教室騒がしくしてしまう子供たち:私たちがしてあげられること

· 2019年5月9日
教室で子供が騒がしくしてしまっても心配しすぎないでください。こういった振る舞いを正すことは簡単です。この記事では具体的にどうすれば良いのかをお教えします。

授業中に騒がしくしてしまう子供達は集中力の欠如に苦しむかもしれません。そして、これは学校の成績にまで影響を与えかねません。

こういった子供達は、よく言えば、友達と仲良く円滑な関係を築いていると言えるかもしれませんが、授業は友情を表現する時間ではありません。

また、学校側からこういった状況を指摘された両親もどうしていいかわからなくてってしまいます。子供のそばにいて監督することができないからです。

最も大切なことはモチベーションを与えることです。授業に集中することの重要性を子供に理解させなければなりません。

子供の態度を変えるには、まず会話から始める必要があります。なぜ集中できないのか、尋ねてみてください。先生に従う動機を与え、おしゃべりは休憩時間にすべきだと理解させてあげましょう。

子供の意見をしっかり聞きながら、学校での振る舞いを改善できるよう、子供を励ましてあげてください。

理由を探す

振舞いを改善するには、問題の原因を突き止める必要があります。考えられる原因は幾つかあります。

子供と一緒に家で練習する

学校での振舞いを改善させたい場合には、まず家庭内で練習することが重要です。誰かが話している時にはじっと耳を傾ける。こういったことは家庭内でも練習することができます。これを繰り返すことで衝動をコントロールできるようになるかと思います。

授業中-騒がしい 騒がしくしてしまう子供   集中力
例えば、子供が会話に割り込まないように教えてみてください。子供のおしゃべりが過ぎる場合には、話すべきタイミングを理解させなければなりません。また、落ち着いて自分をコントロールすることを子供に教える必要があるかもしれません。もちろん、叱りつけるのではなく、優しい口調で諭してみてください。

順番を守る必要のあるゲームで遊ぶと良いかもしれません。例えばボードゲームは交代することを学ぶ最高の教材かもしれません。はなすことと聞くことを繰り返すゲームを作っても良いかもしれません。例えば、一人一人順番に、お話を語り合うゲームが面白いかもしれません。

授業中に騒がしい子供達にしてあげられること

子供が学校で騒がしく、注意散漫になっていることがわかったら、家庭で改善に取り組むべきです。いくつかポイントを紹介します。

1.家庭を穏やかに保つ

家庭では子供を怒鳴ったり、我を忘れて怒ることはやめましょう。家庭環境を穏やかに保つことが集中力の欠如を抑制します。

2.自宅で娯楽を制限する

子供の集中力が欠如することを防ぐためには、子供が画面の前で過ごす時間を制限することをお勧めします。これは、集中力の妨げになる可能性があります。

また、テレビゲームや電子機器に費やす時間も制限してください。制限することで、集中力の向上が見込めます。

「授業中に騒がしくしてしまう子供に改善を促すのであれば、まず会話から始めてください。なぜ集中できないのかを理解するためにも積極的に会話をするべきです。」

3.視覚、聴覚の異常

子供が学校で問題を起こすようであれば、視力、聴覚の検査を受けさせてみてください。視力や、聴力の異常が原因の場合もあります。

4.子供の前では常にポジティブに

できる限り子供の前で喧嘩はしないでください。周囲の大人の喧嘩は子供に大きな影響を及ぼし、集中力の欠如を引き起こすこともあります。

また、子供とポジティブ瞬間や経験を共有してください。きっと、子供の不安を払拭し、集中力の低下を防ぐはずです。

5.子供と一緒に過ごす時間を設ける

毎日子供と一緒に時間を過ごし、共に何かに取り組むことが大切です。例えば、物語を聞かせてあげたり、ボードゲームで遊んだり、絵を描いても良いでしょう。こういった活動が子供の興味を引き、1つの活動に集中する力を養うことができるでしょう。

家族が一緒に遊ぶ 騒がしくしてしまう子供   集中力

6.家庭内でルールを設ける

子供の集中力を持続させるためには、家庭内にルールを設けることが必要です。子供だけでなく、保護者もこのルールを尊重するようにしましょう。必ず、子供と保護者の間で合意して、あ互いが支え合うことが大切です。両親が同意し、ルールに従う姿勢が、問題を抱える子供たちにとってとても大切なのです。

授業中に騒がしい子供たちに振る舞いを改めさせることは可能です。辛抱強く、時間をかけることをお勧めします。きっとうまくいくはずです!

 

https://youaremom.com/children/children-talk-too-much/