RやSの発音ができない子どものためにできること

ある特定の文字や音を発音するのが苦手だという子どももいます。例えば、RやSの音を発音するのが難しいというのも一般的になってきました。
RやSの発音ができない子どものためにできること

最後の更新: 14 12月, 2018

子どもがしゃべり方を学んでいるときに、RやSなどの特定の音を発音するのが難しいことがあります。今回はそんなときに役に立つアドバイスをご紹介します。

RやSの発音ができないことを心配すべき?

まずは、特定の文字や言葉の発音がいつまでにできるようにならなければならないという期限はないということを知っておいてください。

実はそれができない子どもの数が増えてきているので、専門家は構音障害という名前をつけました。

構音障害は、子音や母音の特定の音を発音するのが難しいということを意味します。発語に関わる器官の構造不全のためにこれは起こります。

さらに、これらの音を正しく発音できないために、話の中でわかりづらくなります。

この構音障害には以下に挙げたような原因が可能性としてあります。

  • 哺乳瓶やおしゃぶりの吸いすぎによる発語器官の未発達。
  • 舌が短いこと、聴覚を失ったことに関わる病気、発語器官の奇形、呼吸器官の問題など。
  • 発達の遅れ。
  • バイリンガル。
  • 微細運動技能の問題。
  • 動きの認識や習得の問題。
なぜ特定の音が発音できないのか

子どもの構音障害は防げる?

残念ながら、構音障害は一般的に親の手には負えない外部的要因の結果発生します。

しかし、構音障害を防ぐための方法がいくつか存在します。例えば、

  • 鼻から息を吸い、鼻から吐くことを教えること。
  • がんばって噛まなければならない固形物を与えること。
  • お子さんの外耳道と聴覚をこまめにチェックすること。
  • ベルや楽器などの音が認識できるもので遊ぶこと。
  • 擬音や表情で子どもの発語器官を動かすこと。

先生やいとこ、兄弟なども含め、子どもと常に接している人も、このような方法を使って子どもの発語障害を防ぐことができます。

これらのテクニックを使えば、子どもの発音の異変に気づけるだけでなく、できるだけ早くいかなる問題に対しても行動を起こすことができます。

RやSのような音の発音を改善するには?

RやSの音の発音を改善するための発音テクニックにはさまざまなものがあります。

深呼吸

発音をして話始める前に、深呼吸をして声道の準備をしなければなりません。

このエクササイズをすることで、子どもは自分の顔の筋肉についてより認識できるようになり、リラックスすることもできます。

また、自分の舌にしっかりと集中することにもなります。

そうすることで、言葉や音の正しい発音をするために、舌を正しく動かしやすくなるのです。

「RやSの音の発音を改善するための発音テクニックにはさまざまなものがあります。」

良いお手本を示すこと

子どもがRやSの発音が正しくできない場合、自分がはっきり発音ができていないと言うことに気づいていないということもよくあります。また、正しい音をどうやって作ったらいいのかを学んでいないということもあります。

しかし、あなたが子どもにどうやってやるのかを見せてあげることで、この問題をかなり解決することができます。

子どもがわかりやすいように、発音や音をおおげさにやってあげる必要があるかもしれません。

舌の運動

舌は筋肉です。人間の体の中の他の筋肉と全く同じように、きちんと機能するためにはケアをし、鍛えてあげる必要があります。

舌の動きを鍛えるためにできるエクササイズはたくさんあります。

  • 食べ物を噛んでいるときに舌を動かすこと。
  • 舌の先で歯を一つずつ触ること。
  • 舌を曲げたり伸ばしたりを素早く行うこと。
  • 舌を出したり戻したりすること。
発音を鍛えるエクササイズ 発音

使えるものを利用しましょう

最近では、子どものための相互作用のある素材がたくさんあります。本やビデオ、アプリなどを使って、子どもが話し、正しい発音ができるようになるのを助けてあげることができます。

こういったツールを適切に利用すれば、子どもの発語を改善できるだけでなく、その過程をお子さんが楽しむことができます。

楽しいということが学習過程をより楽にしてくれるということを忘れないでください!さあ、今すぐ始めましょう!

こちらの記事もおすすめ
子どもの発話を助ける実践的な練習法
わたしママで読むことができます。 わたしママ
子どもの発話を助ける実践的な練習法

生まれてから最初の数か月間は、赤ちゃんは話し方がわからないため、全ての感情表現が泣くことで表現されます。私たち親は、自分の子どもの最初の言葉を今か今かと待っています。しかし、子どもが話し始めるのを助ける実践的練習を賢く行うことで、この待ち時間を短くすることができます。 子どもが話すようになるための刺激の与え方は比較的シンプルですが、おうちでできるアクティビティについてはあまりよく知られていません。 ここでは、赤ちゃんが言葉を形成する瞬間に近づけてくれるいくつかの練習法を紹介していきます。対象は6~36ヵ月のお子さんにお勧めです。