ちびっこ起業家たちの刺激的でためになるストーリー

2019年4月24日
起業家の子どもたちは彼らのその創意工夫と、自分のアイデアの表現力で私たちに刺激を与えてくれます。この記事では、実に素晴らしい現代のサクセスストーリーをいくつか紹介します。

多くの人にとって起業が身近な生き方となった今、インターネットなどのツールを使って個人のプロジェクトを大規模に成長させようとする起業家は大勢います。これは何しも大人だけに当てはまるわけではありません。すごいアイデアを持つ頭がキレる起業家の子どもたちは、自分たちの成功の道を自ら開くことにしました。

目標を設定して達成することに年齢制限はありません。子どもは非常に早く、それこそ時には本当に信じられないほどの速度で学習します。

起業家の子どもの多くは、ビジネスを創造するためのごく小さなアイデアから始めて、それがちょっとした露天販売であろうと、あるいは最新の技術を駆使したウェブベースのプロジェクトであろうと、ごく初期の段階から兆候を見せ始めます。

 

起業家の子どもたちのお話

起業は容易ではありません。子どもたちは、その過程で起こり得る困難、そして成功と失敗の両方にどう対処するかについて学ばなければなりません。この記事では、幼くして起業した起業家の子どたちの物語をいくつか見ていきます。

こちらもお読みください:子育てママだって働くママです!

チャールズ・オーグボン(Charles Orgbon)

12歳の時に、チャールズくんはリサイクルを促進するためのウェブサイトを作成しました。これは後にGreening Forward(グリーニング・フォーワード)と呼ばれる、より実質的なプロジェクトへと成長します。チャールズくんは現在ジョージア大学で学生をしており、カリフォルニア州全体で自身の会社の運営を管理しています。彼のウェブサイトはこの分野で最も重要なもののひとつです。

EvanTubeのエバン

父親の助けを借りて、エバンくんはわずか8歳で、EvanTube(エバンチューブ)と呼ばれる自分のYouTubeチャンネルを立ち上げました。このプラットフォームを使って、色んなおもちゃをレビューし、自分の年齢の子どもたちが興味を持っているテーマについてコメントします。エバンくんのスタイルと好みが手伝って、オンラインで急速に成長しているのは明らかです。

パソコンを使う子ども 子ども 起業家 起業

ロバート・ネイ(Robert Nay)

わずか14歳で、ロバートくんはスマートフォン用のゲームを開発し、Apple アプリストアのランキングで急上昇しました。「バブルボール」と呼ばれるロバートくんのゲームは、なんと世界的に有名なアングリーバードを超えて、そしてその過程でたくさんのお金を稼ぎました。

クリスチャン・オーウェンズ(Christian Owens)

クリスチャンくんは、14歳で初めてコンピューターを手にしたあと、すぐにウェブデザインについて学びました。同年、簡単なウェブデザインパッケージを提供するサービス、Mac Bundle(マック・バンドル)を設立します。現在、さまざまなデザインサービスを提供する会社と成長しています。

こちらもお読みください:図書館の教育的な価値について

アドーラ・スヴィタク(Adora Svitak)

アドーラさんは現在23歳ですが、ビジネスを始めたのは7歳のとき。そんな幼い頃に、夢を叶えるために創造的であろう、と子どもたちを励ますテーマで本を執筆しました。現在、アドーラさんはさまざまな会議を開き、エッセイ、ストーリー、詩、ブログ、そして本を書いています。

アダム・ヒルドレス(Adam Hildreth)

アダムくんが14歳のとき、お友達たちと力を合わせてDubit(ドゥビット)と呼ばれるソーシャルネットワーキングのプラットフォームを作成しました。イギリスで最も人気のあるサイトのひとつになった後、アダムくんは、ウェブサイトを閲覧している子どもを保護するソフトウェア会社であるCrisp(クリスプ)を作成することにしました。

キャメロン・ジョンソン(Cameron Johnson)

キャメロンくんが両親に近所のパーティーのために招待状を作るように頼まれたとき、キャメロンくんは11歳でした。パーティーの参加者はキャメロンくんの招待状をとても気に入り、仕事の依頼をするようになりました。

このデザインの成功に基づいて、キャメロンくんは14歳でCheers and Tears(チアーズ・アンド・ティアーズ)という会社を設立し、オンライン広告とソフトウェア開発に専念しました。

YouTubeのようなプラットフォームで視聴可能なチュートリアルで、子どもたちは簡単に幅広いスキルを学ぶことができます。

オンラインビデオを見る子ども 子ども 起業家 起業

エミル・モティチカ(Emil Motycka)

エミルが9歳の時に芝刈りプロジェクトとして始まったのが、18歳になる頃にはMotycka Enterprises(モティチカ・エンタープライズ)という会社になりました。学業がある10代の身だったので、夜勤をしなければなりませんでしたが、エミルくんは自分のアイデアを貫いて会社を設立することができたのです。

クック家のジェフ・デイヴ・キャサリン(Geoff, Dave and Catherine Cook)

クック兄弟姉妹は学校でお友達を作ろうと、My Yearbook(マイ・イヤーアルバム=私の卒業アルバム)を作ることにしました。後々、これがMeetMe(ミートミー)となります。このサイトは、さまざまな学校の生徒に使用されており、フェイスブックが大人気になる前からあり、今もなお存在しています。

子どもたちは信じられないほど機知に富み、創造的です。重要なことは、親が子どもたちを支援し、子どもが考えを追求し、夢を叶えることができるようにすることです。

起業家精神が現在身近なものになってきており、今後数年間で大人顔負けの起業家である子どもたちからより多くのプロジェクトを期待することができるでしょう。