あなたの赤ちゃんの知性と記憶力を刺激する方法

· 2018年5月24日

あなたの赤ちゃんの知性と記憶力を刺激するためには、母親が子供を愛し、子供の成長に積極的に関わることが必要です。その具体的な方法を知りたいと思いませんか?今回紹介する記事を読んで、大事だと思うところはメモを取ってくださいね!

赤ちゃんの知性

子供は型にはまらない、自由な知性を持っています。子供たちは大人になる過程で、あらゆる形の知性を持ちます。

特に出生から2歳までの期間に子供は大きな精神的発達をします。歩くこと、話すこと、そして創造するはその一例です。

頭がいい人は他人の経験から学ぶ。

-Voltaire-

ピアジェ理論

ピアジェの理論によれば、子供は発達の過程で、知性と成熟した人間関係を知覚する能力を段階的に通過します。発達の段階は、どの子供にも一定の順序で訪れます。

大人と違い、赤ちゃんや幼児が他人と交流する際、共感や「自己中心的思考」を持つことはありません。

幼児期には、「思考することを学ぶ」という自然な認知発達の段階があります。言い換えれば、子供たちは現実世界と交流することを学びます。

ピアジェによると、出生から2歳までの段階を「感覚運動段階」と呼びます。子供の発育、身体的な感覚体験を調整し、現実世界を理解することを覚えます。この時期には、原始反射の能力が強化されます。

感覚運動期間中に知能の発達を促進するために親ができる事は何か?

  • それは、循環反応に変化を与えることです。赤ちゃんが偶発的に行動すると、親は循環反応に直面します。親は循環反応に変化を導入して、赤ちゃんに変化があることを、探求することを学ばせる必要があります。
  • 赤ちゃんに自分自身以外の世界を教えるために、様々なおもちゃや、オブジェクトを与えてください。
  • オブジェクトで隠れん坊をする。子供におもちゃを見せてから隠し、隠されたオブジェクトを見つける方法を教えてください。そして今度は、子供を見つけさせます。このゲームを繰り返し行いましょう。
赤ちゃん知性2

あなたはトマティス法を知っていますか?

トマティス法とは、学習と全体的な発達を強化するために耳を調整するという方法です。

以下の音声を聞くことに基づいた音楽療法です:

  • 特定の高周波数
  • モーツァルトの作曲
  • グレゴリオ聖歌
  • 子宮にいる時に聞く母親の声

聴覚を発達させることによって、学習スキルとコミュニケーションスキルが刺激され、運動能力とバランス能力が強化されます。

得られる利点

  • 良い振る舞い
  • 忍耐力の向上
  • 記憶力の向上
  • 集中力の向上
  • 創造性の向上
  • 落ち着いた感覚機能
赤ちゃんメガネ

赤ちゃんの記憶を刺激する3つの方法

1.赤ちゃんとの絆を築く

脳は本能的に安全性を求め、安全な環境にあると感じないと学習できません。赤ちゃんが安全と感じるような環境を作ることが重要です。赤ちゃんとの絆を築くために、以下の事を試してみてください。

  • 誕生から皮膚接触を心がける
  • 赤ちゃんとできるだけ時間を過ごす
  • 常にに話しかける
  • できるだけ抱っこしてあげる

2.記憶喚起

10ヶ月の赤ちゃんはすでに数秒前に隠されたオブジェクトを見つけることができます。記憶喚起は、今現在目の前にないものを覚えることです。

この段階では、赤ちゃんの象徴機能がすでに発達しています。この能力は人間の特徴であり、知的・文化的発展を可能にするものです。

1歳の子供では、長い間見ていないものを探すことができます。言語が使えるようになれば、あなたが名前をつけたものを探すこともできるようになるでしょう。

3.歌を歌う

子供たちに様々な歌を歌ってあげましょうメロディーを繰り返すことで、子供は覚え、リラックスすることができます。

子供がさらに成長したら、覚えさせたい内容を詩のようにまとめ、繰り返して教えてください。

最初は自宅の住所や電話番号など緊急時に役立つ情報から始めることをお勧めします。