母親でありながら同時に学生であること:大きなチャレンジ

2019年5月1日
母親になっても学業に戻ろうとすることは、たくさんの犠牲が必要ですが、多いに報われるものです。

母親でありながら、同時に学生となって勉強するのは、けして簡単ではありません。しかし、努力と犠牲を重ねることで母親兼学生はできる可能性のあるものなのです。

母親の多くは貴重な時間を子どもと過ごす必要があり、さらに教養を付けるなど自分個人の成長のために時間を作りたいと考えます。

妊娠や他の新たな野望によって、学業に戻る計画が延期したこともあるかもしれません。いずれにしても、母親でありながら同時に学生でもあることは、かなり複雑な役割と言えるでしょう。

母親業と学生を同時にするという決定をするには、大学の学士号、修士号、博士号などを取得して、家族の将来のために貢献したいという動機もあるでしょう。

学歴が高いとそれだけ良い就職先を見つけることができ、または自分の会社を立ち上げることも可能になるでしょう。

この新たな道を歩むにあたって、最も重要なことは集中力です。時間調整が効くカリキュラムを選ぶと、目標達成が可能になるでしょう。そして学業スケジュールに関しては、母親業と学校の課題を両方こなすための時間が与えられるものを選ぶことです。

自分の時間を規則正しく時間配分していけば、このチャレンジを成功させる可能性が非常に高まるでしょう。

この非常に困難な道を選ぶとしたら、ポジティブな考え方を心がけることが必須事項となります。残念なことに、世の中には否定的な態度で、あなたの能力を疑ってかかる人が出てくるはずです。自分の目標に集中し、人の意見に惑わされないようにして、悪口は無視していきましょう。

母親でありながら同時に学生であること

注意深く細心の注意を払って、物事を計画立てることが最重要になってきます。実行可能な完全なプランがあれば、全てのことがうまくいくようになるでしょう。

時には疲れ果ててしまい、子どもが泣き叫んでいて、少しでも自分の手に負えない状況なると絶望してしまうこともあるでしょう。

母親でありながら同時に 学生 になる

それでも、これは自分の野望と大きな目標を達成するためには当然であり、当たり前のことなのです。この多数の責任を果たすのを少しでも楽にするために、以下のアドバイスを参考にして下さい。

効率的な準備と規律正しい生活

母親業をしながらの勉強は、効率的に動かないと課題をこなす時間がありません。そして家事や母親としての日課を他の時間に移さないといけないのです。

最も実用的な方法は、子どもが学校に行っている間の時間を有効に利用することです。学校に通う年齢に達していない子どもの場合は、保育園や保育所に預けると勉強する時間を確保できるでしょう。

子どもを預けたり、誰かに子どもの世話を頼むのは気が引けるのであれば、きっちりとスケジュールを組んで、日課を計画立てる必要があります。

食事、お昼寝、お風呂、その他の活動すべてを計画的に行うようにしましょう。これに基づいて、日中どの時間帯なら中断することなく勉強に集中できるかを知ることができます。

最近ではオンラインコースなどもあり、自宅で勉強しやすい環境になってきました。母親学生にとっては理想的な勉強方法です。

もし遠距離の学校だとしたら、通学時間を利用して課題のための読書や宿題に取り組む時間にもできます。

気持ちが圧倒されたら、深呼吸をして少し休憩

母親として新たな生活リズムが始まって、いくつもの要素が重なり合ってプレッシャーとなってしまうだけでなく、もっとやるべき事が増えるのは誰にでも大変なことでしょう。

そこでお勧めしたいのは、自分に正直になって、実践可能な目標を立てることです。

たくさんの授業を一気に取って負担にならないようにしてください。最初は1つか2つの授業から取り始める程度にしておきましょう。最初に経験してみることで、どの程度の授業をこなせるか、もっと授業を増やすのか、それとも少し負担を少なくするかを決められます。

自分の時間を規則正しく時間配分していけば、このチャレンジを成功させる可能性が非常に高まるでしょう。

それと同時にしっかりと休息と取って、エネルギーを蓄える時間を持つ必要があります。過労過ぎて、挫折してしまうことがないように気を付けましょう。

しっかり栄養を摂って元気でいることも大切です。自分の身体と心を常に健康に保つことで、やる気を持続させることができます。

意欲

人生の中で何か目標を達成するには、いつでも努力と犠牲が必要です。それを踏まえて、良い性質を持ち合わせていると先々違いが出てくるでしょう。

勉強には時間がかかるので、公園で遊ぶ、映画を観る、パーティーに参加する、家族で集るなど、それまでの楽しい時間がたくさん持てなくなるでしょう。

それでもこれらの理由によって落ち込むことはありません。自分の目標に集中して、何をしなければいけないのか明確に理解できるようにしましょう。

これは単に一時的な犠牲であって、その後家族みんなのために何か貢献しているという満足感を味わうと、やっとメリットも感じられるでしょう。母親が 学生 になって勉強する決心

この経験を最大限に楽しむために

学生としての経験は忘れられないことが多く、母親であることは間違いなく女性の人生で最高の時期と言えるでしょう。その2面性を組み合わせるという決心をしたら、あとはそれを楽しむのみです。

母親でいながら勉強することで付随する全てを利用しましょう。良いことも悪いことも全部受け入れると、これもまた人生の教訓となるに違いありません。

勉強しているからと言って、家族を置き去りにしている訳ではありません。多くの場合家族こそが、私達の目標を達成するために応援してくれる人達なのです。家事や学業の責任をうまくこなして挫折しないようにするのに、ここで重要なのはバランスです。

母親でありながら同時に学生でいるには、自分で決めた決断に対してこれでいいと思えることでしょう。犠牲をもポジティブな態度で受け入れて、準備計画を万端にして、家族のサポートに感謝しながら、この経験を存分に楽しみましょう。

自分ができると確信したら、その先も新しいこと、さらにわくわくするような挑戦に向かっていける力を、身体で感じられるようになることでしょう。