【子どもの為のスピーチ改善】発音を直すためにできること

25 8月, 2020
子どもの発話が発達し始める際、言葉の発音で苦労することがあります。今回は、言葉の発音など話し方のスピーチ改善の方法をご紹介します。

子どもが2~6歳になる頃は語彙が急に増えます。場合によっては、話し言葉で苦労する子どもが出てきます。そこで、今回はスピーチ力や発音を改善するための方法についてお話します。

子ども達の言語発達が始まったら、できるだけ一緒に時間を過ごし、コミュニケーションを促すようにしましょう。そうすると、発音などの問題を防止したり最低限に抑えることができるでしょう。それを考慮して、この記事ではスピーチ改善に関して、すべき事とすべきでない事をご紹介します。

スピーチを改善する方法

言語習得を始めた子どもの中には、様々な問題が見られるケースがあります。例えば、頭が真っ白になってしまったり、どもったり、ある種の音節を発音できなかったりすることがあります。このような問題によって流暢に話すことが難しくなるでしょう。両親の多くは実際にどうしたらいいのか分からないので、ここで少し助けになるヒントを見ていきましょう。

ここで大切なことは、家庭でも学校でも一貫して、これから紹介するようなアドバイスに長期間従うようにすることです。お子さんが少しずつ、目で見て周囲から聞こえる通りに言語を修正できるようになるでしょう。学校の先生は子ども達と過ごす時間が長いので、保護者と教師が連携して指導することが重要です。

スピーチ 子ども 発音

子どものスピーチを改善するヒント

  • 子どもの話を中断しないようにして自己表現させる。
  • 子どもの話し方に集中しないで、話の内容に注目する。
  • 子どもの話し方を心配しない。親が不安そうにしていると、子どもは何かおかしいとすぐに気付きます。
  • 話しかけられているときは、子どもと目を合わせる。
  • 子どもの話を先取りして文末を終わらせてあげることをしない。むしろ、子どもの言葉で表現する機会を与えてください。
  • 子どもが話し終わったときに、ゆっくり、はっきりと返事をする。子どもが話すときの言いまわしを使いましょう。
  • 何かに集中していて子どもの方を見て話せないときは、しっかりそれを伝える。今は中断してきちんと顔を合わせられないけれど、ちゃんと話を聞いていることを理解してもらいましょう。

スピーチ改善の際やるべきではないこと

子どもの話し方の問題を最低限に抑えるためにできることは沢山あります。しかし、まずはスピーチ改善に関して、やるべきではないことをお伝えします。

文末を先取りして口を出さない

子どもが言わんとすることを勝手に想像して、話の終わりを先取りしてはいけません。それをしていると、子どもの話す気がなくなってしまいます。

子どもの話を中断しない

自分が話す順番が来るのを待って、子どもが言いたいことを話し終わる機会を与えましょう。それによって、自分を表現し終わってから、親が話す番となります。これを徹底して、子どもの良いお手本になることが重要です。子どもは大人に比べて自分をあまりコントロールできないので、我慢強くなって、誰か他の人が話しているときはそれを尊重する必要があります。

いつも子どもの話し方を直さない

子どもの話し方や言葉や発音の仕方を批判しないでください。それを続けると、自分の苦手なことを意識し過ぎて、それらの苦労している単語を発音する時に、言葉に詰まって話せなくなってしまいます。

スピーチ 子ども 発音

何かアイデアを表現しているときに急かさない

大人は無意識のうちに、子どもが話し終わらないことがもどかしくなってしまう、というメッセージを伝えていることが多いです。それが一言も声を出さなくても、表情やしぐさで伝わってしまうのです。そのため私達は、何を言うかだけでなく、しぐさについても気を付けなければいけません。

子どもにいつも早くはっきりと話すことを強要しない

子どもは誰もが同じではなく、自分のペースがあるものです。そこで自分の考え方を表現するための時間が必要です。子どもが早く話すように強制していると、頭が空っぽになり、言いたいことや言葉に詰まってしまいます。

早口で話さないようにする

子どもにゆっくり気を付けて話してほしいのであれば、子どもに話しかけるときに早く話すことを止めましょう。前述のように、言語とスピーチに関して両親は子どものお手本なのです。きっと子ども達は私達の話し方をまねするでしょう。

友達、親戚、近所の人の前で話すこと強制しない

子どものスピーチに問題がある場合は、他の人の前で読んだり表現したりすることを強要しないようにしましょう。それではむしろ問題を強化してしまい、子どもはもっと自分の弱点に対する自意識が高まる心配があります。

スピーチ改善に関する結論

子どものスピーチに関する問題を改善するには、ヒントをぜひ参考にしてみてください。しかし、問題が続き改善が見られない場合は迷わずに専門家に相談することをお勧めします。きちんと診断してもらうと、必要によっては適切なセラピーなどの治療法を教えてもらえるでしょう。