子どもに音韻を意識させる:効果的な発音を目指す方法

24 5月, 2020
音韻を意識することは、どの種類の言葉のコミュニケーションでも基本となります。
 

なぜ私達は一定の話し方で会話をするのか疑問に思ったことはありませんか? また子ども達はどのように発音を学び、それが言葉になっていくのでしょうか。これは全て子どもの音韻(おんいん)意識と関連していて、無意識のうちに小さい頃からその意識を発達させているのです。

子どもの音韻意識とは?

音韻意識の概念

音韻意識は、あらゆる種類の会話でのコミュニケーションの基礎だと言えます。音がなければ、言葉を言語化できないどころか、考えを表現することもできません。

私達が赤ちゃんの時に言語の音の部分が発達し始めるにも関わらず、それは人生を通して変化を遂げ次第に成熟していくものです。いくつかの例として発話法を完璧にしていくこと、そして独特な音を発音することを含めて新しい言語を学ぶことが挙げられます。

幼少期の音韻

まず最初に赤ちゃんにどのように話しかけますか? 間違いなく、もっと年長の子どもや他の大人に話しかけるのと同じような複雑な口調では話さないでしょう。

赤ちゃん言葉と呼ばれるこの現象のおかげで、私達の言語を構成する音や言葉を直感的に学ぶことができるのです。

音韻 子ども 発音

音を真似ること、そして繰り返すことは、この時期とても大切です。発音というのは複雑なプロセスで、喉や口の多くのパーツの働きを必要とするため、上手になるのはけして簡単ではありません。

 

例えば、簡単な言葉である「ママ」と言うと、赤ちゃんはそれを真似ようとして何度も繰り返しながら、マ行の発音をするための正しい口の位置を見つけ出します。新しい音を学ぶたびにそれを何度でも繰り返します。

 

子どもの音韻意識の効果

音韻意識というのは、口頭言語の構造をアクセスして、単語が区分された音韻を意識する能力と定義されます。この能力は書かれた言葉を学ぶのに不可欠です。そこで幼い時に正確に話すことはとても重要です。

子ども達は学校で会話練習を通して学習し始めます。そして先生は、それぞれの音とそれに対応する文字を教えます。

鏡文字のように逆に文字を書くのは小さい子によくあることです。子どもの成長と共に複雑な文字も分かるようになり、言葉や言葉の組み合わせを言う通りに書けるようになっていきます。

子どもは少しずつ自分が話したり書いたりする言葉が全て正しくないことに気付き、言語には規則があることを学びます。この時点で教師や両親は、子どもに失読症の傾向があるかどうか確認できます。しかし最近では、失読症は障害として扱われなくなりました。

 

子どもの音韻意識を高める

真似をして繰り返す

前述のように、これは赤ちゃんや子どもが最もよく使う方法です。しかしそれがティーンや大人にも利用できないと誰が言ったのでしょうか。もちろん大きくなればなるほど、新たな音韻規則に慣れるのに時間がかかるものです。しかしそれは不可能ではありません。

自分の言語または他の言語の発音を年齢がいくつになっても向上させることができますし、単に良いお手本の通りにすればよいのです。

発音しようとしている言葉に似ている音を繰り返し、早口言葉などのように、他の人のアクセントや発音を真似してみましょう。この能力を訓練すればする程、それに順応していくのが簡単になっていきます。

 
音韻 子ども 発音

読む力

次の2種類の読み方を通して、子ども達が完全に音韻を習得する能力を発揮できるよう手伝ってあげましょう。それは声を出して読む方法と、朗読したものを聞いてそれを真似て読んでみる方法です。さらに複数の登場人物が出てくる物語を読む場合は、子どもと一緒に読む練習ができますよ。

また、どんな種類の読書も役に立ちます。子どもに読むことを習慣づけると、書くことや話すことにそれが反映され、そして子どもの語彙も増え、想像力や創造性も促進されます。同時に子どもが人前で話す訓練にもなるでしょう。

語法の専門家

子ども達が特定の音を発音するのに苦労していることがあります。そのような場合は、スピーチセラピストや言語聴覚士に相談して正しい発音法に直してもらうのがベストです。

さらにスピーチセラピストや詳しい教師に聞いて、家庭で子どもが練習できる訓練法を教えてもらいましょう。完璧な人はいませんが、誰でも上達しようとする能力を持っているのです。