子どもが自尊心を持てるように教育をしよう

2019年1月26日
自尊心について教えてあげるのは正しい成長にとって非常に大切な要素となります。今日ご紹介するのは、それを達成するためのアドバイスです。

子どもが自尊心を持てるよう教育してあげるのは時間がかかることですが、幼少期から教え始めるべきです。自尊心を持つことで、学校でも家庭でも、友達との間でも、より良い関係を持てるようになります。

また、子どもが自尊心を持つようになるのは生まれて数年の間に始まります。最も幼少期に影響を与えるのは両親で、子どもの成長に不可欠な役割を果たしていることになります。

親からの励ましによって、子どもは自信を持つようになり、特に子どもが努力したことや、才能がある部分を褒めることは重要です。

自己に対してポジティブな考え方を持てるように、子どもを指導することができたら、親としてそれ程の贈り物は他にありません。同時に自尊心を持つ子どもが、自分の能力に対して楽観的であり、しかも現実的な見方をできるようにすることも必要です。そのためにも、できるだけ早い時期に取り組むことが大事になってきます。

今回は子どもが自己に対して良いイメージを持てるようにするためのアドバイスをご紹介します。是非あなたも参考にしてみてください。

子どもに自尊心を持つように教えてあげる方法

1.スポーツを奨励する

自尊心を持てるよう教えるための最初の方法は、スポーツなど何かしら身体を使う運動に参加するように勧めることです。スポーツによって子どもに自信がつくだけでなく、目的ができ、技術を高め、目標を達成するようになります。

こちらも参考にして下さい:子どもの頃にスポーツをするのが大切な訳

他にもスポーツをすると自分の特技を認識して、弱点を認めるのにも役立ちます。

 自尊心 を持つように教える

スポーツにおける逆境を乗り越えることによって、子どもはしっかりと自信をもてるようになります。それだけでも充分ですが、運動をすると子どもは身体を鍛えることができ、健康維持にもつながり自尊心を向上させます。

 

2.子どもと話をして良いお手本になる

子どもが何を学んでいるか話をすることを、ぜひお勧めします。実際に子どもの悩みや問題について話をすると、子ども自身も何が課題なのか理解でき、それを乗り越えるように努力できるようになります。

子どもに価値があること、何を得意としているか、そして何が苦手なのかについても、親が話しているのを聞くことに意義があります。問題解決によって自尊心が生まれ、物事には必ず良い点もあるということを子どもに分からせてあげるべきです。

この成長段階では親がお手本となって指導してあげることが必要です。親自身も自尊心を持つことから始めて、それから子どもにもそれを教えてあげることができるのです。この方法を利用して、何かうまくいった時には自分の価値を認めて褒めてあげましょう。

そして自分の長所と短所について、子どもと話し合って、難しい状況をどう乗り越えてきたのかを教えてあげましょう。

誰でも逆境を乗り越えて努力しなければいけない時があるのです。それを子どもと分かち合うことができれば、最高の教訓となります。

「最も幼少期に影響を与えるのは両親で、子どもの成長に不可欠な役割を果たしていることになります。親からの励ましによって、子どもは自信を持つようになるでしょう。」

3.子どもを批判しない

子どもは自分が批判されることを他人の口から聞くと、それが直接影響して、その通りだと思ってしまいます。実はネガティブな言葉はいつでも悪影響があり、子どもはやる気を失くしてしまいます。自分に対して批判的なことを聞くと、自尊心が危うくなります。

そこで、子どもの態度を直したい場合、自制しながらそれを伝えて次回はどうしたらいいかという部分を強調するようにしましょう。理想的なのは、その子の価値を認めるようにして子どもの得意なことに注目するべきです。

子どもが自分のことを良く思えるようにするには、短所ではなく長所に焦点を当てるよう気を使ってください。

こちらの記事もお勧めです:家族はどのように子供の自尊心に影響を与えるのか?

4.新しいことを学ぶ

最後に、新しいことを学ぶのは自尊心を持たせるのに最適です。子どもは新しいことを学ぶのが大好きで、学習の選択は限りなくあるので、自尊心を向上させるの良い方法となるでしょう。

小さい子どもでも、コップを持つことや初めて歩くことを習得するのは、比類ない達成と言えるのです。

子どもに 自尊心 を教える 教育

ですので、子どもが大きくなると共に自分で服を着る、本を読む、自転車に乗るなど、どんどん新しいことを学ぶべきです。通常何か新しいコンセプトや技術を習得するのは、自尊心を養う良い機会となります。

子どもに何か教えるときは、必ず最初に手伝ってあげることをお勧めします。その後は自分でやってみるようになり、間違いもあるでしょうが、学んで出来るようになって、自慢に思えるようになるでしょう。しかし、挑戦させてあげるチャレンジは、いつもその子どもに合ったレベルでなければいけません。

今回紹介したアドバイスに沿って実践して、愛情深い成長期にしてあげることを忘れないようにしましょう。

両親の役割はとても重要です。親のサポートと励ましの言葉があってこそ、子どもがしっかりと成長していくということを覚えておいてください。