レゴの心理的効果とは?

2018年6月15日

レゴの心理的効果とは何でしょうか?

レゴは世界的に人気のあるおもちゃであり、人間の想像力という広大な分野を探求し、楽しみながら遊ぶことを教えてくれます。

1932年設立され、有名なデンマークのブランドであるレゴは、1942年まで木製のおもちゃのみ製造していましたが、その後プラスチック製のおもちゃの製造を開始しました。

会社名のレゴは、デンマーク語の Leg Godt を省略したもので、「よく遊べ」という意味です。今までにレゴの会社は様々な製品シリーズを出してきました。ヒーロー・ファクトリー、バイオニクル、エクソ・フォース等が良い例です。

その他、インディ・ジョーンズ シリーズ、ハリー・ポッター シリーズ、スター・ウォーズシリーズ、など多数の映画との提携もみられました。

レゴの心理的効果

子供に対するレゴの心理的効果は、思考力を生み出すところにあります。精神科医マリア・テレサ・マタ先生のお話では、レゴを使って色々なものを自由に組み立てることで、感情的知性の発達に良い効果が見られたそうです。

さらにレゴは精神療法にも使われます。レゴで遊ぶと、子どもは心で思っていることや、秘めた感情などを外に出せるようになります。今日多くの子ども達は、相互に結合する、色も形も様々なレゴ ブロックをつなげて、色々なものを作りだすのを楽しんでいます。

この素晴らしいレゴが、子ども達へもたらす利点についてお話したいと思います。レゴには、予想外の面白さがあります。

レゴの効果

レゴの心理的効果を違った角度で見てみる

レゴの心理的効果に関して、いくつか他の観点から考察することができます。

仕事上の道具としてのレゴ

商標登録され有名なレゴは、多数の会社や心理学者によって使用され、その優れた効果を得ることが知られています。

仕事上の道具としてレゴを使うことで、その人の思考を表現し、ダイナミックに情報を提供することができます。

 レゴ・シリアスプレイとしてのレゴ

レゴ・シリアスプレイ、という方法がレゴ社によって設置され、毎日の生活における問題解決において、ビジネス界でもとても良い結果が生み出されます。

感情的知性を育てる

レゴで遊ぶと感情的知性が豊かになり、目標達成や課題に挑戦する力を養います。レゴには想像力や表現力を伸ばすという利点もあります。

高レベルの関係性を作り出す

上記の精神科医のコメントでは、レゴで遊ぶことにより、高レベルの関係性を作り出すとのことです。これはどういう意味でしょうか。

レゴ ブロックをつなげて接続するとき、制作する想像性や空想世界の創造性と、手を使った手動作業を組み合わせることになります。これがコミュニケーションに関する、精神的な思考過程を促進するのです。

観測している人が、ブロックで何か作っている個人について、深い部分で見識を得ることが可能になります。この組み立て作業の方法を、職場や家族の間で行うと、それぞれが世の中をどのように見て理解しているのかが見えてきます。そこから相互理解のある対話が生まれます。

レゴの心理的効果

先天的にとらえられるメッセージ

別の言い方をすれば、考え方や創造力を通して言いたいことを表現できるのは、レゴを使っているからこそなのです。

レゴのおかげで、個人の意見を表現できたものの、それがなかったら誰にも気付かれず見逃されることになったかもしれません。一個人の考え方から、問題解決の効果的な方法が見いだされることもあるのです。

1.無意識に作られる障壁を取り除く。人間の心に無意識にできる壁は、いつの間にか現れて、その人の対人関係に影響します。レゴの心理的効果により、その壁を少しづつ取り去ります。ブロックを通じて、自分自身をうまく表現できるようになり、自己認識と周囲にいる人の知識に対してよりオープンになります。

2.問題解決の能力が伸びる。時には問題に直面して、解決できないような気持ちになりこともあります。そういう時は、レゴを使って問題を解決できます。情報を取り入れて、アイデアを整理して、解決策を表現して確認しながら、個人の能力を拡大していきます。

3.抽象的な考え方も表現できる。個人的な考え方や想定される方法を、実世界に反映することができるのです。それによって、必要になる行動や過程の能率アップにつながります。

これらはレゴによる、子どもへの心理的効果の一部です。レゴ ブロックを使うことだけが、子どもの感情的知性のためでなくてもいいのです。

多くの会社はレゴの利点を認識して、職場でレゴを使うようになりました。大人もこのプラスチックのおもちゃの効果を利用できるのです。

今日のレゴ

レゴ誕生以来、子ども時代から今までずっと、レゴは我々のものの見方に変革を起こしてきました。これまでにレゴ社は多大なる成長と拡大を遂げ、メキシコにも生産工場を建築しました。これによって南アメリカへの進出となるでしょう。

自由にレゴを組み立てるという知能訓練を行うと、その人にレゴの心理的効果がどんどん現れます。レゴで色々作る作業は、創造力を表現しながら問題解決もできるのです。

レゴは子どもから大人まで、80年以上もの間愛されてきました。レゴの心理的効果も、ぜひ皆さんに知っておいてもらいたいものです。

あなたへおすすめ