子どもの学校の成績へのご褒美と罰の使い方について

2019年6月1日
子どもの学校の成績に対してご褒美や罰を与えようと思ってる方、まずはこの記事を読んでみてから考えてください。

教育におけるご褒美と罰の有効性は親の間で現在も議論が分かれるところです。これはどちらの作戦も子どもに違った種類のモチベーションを与え、それはいつも効果的だとは限らないからです。この記事では、ご褒美と罰を学校の成績に対して使うことが良いことか悪いことかにについて分析していきます。

一般的に、ご褒美と罰が人の行動を変える可能性があるということを私たちは知っています。しかし、ご褒美と罰を使うことは、成績に集中した教育法が学ぶことの本当の意味に反する危険があります。

学習の目的が、その内容をマスターすることではなく、いい成績をとってご褒美をもらうことになってしまいます。その結果、難しい問題に対して革新的で想像力に富んだ解決法を探さなくなってしまうのです。

ご褒美と罰は子どもが自分の目標を達成するためのモチベーションとして使われます。ご褒美は子どもの振る舞いを形作るいい方法です。なにかいいことをしたら、私たちはそれに対して子どもを褒めます。

一方、罰はご褒美の反対で、きちんと目標に到達しなかったときに使われます。

子どもが学校で悪い成績をとると、アドバンテージが無いだけでなく、罰を受けるのです。例えば、外で遊ぶ時間が短くなったり、夏休みの間勉強しなければならなかったりします。

いい成績へのご褒美

多くの親が子どものモチベーションを保ちたいと思っています。ですので、ご褒美を使って小さな子供が良い成績をとれるよう励まそうとします。ご褒美にはさまざまな方法があり、プレゼントやいつもより長い時間遊ぶことなどがあります。

ほとんどの場合、親と子どもの両者がご褒美について合意している必要があります。目的は、子どもが特定の目標に達することを励ますことです。

子どもへのご褒美 ご褒美 罰  成績

ご褒美が子どもにいい成績をとろうとするモチベーションを与えるのは事実ですが、ご褒美だけがモチベーションになってしまうというリスクもあります。

 

ですので、学校の成績にご褒美を使うことにするなら、それが過度なものにならないようにしましょう。また、本当の成功とは知識を得ることだということを、子どもが必ず理解しているようにしましょう。

ご褒美としては、子どもが価値を置いている目に見えないものを与える方がいいということを考慮に入れなければなりません。その方が実際の世界で得られるものとしてより現実的です。例えば、子どもが良い行いやポジティブな態度をとった代わりに、何かをすることが許される、などです。

「ご褒美と罰を使うことは、成績に集中した教育法が学ぶことの本当の意味に反する危険があります。」

子どもが約束したルールを破った時に親は罰を使います。つまり、年の初めに親がガイドラインを設定します。そして、子どもがルールに従わなかったり、特定の目標を達成しなかったときの罰を一覧にしておくのです。

たいてい、罰には子どもが楽しんでいるものを取り上げることが含まれます。子どもが同じ行動を繰り返さないようにするためです。

子どもへの罰 ご褒美 罰  成績

ですので、罰への恐怖が、明確にされているルールに子どもを従わせます。これらの罰に触れることで、子どもは正しく行動するようになります。しかし、ときには恐怖のために、子どもがただ生き延びるために頑張るようになってしまうこともあります。子どもが自分のポテンシャルを最大限に引き出すことにはなりません。

悪い行為に対しての罰は、常に現実的で、論理的で、子どもの年齢にあった効果的なものでなければならないということを考えましょう。

最後に、ご褒美と罰は、子どもがセルフコントロールができるようになったときにやめるべきだということを忘れてはいけません。これは簡単ではありませんし、一晩でできることではありません。しかし、理想的には、子どもが成長するにつれて両方とも減らしていくことです。

私たちからのアドバイスは、子どもと常に話をすることです。なぜあなたが成績についてご褒美や罰を使うのかを説明しましょう。結局、学ぶことはあなたが与えられる最も価値のあることだからです。