学校での成功のカギとなるものとは?

2019年3月13日
あなたがお子さんの助けや導きになれれば、子どもは学校で本当の意味で成功するのに必要なもの全てを手に入れることができます。

学校で成功できるかどうかは様々な要素が合わさって決まります。それは社会的・家庭的な関りから指導や適切なインセンティブ、しっかりとした栄養まで幅があります。

学校での成功は子どもがどれくらいの時間勉強するかだけにかかっているのではないのです。子どもの学業成績に大きく影響するたくさんの刺激と状況があります。

子どもが学校で成功するのに役立つ様々な要素について見ていきましょう。

学校で成功するとはどういうこと?

学校で成功するということについて話すとき、ここでは新しいグローバルコンセプトのことを指しています。子どもが一番良い成績をとれば、子どもは学校で成功していると考える、古い考え方とは全く違ったものです。実際、一番良い成績をとることが、たくさんの知識を持っていることを反映しているとは限らず、子どもがその知識を覚えていられるということも必ずしも意味しません。

学校での成功の基礎には、高いレベルの社会への統合があります。つまり、子どもは同級生や先生と効果的かつ正しく協力することができなければならないということです。その他にも、受け取る情報を正しく処理する能力が必要です。

学校での成功という概念はここ数十年で変わってきました。最も成績の良い生徒が最も優れた素質を持っているとはもはや考えられていないのです。最もよくできた生徒とは人生のあらゆる面のバランスをうまく取れる人のことなのです。

成績の最も良い生徒には、以下のような特徴があるかもしれません。

では本当に成功している子どもとはどんな子なのでしょう? それは親や先生から教訓を学び、社会に効果的に統合できる子です。これは社会化に困難を抱えている生徒が劣っているということを意味するのではなく、単純にその子の学校での成功は成績だけに基づくものではないということです。

子どもが学校で成功できるよう助けるための方法

以下は、子どもがしっかりと発達し、学校で成功するためにできるお勧めの方法です。

子どもが学校で成功するために

健康的な習慣

良い習慣は、私たちの全体的な幸福に大いに影響します。そしてそのため、子どもの頃からその習慣を身に付けておかなければならないのです。良い睡眠と適切な栄養を取ることで、子どもは毎日の必要な活動を行うためのエネルギーを得られるのです。

栄養の専門家は、体が一日適切に機能するのに必要なカロリーの25%を朝食から取ると言います。朝食を食べない子どもは学校にいる間エネルギーが低く、集中力に欠け、頭痛がしたりして情報を覚えることができません。同じことが、十分な睡眠をとれていないと起こります。ですので、健康的なライフスタイルを送ることが大切なのです。

ピグマリオン効果に気を付けて

私たちが子どもに抱く期待と、いわゆるピグマリオン効果に気を付けなければなりません。また、子どもに私たちが要求することにも注意しなければなりません。

子どもに助けやサポートを与える努力をしないのに、子どもにいい成績や成功を要求することは逆効果であることが多くあります。同じように、私たちはいい成績をとることが人生のすべてであるように子どもに教えるべきではありません。学習のプロセスの価値についても学ばなければならないのです。

親が期待している(あるいは要求している)ようないい成績が取れないと、ストレスに苦しむ子どもも多くいます。このため、子どもにどの程度要求するかについて見直し、子どもの能力をしっかり把握する必要があります。

全ての子どもには学習するための潜在能力がありますが、その子のリズムを尊重してあげ、その子が必要な知識から利益を得るために、私たちができることや助けを与えるタイミングを知っておくべきだということを覚えておきましょう。

外部のモチベーション

子どもが成功するためには、子どもを学校に送るだけでは十分ではありません。子どもが学習プロセスに興味を抱くように、さまざまな方法で子どもを助けてあげなければなりません。私たちは、子どもに宿題の様子はどうか聞いたり、一緒に座って助けてあげることでこれを行うことができます。

子どもをサポートするのにとてもシンプルで使える方法は、快適に勉強できるようなツールを与えてあげることです。良い学習スペースがあると、学校の活動への興味を大きく高めることになり、読み書きや絵画などの他の関連しているものにも興味を持つことに役立つことさえあります。

また、夕ご飯を食べながら会話を始めることで、子どもが参加できるようにし、こうすることで学校の授業でも自信を持てるようになるのです。

学校での成功のためのカギ 学校 成功 カギ

チームワーク

先生と一緒に、子どもの学校の友達との様子を観察しましょう。クラスに友達がいるかどうかや、学校で居心地がよくないと思っているかもしれないということを知っていることが大切です。

学校で何かが上手くいっていないということがわかったら、子どもに友達がいないことで子どもを責めることから始めてはいけません。そうではなく、より広い視野を持ち、社会化という基礎的な概念を愛情をこめて教えてあげましょう。また、以下のようなことも目指しましょう:

  • 子どもに基礎的な価値観を教えましょう。
  • お子さんに愛情表現をし、愛情を与えてあげましょう。
  • 子どもの自己受容を刺激しましょう。
  • 子どもを批判することなく、子どもが言うことに耳を傾けましょう。

親として、あなたが子どもの一番の導き役であり助けになることが重要です。子どもが必要とする助けを全てを惜しみなく与えてあげるのです。子どもを時間通りに学校に行かせ、宿題を手伝ってあげ、子どもが学校の課題を友達とする必要があるなら、友達を家に呼ばせてあげましょう。

これらのシンプルなアドバイスが、あなたが子どもの学校が求めることすべてに気を配ること役立つでしょう。あなたがお子さんの助けや導きになれれば、子どもは学校で本当の意味で成功するのに必要なもの全てを手に入れることができます。