知覚を刺激するボトル:頼もしい発明品

2018年5月11日

教育者のマリア・モンテッソーリは、便利ですばらしい発明をしました。それは、知覚ボトルです。これは、興奮している子供をリラックスさせるための道具です。また、子供が落ち着くことで、親の助けにもなるのです。

癇癪(かんしゃく)はある年齢の子供には普通に見られるものですが、あまり頻繁に起こると私達は心配し、ストレスになったり、希望がなくなるような気持ちになります。

子供が泣いたり怒ったりする振る舞いをコントロールすることは非常に困難です。そのため、どのようにしたらいいのか分からず最終的には要求に応え過ぎてしまうのです。

しかし、この悪名高い癇癪をコントロールするのに幾つかの方法やおすすめがありますが、実践的で評判がよく、広く効果が証明されているのはわずかです。

一方、子供がネガティブな行動を取る時に年齢が原因かもしれませんが、同時に行動障害が原因であるかもしれないことは考慮に入れておく必要があります。

どのような場合でも、知覚ボトルは原因がはっきり見分けられるような一時的な状況を改善する意味があります。

知覚ボトル 2

 

知覚ボトルについて知っておくべきこと

マリア・モンテッソーリは多段階教育法を作り出した教育者です。この実用化された方法には異なるやり方がありますが、最終的な目標は罰するのではなく、自然に備わる能力を利用して教育することです。

子供が理解できないことがたくさんあることは知られています、そして私達がある環境に適応したり、交流したりする能力はまだ持っていません。ですので、私達がフラストレーションを感じ、正しい反応を求めて苦しんでしまうよな理解不能な行動に出てしまうのです。

知覚ボトルはモンテッソーリ法の発明の一つで、2歳から6歳の間の子供向けに作られています。

自分で作る方法

知覚ボトルの特徴の一つは自身で自宅で作ることが出来ます。作成には以下の材料が必要になります。

  • 蓋のついた半透明または透明な瓶、落としても壊れないプラスチック製が望ましい
  • 小さじ1、2杯分のラメの入っている糊
    • 糊に入っている分に加えて小さじ3、4杯分の目立つのラメ
  • 子供が大好きな色を塗ったのちょっとした食べ物
  • シャンプーは中性が好ましい。グリセリンも可
  • お湯
  • グルーガン
  • のりスティック
寝る時の知覚ボトル

 

全部を一緒にする

  • 容器に入れるのに適切な量で全ての材料を瓶に入れる。瓶のトップは1cmをわずかに上回る分だけ空けておく
  • ボートや積み木やハート型の、小さなおもちゃを入れることもできる。中が見えるように入れすぎないようにする
  • 全部の材料を混ぜて、子供が開けられないように蓋をしっかり糊で封をする

きちんと作れば、瓶の中身は面白いように回ります。シャンプーと水と糊の異なる密度によってそれぞれの中身の動くスピードと方向が異なるのです。

知覚ボトルの効果

問題行動に対して、知覚ボトルにはたくさんの利点があります。なぜならそれにより子供は落ち着くことが出来るからです。使い方は子供が瓶を振って中身の動きを眺めて、それを楽しんで集中するのです。

知覚ボトルは短時間子供の注意を引くのにすぐれた方法ですが、とりわけ子供が癇癪から戻るのに役立ちます。

ラメが元に戻る時間の間、待たないといけないため子供が普通の会話を続けるのに役立ちます。

他の利点としては:

  • 注意力が持続する
  • エネルギーを安定させる
  • リラックスさせ、規則正しい睡眠を形成するのに理想的である
  • 旅行やその他、長時間大人しく待つのに有用である
  • 落ち着きのない子や過活動の子供に役立つ
あなたへおすすめ