一人っ子のメリット&デメリットについて見てみよう!

2019年6月29日
一人っ子で育つことには、メリットとデメリットがあります。それがどんなものかこの記事で学んで、一人っ子生活を最大限に活用しましょう!

今回の記事では、一人っ子にまつわる思い込みをわかりやすく説明し、一人っ子で育つということが一体どんなことなのかに焦点を当てます。

子どもを一人しか持たない家庭がだんだん増えてきています。それが医学的な理由であれ、個人的な決断であれ、このタイプの家庭は増加の傾向にあるのです。

こちらもお読みください:一人っ子:兄弟は必要?

一人っ子として育つ

最近では、以前の社会で普通だった家族形態とは異なる家族が増えてきています。出生率は常に下がり、母親1人あたりの子どもの数は、平均して1.8人です。

この数は、過去は稀だと考えられていた現象への傾向が高まっていることを示しています。子どもは一人だけ、という家庭はかなり一般的になりつつあります。そして、兄弟なしで育つ子ども(と、育った大人)に関する固定概念がたくさんあります。しかし、どれも本当のことなのでしょうか?

一人っ子として育つメリット

一人っ子は通常、両親の注目を独り占めできます。パパとママは献身的な愛情を一人の子供だけに注ぎ、親との時間や愛情を他の子どもとの間で分ける必要がありません。結果として、一人っ子は親から「支えられている、大切にされている」と感じることができ、健全な自尊心を発達させる傾向にあります。

子どもが一人しかいない親は通常、その子どもだけにお金をかけることができます。つまり子どもが生活の様々な場面でより多様な経験をすることができる、ということです。

一人っ子の家庭 一人っ子   メリット   デメリット

一人っ子は、常に大人と接触しながら、大人がいる世界で育ちます。大人が手本となり、会話をする相手も主に大人です。

このような状況は、創造性、想像力、精神的な柔軟性をより一層発達させます。同様の理由で、言語的・認知的発達も、一人っ子の方が早い傾向にあります。

兄弟がいないということは、一人になる時間がたくさんあるということです。通常、大人は空き時間の全てで子どもと一緒に遊ぶ訳にはいきません。なので、一人っ子は自分一人でいることに適応する方法、趣味に時間を費やすこと、己を知ること、そしてより自立することを学びます。一人っ子は、落ち着きがあり、内向的で、成熟している傾向があります。

責任転嫁をする兄弟も、一緒に怒られる兄弟もいないので、若い頃から、責任を受け入れることを学びます。これにより、日常生活でも仕事でも、より効率的になります

こちらもお読みください:しっかりとした自尊心を持たせるための4つのプラン

一人っ子として育つデメリット

親の献身を一身に受けることのデメリットは、その親からの献身が度を過ぎることがある、という点です。そうなると、子どもは甘やかされて、自己中心的になることがあります。

さらに、親の過度な献身は過保護につながる場合があり、子どもが内気で、怖がりで、過度に用心深い性格になる可能性があります。

家庭で誰かと競い、遊び、そして平等に分かち合うことができないのは、特定の能力を発達させることの障害になります。

その結果、兄弟姉妹なしで育つ一人っ子は、他の人たちの前で自分のニーズを伝えるのが中々できないことがよくあります。人との対立の仕方がわからないので、人に反対することが大きな問題になる可能性があります。

また、精神的にも物質的にも、寛大になれないことがあります。周りの人は自分の世話をしてくれて当たり前だと考える傾向があるので、「自己中心的なやつ」と思われる可能性があるでしょう。

年齢にしては成熟しているので、一人っ子はまるで大人のように扱われることが多々あります。これは子どものゆったりとした特徴を制限し、頭が変に固い性格にすることがあります。

一緒に悪さをする兄弟姉妹がいないので、一人っ子は時折孤独を感じます。寂しい思いをすると、内気で無口な性格になる可能性が出てきます。

一人っ子と親 一人っ子   メリット   デメリット

デメリットを避けるには?

  • 親が愛情を込めて一線を引くのが重要です。一人っ子は、他人の時間を尊重し、「ダメ」と言われたら受け入れることを学ぶ必要があります。
  • 子どもを過保護に扱うのではなく、自分のことは自分でできるように促しましょう。
  • 自己中心的にならないように、子どもが他の子と分かち合い、順番を待つように教えましょう。家とは違って、大人からの視線と賞賛は自分だけのものではない、と子どもが理解するのが大切です。他の子どもたちと遊ぶ機会を与えましょう。この意味で、いとこの存在はとっても重要です。
  • 一人っ子は大人びて見えるかもしれませんが、まだ子どもであることを決して忘れないであげてください。
  • 主観的な孤独を和らげるために、親が常に支援と理解を示すことが重要です。