出産中の吐き気と嘔吐について

· 2019年4月10日
嘔吐はとても不快なことですが、出産中においてはさらにそうです。この問題はさまざまな要因によって引き起こされる可能性があり、妊婦さんはいくつかの点に気を付けなければなりません。

出産中の嘔吐は時々起こることです。ほとんどの場合なんの前触れもなく起こりますが、これについてどんなことを知っておくべきなのでしょう?

出産中の嘔吐はホルモンの変化や出産中に膣を検査したためなど様々な要素によって引き起こされます。吐き気と嘔吐をコントロールする方法はたくさんあるので、この記事を通して詳しく見ていきましょう。

嘔吐は一般的な現象で出産中だけでなく妊娠期間を通して起こるということが研究によって証明されています。実際、嘔吐は妊婦さんの70~80%に起こるのです。

吐き気や嘔吐に苦しむほとんどの妊婦さんは妊娠初期に症状が出ますが、妊娠期間を通してこれらの症状が出るという人も少ない割合ですが存在します。

疲れと脱水症状

妊婦さんは嘔吐のために疲れを感じることがよくあります。身体的な疲れと脱水症状は、妊婦さんの感情にも直接的に影響を及ぼしかねません。イライラして、もうやめたいと思ったり、恐れや混乱を感じるかもしれず、それはその人がどのように出産を行うかにも影響を及ぼします。

嘔吐の結果として脱水症状になると、生理学的に言うと女性の体には妊娠中を通して続いてしまうかもしれない問題が発生するのです。一般的に、ケトーシスのせいで出産が遅くなったり、止まってしまうことさえあります。

皆が妊娠中のつわりについて話しているのを聞くことはよくありますが、辛い陣痛と共に吐き気と嘔吐が出産中に出ることもよくあるということを話す人はいません。

さらに、痛みだけが気分を悪くする要因ではありません。血圧が急に下がると、無痛分娩の薬も出産中に吐き気を引き起こすこともあるのです。

何が嘔吐を引き起こすにしても、あなたがしなければならないことで最も大切なことは、水分をしっかりとることです。

出産中の吐き気と嘔吐 出産中 吐き気   嘔吐

出産中の嘔吐の原因は?

1.食べ物の摂取を制限すること

出産中にお腹が空いたりのどが乾いたりする人もいます。最初の出産のときは特にそうです。出産の早い段階で食べておくことは特に重要です。出産でアクティブになる段階で必要なエネルギーを摂っておかなければならないからです。

ストレス要因に加えて、出産中に食べ物の摂取を制限することで脱水症状とケトーシスを引き起こす恐れがあります。これは体がエネルギーを得るために脂肪を燃やし始めると起こります。

2.脱水症状

出産中、普段と同じくらいあるいはそれ以上の水を必ず飲むようにしなければなりません。脱水症状はおそらく妊娠中や出産中に吐血を引き起こす主なきっかけです。

体の中に十分な水分が無いと、吐き気を引き起こします。

水分不足によって圧力が高まり、胆汁色素や血液を吐いてしまうのです。

「出産の早い段階で食べておくことは特に重要です。出産でアクティブになる段階で必要なエネルギーを摂っておかなければならないからです。」

3.薬

出産中に投与される痛み止めの薬や麻酔の中には、嘔吐を引き起こす原因になる恐れのあるものがあります。

薬が投与されたり、意識を失ったりしたら、呼吸や飲み込むことをコントロールできなくなるということを覚えておいてください。それにより嘔吐がより起こりやすくなります。

出産中の嘔吐の原因 出産中 吐き気   嘔吐

4.食べ物と飲み物

特定の食べ物や飲み物の中には出産中に嘔吐を誘発するものもあります。その場合は、ジュースではなく水を飲み、スープやバナナなどの食べ物を食べましょう。

さらに、嘔吐は隠れた恐怖や心配の反映かもしれません。強い感情が出産中に存在すると、それが身体的にも大いに影響する可能性があります。事前に心配事を特定し解決しておきましょう。

最後に、嘔吐しにくくするためには、出産の最初の段階で軽く食べておいた方がいいということを覚えておいてください。そうすれば、アクティブな段階になってからは水を飲むだけでよくなります。