子どもの言語習得を促す5つの行動:子どものお手本になろう

2019年6月30日
コミュニケーションはどんな人の生活でも必要不可欠です。ですので、子どもの言語習得を強化するのに役立つ方法を知ることは、子どもの社会的・感情的発達のためになるはずです。

話すことは、人間がお互いと交流するのを容易にします。赤ちゃんがお母さんの子宮にいる時から言語を発達させることは、他の人たちと社会で共存するために重要なことです。子どもの言語習得を促す5つの行動を紹介します。

子どもの言語習得

自分の子どもが他の子と同じ時期に言葉を話し始めないと、たくさんのママたちが心配します。言語習得は様々な要因に影響されます。そのうちのいくつかは、子どもの健康状態と関係があります。より具体的に書きますと、神経系、聴覚、そして話すために必要な筋肉が正しく発達しているか、に関係しています。

子どもが日頃接する大人との関係性も、言語習得に影響を与えます。コミュニケーション力を強化し、そして動機付けになるためには、大人との関係性は適切な刺激を与えるものでなくてはいけません。

大人とのやりとりや、大人を真似することで学ぶように促さないとダメです。子どもたちの学習の大部分は、両親の会話を聞くことです。

こちらもお読みください:0~5歳の子どもの運動発達

子どもの言語習得を促す行動

生後0〜6ヶ月

赤ちゃんがバブバブ言うだけでも、とにかく話しかけよう

赤ちゃんが生まれた時から、赤ちゃんに話しかけ続けましょう。たとえ赤ちゃんは大人の言うことがわかっていないし、反応することができない、と思っている時も、話しかけてください。

子どもの言語習得を促す行動の1つは、赤ちゃんの時から周りがコミュニケーションを取ることです。

親の声を聞きながら、赤ちゃんは音と物を関連づけます。赤ちゃんに短いお話を読み聞かせて、口の動きを真似したり、音の真似をするように促してみましょう。

話そうとする子ども 子ども 言語習得 

赤ちゃんが発する音を真似しよう

赤ちゃんがバブバブ言い始めたら、赤ちゃんの目を見ながら真似してあげましょう。こうすることで、赤ちゃんは話してコミュニケーションを取ることを始めるようになります。

大人が自分が発した音に似た音で反応を返してくれると、「理解される」という目標に達成できた、と赤ちゃんがわかるのに役立ちます。

こちらもお読みください:子どもの発達に欠かせないベビーウェアリングの重要性

生後6ヶ月以降

顔のマッサージ

赤ちゃんの顔を優し〜くマッサージすると、言語に関わる筋肉が刺激されます。頰、上下の顎などの筋肉です。

このマッサージは筋肉の刺激だけではなく、ふれあいを通して親と赤ちゃんの絆を強めます。

このタイプの刺激は、語彙を増やすために、赤ちゃんが自分の顔の筋肉に慣れるのに役立ちます。顔の部位を指差して、部位の名前を言うと、赤ちゃんの中でその言葉が刻まれることでしょう。

マッサージと同時に、部位の名前をゆっくり、はっきりと言います。この行動が、赤ちゃんの言語習得を促すのです。

呼吸法

呼吸に関する行動も、子どもの言語習得に役立つ行動の1つです。

まず、子どもに「吸う」「吐く」「吹く」の違いを教えます。それから、息の強さ、持続時間、方向を制御するように学ばせ、言葉を正しく発音できるように教えます。

子どもの言語習得の手助けになる遊びには、たとえばピンポン球を使ったゲームがあります。

ボールを安定した面で転がすためには、ボールに息を吹き付ける必要があります。加えられた強さによって、ボールがどのように動くのか、動く速度や方向を実験することができます。

他にも楽しい呼吸法として、フルート、ハーモニカ、口笛などの楽器を使うものもあります。これらを使い、子どもたちは息を吹くのに必要な空気量を制御できるようになります。そして、その強さによって、楽器の音や持続時間が変わるのを聞くことができます。

遊びながら学ぶ 子ども 言語習得 

子どもをサポートし、手本になろう

子どもの適切な言語習得に関しては、最も重要なのは周りの人が手本になり、子どもをサポートしてあげることです。

子どもたちが話そうとしている時に邪魔せず、敬意を持って聞いてあげる必要があります。子どもが間違っても、批判やからかうことはせず、辛抱強く正してあげましょう。

子どもがいるときは、子どもの言語習得について批判的なことは言わないであげてください。

批判的な声を聞いてしまうと、親の期待から正反対の反応を示す可能性があり、事態を悪化させるだけです。さらに、子どもの自尊心も傷つけてしまいます。

子どもたちの言語習得を後押しする遊びはたくさんありますが、サポートを絶え間なく与えつつ、子どもたちのペースで学ばせてあげることが絶対に必要です。