妊娠中の胎児の体重:「デクセウスの法則」について

2019年6月7日
赤ちゃんはみんなそれぞれ違いますが、生まれてくるときの体重がどのくらいか事前にある程度わかる方法があります。一緒に見てみませんか?

妊娠中の赤ちゃんの体重を知ることは、親が医師と超音波検査を受けるときに知りたいな、と思うことの1つです。

その時点から、パパとママの頭は質問でいっぱい。実際には、妊娠3ヶ月後から、ほとんどの専門家はおおよその体重を推定することができます。

妊娠中の赤ちゃんの体重を量るために

超音波検査で簡単にわかるこの3つの相関関係を見て、医師が赤ちゃんの推定体重を出します。ただし、これには約10%の誤差があります。

乳児 妊娠中   赤ちゃん   体重 デクセウスの法則

デクセウスの法則

妊娠中に赤ちゃんの体重を計算するために医師が使用する方法の1つは、デクセウスの法則と呼ばれています。この名前は、この法則を作り出したカタロニア人の婦人科医サンティアゴ・デクセウス氏にちなんで名付けられました。

デクセウスの法則は、胎児の体重は妊娠3〜6ヶ月の間、毎月2倍ずつ増えるとします。残りの3ヶ月で、体重は毎月700g増加します。

この法則は以下に示すように、妊娠3ヶ月の125gの体重から始まる計算式にまとめることができます。

  • 3ヶ月:125g、4ヶ月:125 × 2 = 250g
  • 5ヶ月:250 × 2 = 500g
  • 6ヶ月:500 × 2 = 1000g
  • 7ヶ月:1000 + 700 = 1700g
  • 8ヶ月:1700 + 700 =2400g
  • 9ヶ月:2400 + 700 = 3100g

この計算式は赤ちゃんの成長を見守ることができるように、医師の判断材料になる方法です。ただし、最終的な体重は、成長に関連する様々な要因によって影響されます。

 

それってどんな要因があるのでしょう?例としては、妊婦の遺伝的要因、栄養と食事習慣、そして気分などが挙げられます。

こちらもお読みください:出産中の吐き気と嘔吐について

赤ちゃんは皆それぞれ

生まれてからももちろんですが、子宮内にいる間も、赤ちゃんはそれぞれ違った成長をします。平均値との比較は可能ですが、常に差はいくらかあります。

赤ちゃんの発育が健康であるかどうかを判断できるのは、医師だけです。そのために妊娠中は定期的に超音波検査を受けます。

もちろん、妊娠中の赤ちゃんの体重は重要です。なぜなら、体重は健康的な発育に関連しているのが一般的だからです。

出産時から周りの温度が変わるため、出産までに適切な体重を維持することも重要です。この温度変化は、赤ちゃんの体脂肪が適切量あるかによって、子どもに多かれ少なかれ影響を与えることがあるのです。

最後に、赤ちゃんはへその緒を介して直接栄養を摂取していた状態から、母乳やミルクを飲む状態に移行する必要があります。この移行がうまく行くには、体重に関連して変わる吸う力が十分にあることが大切です。体重が重いほど、成長しやすくなります。

こちらもお読みください:ハイリスク妊娠の場合に現れる妊婦の5つの感情

超音波検査 妊娠中   赤ちゃん   体重 デクセウスの法則

良好な栄養状態

妊婦がバランスの取れた食事をしているのが理想的です。赤ちゃんの発育に必要な全ての栄養素を提供する、栄養満点の食事を食べることは非常に重要です。妊娠中それぞれの段階で適切なサプリを摂ることも重要です。

胎児の成長カレンダーや成長表など、様々な情報があふれていますが、あなたの妊娠状態が健康的かどうかを判断できる唯一の人は医師だけです。なので医師がそう言わない限り、赤ちゃんの体重が平均から少し外れていたとしても心配しないでくださいね。