家庭内暴力が子どもに与える影響とは?:「暴力の隠れた被害者」

2019年5月16日
身体的・心理的虐待の被害者になる、または目撃してしまった場合において、子どもに与える暴力の影響は非常に大きいものです。子どもは無防備に感じ、暴力が日々の問題を解決する方法だと信じてしまうのです。

この記事では、非常に深刻な問題である、 家庭内暴力 が子どもに与える影響についてお話します。

両親の間で、子どもに対して、またはペットにまでも、家庭内暴力や虐待が起こるようなことがあると、子どもの精神的な安定がくつがえされます。

家庭内暴力が子どもに与える影響とは?

家庭内暴力によって、殴られたり脅されたりすると、子どもの身体的、感情的、心理的健康が危険にさらされます。

両親の間で起こる暴力を目撃してしまうだけでも、暴力によって支配されている家庭で生活するだけでも、子どもは被害者になります。これは身体的な暴行だけでなく、感情的/心理的な影響はもっと危険で悪影響を及ぼしかねません。

このような問題は想像以上に多くの家庭に起こり得るものです。大抵父親が母親を殴ることが多く、場合によっては子どもが母親を守ろうとして「仲介」に入ることで、子どもまで殴られることもあります。

しかしこのような暴力は、性別、年齢、社会的状況とは関係なく起こり得るものです。

家庭内暴力が子どもに与える影響は非常に大きく、確実に傷を残し、けしてそれを消し去ることができません。その理由として、進化していく子どもの成長の上で、短気的または長期的なダメージを与えることが挙げられます。

子どもの行動にも遅れが出ることもあります。遅れというのは、子どもがおねしょをしてしまう、話せなくなる、学校で集中できないなどの形で現れます。

家庭内暴力 の心理的影響とは? 家庭内暴力  子ども   影響

家庭内暴力の影響を見分ける方法

教師、家族、友人が子どもの態度や行動を見て、家庭で何か起こったのではないかと見分けることができます。

それ以外にも、子どもの不眠症、夜尿症、食欲不振、不安症、ストレス、うつ病、悪夢などの兆候が見られ、もちろん暴力的な行動も現れるでしょう。

毎日のように見ていることを子どもが真似して、クラスメートや近所の子どもと何かもめ事があると、殴ったり怒鳴ったりすることで問題を「解決」しようとすることもあるでしょう。

それはどうしてかと言うと、日常で見慣れていることが正しいことだと思ってしまうからです。

連日家庭内暴力が起こる家庭で育つ子どもは、それがトラウマになってしまい、安定した家庭で育つ子どもに比べて、感情的心理的な問題が起こりやすくなります。

暴力の「隠れた被害者」である子ども

幼い子どもは見るもの聞くこと感じること、全てを自分の生活に取り込んでいきます。両親が子どもを殴ったり怒鳴ったりすることだけが、子どもを被害者にしてしまう訳ではありません。子どもが見える所で起こる大人同士の暴力でさえ、子どもはその悪影響にさらされるのです。

子どもが感じる心の葛藤をため込んでしまい、その治療をしないままにすると、それを何年先までも引きずり、さらに心の問題が悪化することもあります。

1.3歳以下の子ども

発達障害や過食症になったり、叫んだり機嫌が悪くなりやすくなります。さらに、子どもが不安になる、悲しくなる、よく泣く、孤独になってしまうこともあります。

家庭内暴力によって、殴られたり脅されたりすると、子どもの身体的、感情的、心理的健康が危なくなります。

2.3歳から7歳の子ども

家庭の状況に対して子どもが罪意識を持ち、いつもとは違う行動を取ることがあります。

普段の生活習慣から少し退化してしまい、指をしゃぶったり、おねしょをしたり、話せなくなることもあります。子どもの行動が攻撃的になり、反抗的、破壊的、敵意を持って挑戦的にもなります。

3.7歳から13歳の子ども

この年齢範囲の子どもは、明らかに自信を無くすようになり、暴力を振るう大人を嫌うようになります。

そして暴力により子どもは機嫌が悪くなり、年下の兄弟、級友、いとこ、近所の友達をたたいたり怒鳴ったりします。家庭で起こっていることを恥ずかしく思っているので、それについて聞かれても否定するかもしれません。

家庭内暴力 の身体的影響とは? 家庭内暴力  子ども   影響

4.13歳から18歳の子ども

思春期の子どもに暴力が影響を与える部分は、その感情面と個性の形成でしょう。家庭内暴力のせいで、子どもが窃盗や警察ざたの喧嘩など犯罪行動に走ったり、薬物使用や飲酒を早くに始めることにもつながります。

お分かりの通り、家庭内暴力が子どもに与える影響は、家庭で見られるまたは直接話を聞く以上に波紋が広がります。残念ながらこの状況は、子どもの問題解決の方法を変えてしまい、その先の子どもの人生とその周辺の人達にまで影響を与えてしまうのです。

Patró. (2005). Víctimas de violencia familiar: Consecuencias psicológicas en hijos de mujeres maltratadas. Anales de Psicología. https://doi.org/10.6018/27071

Sala Musach, I., Hernandez Alonso, A. R., Ros Guitart, R., Lorenz Castañe, G., & Parellada Esquius, N. (2010). Violencia doméstica: Preguntar para detectar. Atencion Primaria. https://doi.org/10.1016/j.aprim.2009.04.007