に惹かれるわけではないのです。

そこに、両親が子供たちのより良い成長のためにできるだけふさわしい環境を与えることに深く気を配ることの重要性があります。

けれども自分たちの手に負えないことも少なくありません。子供たちはいつまでも親の庇護の元にとどまっているものではないからです。

子供たちも結局は社会的な生き物であり、保育園や公園、幼稚園、習い事など少しずつ他の人々と接し、異なる環境を知って、そんな状況の中で新しい基準に出会い、真似をするでしょう。

そうなれば、私たちの子供が良いものを選び、私たちが教えてきた価値観に合わないものはマネしないよう信じるしかありません。

親としては、それまでやってきたのと同じように見守り、導く役目があります。

 

子供は親を真似るもの。子供の教育のために自分をしつけよう。

読書する女性

小さな子供たちは大人たちのようになりたいと思うものです。

これは決して避けることができない事実なので、代わりに自分をしつけるというアドバイスを参考にしてみてください。

これについてもう少し詳しく見ていきましょう。

ママやパパは、子供にご飯を食べさせたりお風呂に入れたりしてお世話をする二人の大人、ではありません。子供にとって人生で初めての、そして最高の教育者なのです。

学校では先生が知識的・学問的に訓練されているように、家庭では両親が赤ちゃんの時から少なくとも基本的なしつけを教育するための能力を身につけているべきです。

子にキスする母と見守る父

お母さん、

  • 最も基本的なしつけのルールを自分のものにしてください。
  • 道徳的に正しいふるまいをするよう自分を律しましょう。
  • これからはポジティブな感情で行動を決めるようにしましょう。

つまり良い人になる努力をすることです。

もちろん完璧は存在しないものですが、子供のために何度でも挑戦してみる価値は、十分あると思いませんか?

子供は、家庭でされていることが「正しく」て、「そのようにしなければならない」と考えます。

あなたが怒りっぽい人で、乱暴なふるまいをし、人に口答えをする人なら、人生を学ばなければいけないその子供もそのような人物になるでしょう。

子供が幸せや愛、平穏や精神の安定、良い行いを手に入れられるよう努めましょう。

もしあなたのご両親があなたをしつけた時にそのことに気付いていなかったのなら、あなたは是非実践してみてください。

あなたが手に入れることのなかった生活や教育があなたのおかげで手に入れることができるのです。