2歳の子どもとできる5つの楽しいアクティビティ

· 2018年6月21日

2歳のお子さんのための楽しいアクティビティを5つ選んでみました。お子さんが新しいスキルを習得するためのアイディアとして参考にしてみてください。

2歳になるまでに、赤ちゃんは親にとっても本当に驚かされるようなことをし始めます。新しいスキルを得ていく中で、お子さんの成長を助けるためにはどんなゲームが適切なんだろうと思ってはいませんか?

この段階ではどんなスキルを伸ばすべき?

2歳の子どもの発達は、身体に関するものと密接にかかわっています。

つまり、子どもたちは大きな筋肉も小さな筋肉も使うようなスキルを得ていくことになるということです。これらはそれぞれ、総体的運動技能、微細運動技能と呼ばれています。

また、子どもの知的能力においても、想像力と問題解決に関する重要な地点に到達します。

状況をシミュレーションしたり、ものを色と大きさで分けたり、好きな歌を暗記することさえできるようになります。

そして、言語についても大きな上達が見られます。少しずつ、新しい言葉を使い始め、親の言ったことを繰り返し、ものごとの原因について質問をし始めます。

その上、自分と同じ年頃の子どもと、以前よりも容易に交流できるようになります。

2歳の子どものための5つの楽しいアクティビティ

1.食事を配る

おもちゃのキッチンから、偽の食べ物をお子さんに渡し、そこにいる人に配るよう頼んでみましょう。

ゲームをもっとリアルでおもしろくするために、持っているおもちゃの食器すべてを使わせましょう。お子さんに危険でないものなら、本物のものを使ってもいいでしょう。

このゲームが子どもに教えることは、他の人と自分の持ち物をシェアする大切さです。

これは一人っ子のお子さんにもとてもいいアクティビティです。なぜなら、シェアすることは、学校が始まったら学ばなければならないことだからです。

お子さんに数を教えるためにこのゲームを使ってもいいでしょう。

2歳児のための楽しいゲーム

2.職業ごっこ

小さいときから、子どもは大人のまねをするのが好きです。さまざまな仕事で働くごっこ遊びも大好きなのです。親ごっこをするのさえ楽しんでやります。

ですので、いっしょになってお医者さんや、コックさん、お父さんお母さんになってみてあげてはいかかですか?

最初はどうしたらいいかわからず、このアクティビティの意味がよくわからないかもしれません。しかし、お子さんを助けてヒントをあげれば、イマジネーションを膨らませ、特定の職業の人がどう振舞うかを自分で考えだすようになりますよ。

子どもは、見本を見せるとずっと速く理解できるということを覚えておいてください。おすすめなのは、まずは子どもの注意を引くために、ぬいぐるみなどのおもちゃで始めてみることです。

こうすれば、私たちのまねをする自信がつきます。間違いなく、ロールプレイングゲームは2歳の子どもにとって最も良いアクティビティの一つでしょう。

3.クラフトやお絵かき

自分で何かを創作したり、絵をかいたり、さまざまな表面や物体に色を塗ったりすることで、お子さんの微細運動技能という、この時期に欠かせないスキルを発達させることができます。

小さいお子さんのためのクラフトとしては、ベーシックなものから始めるのが良いでしょう。トイレットペーパーで動物を作ったり、パペットやピエロ、お庭で遊ぶのでさえも良いアクティビティのになります。

しかし、鉛筆や筆の力を侮ってはいけません。この時期の子どもの発達段階では、落書きをしたり形にならないものを描いたりできるだけかもしれません。

それでも、お子さんの努力を認め、続けるよう励ましてあげることが大切です。そうすれば、お子さんも上達し続け、楽しむことができます。

2歳の子どもの発達は、身体嚢両区の発達が強くかかわってきます。

4.専用のおもちゃ

もちろん、家にあるものを使って即興的に遊ぶのもいいやり方です。子どもに何がしたいか聞いて、一緒に楽しい時間を過ごすため時間をさいてあげるときは特にそうです。

しかし、2歳の子どものアクティビティのために作られたゲームを買うこともできます。

この年齢の子どもはパズルを楽しむことができるようになります。コスチュームやマスクもそうですが、お気に入りのキャラクターになりきるのが理想的です。

なにかを作るゲームも子どもにはとてもいいものです。この時期に子どもの運動技能がとても発達し始めるからです。ハンマー、ネジ、おもちゃのレンガのセットなどはとても楽しんでくれるでしょう。

そして、外で午後を過ごすには最適な、三輪車もお忘れなく。寒い雨の日には、ボードゲームもとてもおすすめです。

ボードゲームは言うまでもなく、とても簡単なものでなくてはなりませんが、それでもとても楽しめますよ!

パズルやゲームもおすすめです

5.トレジャーハンティング

これは子どもが一番好きなアクティビティの一つです。実は、かくれんぼの遠い祖先で、古くからある子どもの遊びの一つです。

このゲームでは、特定のものを部屋のどこかに隠し、子どもに探すのを手伝ってもらいます。子どもがそれを探すときは、ヒントをあげましょう。

隠したものに近づいたら、「近いよ」、遠ざかったら、「遠いよ」と教えてあげます。楽しいだけでなく、このゲームは子どもの位置の感覚を発達させることができます。

子どもにものの名前を教えたり、「ヘルプ」という形で与えることのできる指示に従うことを学ばせるために、このゲームを使うこともできます。

これらの楽しい2歳の子どものためのアクティビティは、とてもシンプルですが、子どもの全体的な発達を助けることができます。

これらのゲームによって子どもの発達を促し、お子さんと忘れられない思い出を作ることもできますよ!