赤ちゃんが泣く6つ理由

· 2018年11月11日
赤ちゃんが泣くのはいたって自然なことです。

初めての子育てを迎える父や母であれば、赤ちゃんがなぜ泣くのか、その理由を知りたいと思うのではないでしょうか?特に泣き止まず泣き続けるような時にはそう思わずにいられないかもしれません。

誕生からの数週間を我が子とともに過すと、赤ちゃんが泣くことが気がかりで、なぜ泣いているのか、その理由を知りたいと考える人が多いようです。

そもそも、赤ちゃんが泣くのはいたって自然なことです。泣くことが、コミュニケーション方法なのです。泣くことで、自身の望みやニーズを表現することができるのです。

また、泣くことは、苦しみや、何か気がかりなことを父母に伝える手段でもあります。

赤ちゃんはなぜ泣くのか?

赤ちゃんが1日に、1時間〜3時間の間泣くことは非常に一般的です。そして、彼らが両親とコミュニケーションをはかろうとする理由は一つではありません。

では、赤ちゃんが泣く理由をいくつか見ていきましょう。

1. 空腹

赤ちゃんの泣き声を聞いてまず思いつく原因が空腹ではないでしょうか。そして、これは間違いではありません。空腹は赤ちゃんが泣く主な理由の一つです。

赤ちゃんが食事を必要としているかを判別する方法としては、赤ちゃんが指などを口にあてがっているかを確認することです。

赤ちゃん

2. おむつの汚れ

オムツが汚れると、赤ちゃんは不快に感じるかもしれません。オムツが汚れている感覚は、不快であり、決して気持ちの良いものではありません。

オムツの汚れを見極めるのはいたって簡単です。新しいオムツが必要かどうかは、漂う臭いが教えてくれることでしょう。

3. 疲れ

疲れを感じると、赤ちゃんは不機嫌なります。新生児は、1日の中で、幾度となく睡眠を必要とします。お昼寝を取り入れ、夜にはな適当な時間にベッドに寝かせる事が重要です。

多くの人が、赤ちゃんを腕に抱くことが赤ちゃんを眠りにつかせる一番の方法だと考えているようです。しかし、赤ちゃんによっては、逆に眠りにつくまでの時間が長くなってしまう場合もあります。

たいていの場合は、ベビーカーやベビーベッドで寝かせるのが一番です。

赤ちゃんが、疲れ、不機嫌になることを避けるためにも、赤ちゃんが眠気を感じた時に発するサインを見逃してはいけません。赤ちゃんが頻繁にあくびをするようであれば、ベッドに連れて行く時間になったということです。

4. 温度

大人と同様に、新生児も気温の変化を感じとります。寒さに対しては、暖かく包み込んであげることがもちろん大切ですが、それが暑すぎては逆に不快感を与えてしまいます。

私たちにとっては、衣服を温度に合わせること簡単です。赤ちゃんに関しては、同じ部屋にいる大人の服装よりも1枚多く着させると良いかと思います。

とても熱いもの、逆に冷たいものが赤ちゃんに触ることも涙の引き金になり得ます。例を挙げると、おむつを交換する際にお尻を拭いてあげる濡れタオルがこれにあたります。冷たすぎないかを事前に確認してください。

また、赤ちゃんに食事を与える際にも、ミルクや食べ物が熱すぎないかを確認しましょう。

「新たに家族に迎えられた赤ちゃんが、1〜3時間泣くのは当たり前のこと」

5. 関心

赤ちゃんが誕生すると、当然、赤ちゃんは家庭内での注目の的になります。赤ちゃんが泣く理由の一つとして、両親からの注意や関心が必要であるから、ないし、両親に注目してほしいからということが考えられます。

赤ちゃんはあなたと遊びたいのかもしれません。もしくは、お散歩に出かけたいのかもしれません。

赤ちゃんをあやす 赤ちゃんが泣く

赤ちゃんを落ち着かせるためとはいえ、長い時間抱っこしているのは、複雑で疲れてしまうものです

遊びも同様です。大切なのは赤ちゃんが再び泣き出さない止め時を見極めることです。

6. 痛み

痛みや不快感も理由の一つです。生後数ヶ月〜数年の間は、特定の病気、特に発熱や腹痛に対して脆弱です。

赤ちゃんの腹痛の原因の一つとして、乳糖不耐症が挙げられます。乳糖不耐症の原因としては母親が摂取した乳製品が原因で母乳に乳糖が含まれること、調整乳が赤ちゃんに合わないことが考えられます。

赤ちゃんが泣いている理由が紹介したどれにも当てはまらない場合には、専門家に相談するのが一番です。

赤ちゃんの泣く時間が長ければ長いほど、深刻な問題の兆候の可能性が高まります。

https://youaremom.com/6-reasons-why-babies-cry/