高校生活を始める子どもに親がしてあげられること

2019年7月13日
高校生活が始まると生活と環境が変化するので、子どもにも親にも大変な経験になるかもしれません。

高校生活の第一日目は大変な思いをするかもしれませんが、それを防ぐ方法もあります。基本的な手段を利用して、学校初日になるべく不安がないようにしましょう。

高校生活 の始まりがストレスになる理由は、子どもの人生において新たな道を歩み始めることになるからです。この記事では、この日がスムーズにいくようなアドバイスをご紹介します。高校へと進学することが良い経験となるようにしましょう。

高校生活の始まり:家庭教師が重要な存在

高校生になると今までよりも頑張って勉強して、子どもがより自立できるようになることが必要です。なるべく学校が提供したり勧めているサービスを利用すると良いでしょう。信頼できる家庭教師を探して、高校の初日や残りの学校生活のサポートを頼む方法もあります。

高校生活 を始める子どもに何をしてあげられる?

ティーンエイジャーの高校生活や子どもの将来において、家庭教師の役割がとても重要になってくるかもしれません。子どもが家庭教師に、気軽に質問できるように勧めてみましょう。他にも個別指導が必要であれば、それを利用する方法もあると子どもが覚えておくといいですね。

高校の先生や家庭教師は、堅苦しくて厳しいのではないかと感じているかもしれません。でもそんなことはありません。先生も家庭教師も、小学校・中学校での教育と同じように子どもの学習を促進することが目標なのです。必要に応じて勉強のサポートを提供してくれるはずです。

大学進学はさておいて

高校生活を始める学生は、その先にある大学進学と学位取得のことを考え始めていることでしょう。医者になりたい、コンピュータサイエンスの専門家、夢は教師になること、などと目標を掲げているかもしれません。

人生におけるゴールは、時間と共に変化してくることもあります。子どもの新たな成長段階では、気が変わることもあると把握しておく方が安心できるでしょう。その安心感によって少しはストレスを解消できるはずです。

高校で必要なこと

親にも子どもにとっても、この新しい生活を始めるにあたって、色々と話し合うことで物事がスムーズに進みます。特に高校での成績や、生活における行動についても話し合いましょう。

子どもが課外活動をしたいと思っているか、それにどの位の時間を要するのかなど聞いてみて下さい。高校生活が始まる時にそれをはっきりさせておくと、全般的に良い経験となるでしょう。

コミュニケーション

子どもとのコミュニケーションをしっかり持ち、話し合える状況にしておくことは非常に重要です。必要であれば、子どもが学校にいる間も親に連絡する方法を知っておくと良いでしょう。これは学校が始まる前に決めておきましょう。

学校の携帯電話に関する規則について、両親と子どもの両方が理解しておく必要があります。例えば緊急時以外、校内では電話を切っておかなければいけないという学校もあります。他にもマナーモードに設定して、教室では使用禁止という所もあるでしょう。

高校のスケジュール

新しい授業、課外活動、友達との付き合い、休息時間など、子どもの生活はとても忙しいスケジュールとなるでしょう。そこで学校が始まる前に明白にしておくべきことがあります。

高校生活 を始める子ども

子どもが以前よりも話をしなくなったり、親と過ごす時間が減ったとしても、子どもが親を無視していると勝手に思う必要はありません。きっと新しい環境に慣れていく方法を自分で探し出して、新たな責任と高校生活を受け入れているのかもしれません。

こちらも参考にしましょう:青年期になる前に子どもが身に付けるべき6つの習慣

高校生活の始まり:子どもの問題を解決してあげないようにする

子どもの成長に必要なことはたくさんある中で、自分の行動に責任を持つことは特に重要です。高校生になるとさらに大事になります。親として子どもの話を聞いたり、相談にのったり、アドバイスを与えることはできても、子どもの問題は自分で解決させるようにしなければいけません。

手伝いが必要であれば、いつでもサポートする姿勢は見せても、子どもが息苦しくなるような行動は避けましょう。子どもが自分で問題解決する方法を学び、できるようになると信じてあげて下さい。それが子どもの自信にもつながります。

こちらの記事もお勧めです:過保護な母親の8つの特徴とは?

つまり高校生活を始めるにあたって、全員が正直に話して色々と明確にすることが必要です。そうすれば、学校初日のストレスを少しでも緩和できるようになります。ここで紹介した基本的なガイドラインに沿って、学校生活全般がより良くなることでしょう。

  • Eva Bach Cobacho. Adolescentes, qué maravilla. 2008. Plataforma Editorial S.L.