将来最もよく使われるようになる6つの言語を知っていますか?

2019年9月30日
英語、スペイン語、中国語、ロシア語など、現在世界で利用される重要な言語がたくさんあります。子どもが将来仕事をしていく上で、パワフルな言語力を習得しておくときっと役立つでしょう。

複数の言語を話せるという能力がますます価値あるものとなってきています。それは一般教養としても大事ですが、就職やビジネス界で注目されています。それでは、将来最もよく使われる言語はどれでしょうか?

企業や雇用側は、履歴書や学位の証として第二外国語が挙げられることだけを求めている訳ではありません。むしろ志願者の言語能力がかなり上級であり、会社のニーズに確実に応える力を備えているか確認したいのです。

就職面接では各社の評価があり、また必要な言語での面接もあるでしょう。求人資格として最も挙げられる言語は、世界で3番目に話者の多い英語です。しかし将来はそれも変化していく可能性があります。

こちらも参考にしてください:バイリンガルを育てるためのアドバイス

これから将来最もよく使われる言語について、様々な要素を見ていきましょう。その言葉を習ってみてはいかがでしょうか? 子どもと一緒に言語を学ぶのもいいですね。

 

将来最もよく使われる6つの言語

中国語(官話)

世界中で中国語を学ぶ人が急激に増えてきたのは最近の傾向です。10億人もの人が中国語を母国語として話すのに加え、地球で最もよく使われる言語なのです。

将来中国語が最もよく会話に使われて、価値ある言語となることでしょう。それは世界の人口統計においても上を行く、中国の公用語であることが主な理由です。中国は世界経済で最も力のある国と予想されています。

専門家によると数年以内に、中国語は英語に続き就職のための第二の必須外国語になると推測されます。その後、特に技術部門ではいずれ英語を超えて、最も経済的に求められる言語となるでしょう。

中国の国際ビジネス企業に関わる人は皆英語を話し、または通訳を通して会話をします。しかし自分で会話ができた方が、確実に有利になることでしょう。もし新たに言語学習を考えているなら、中国語に挑戦してみるのはいかかですか?

将来最もよく使われる 言語 :中国語

英語

英語を話す人も多く、世界で最も重要な言語の一つです。4億人もの人が英語を母国語として、世界で最もよく勉強されている言語です。ビジネスやインターネットにおいては非常に重要な言葉と言えるでしょう。

中国語の勢力が強まっていて英語を超える勢いではあるものの、やはり英語は影響力のある言葉です。世界中で経済的パワーを持つ国々の公用語でもあります。そして英語は外交用語として使われているので、これからも交渉などは英語が利用されるでしょう。

スペイン語

スペイン語も多くの人に使われる言語で、世界では2番目によく活用されています。スペイン語を母国語とする人は5億人で、22カ国においてスペイン語が公用語として使われています。そして英語に続いて2番目によく勉強される言語です。

専門家によると、長期的に見てスペイン語はこれからも重要で、必要性が高まる可能性もあります。スペイン語圏の国々は、主にラテンアメリカにおいて経済成長が期待される国々でもあります。そこで将来的にもスペイン語はよく話される言葉だと言えるでしょう。

「専門家によると数年以内に、中国語は英語に続き就職のための第二の必須外国語になると推測されます。近い内に最も経済的に求められる言語となるでしょう。」

アラビア語

現在アラビア語は世界で5番目によく使われる言語で、23カ国の公用語に指定されています。アラビア語の将来性はかなり強いと思われます。

中東での経済発達には目を見張るものがあり、特にドバイは秀でています。その結果多くのビジネスが世界的にこの地域に注目するようになりました。アラビア語を学ぶのはけして簡単ではありませんが、将来への素晴らしい投資となることでしょう。

ぜひこちらの記事もお読みください:外国語を習得するためにぜひおすすめしたい8つのアプリ

ヒンディー語

ヒンディー語は世界で4番目によく話される言葉で、3.8億人の話者がいます。将来もこの言語の利用者は多いと専門家は見ています。それは急激な人口増加だけでなく、インドの経済成長への期待と可能性が大きな理由となっています。

将来最もよく使われる 言語 はどれ?

ロシア語

現在ロシア語は世界で7番目に最も使われる言語に挙げられています。それと同時にヨーロッパ最大の経済国の公用語であり、世界経済ではトップ5番目に入っていると世界銀行は報告しています。

ロシア経済はこの経済安定を保ち、成長が見られると思われます。ロシアの生活水準が上昇してきたことも、ビジネスや観光、エンターテイメント部門において、ヨーロッパやアメリカの注目が集まる原動となっています。

 

最後に結論として言えるのは、子どもが何か言語を学ぶにあたり、様々な方向性があり、いくつもの選択があります。ぜひ覚えておきたいのは、子ども達の教養とその先の将来までも言語が大きな影響を与える要素になるということです。