子供をやる気にさせる言葉とは?

子供を勇気付ける声がけの大切さを知り、あなたがお子さんのことを信じていることを知らせてあげましょう。
子供をやる気にさせる言葉とは?

最後の更新: 27 11月, 2018

子供たちを励ますような、やる気を起こさせる言葉をかけてあげることで、子供が健康的な習慣を身につけ、自分自身への自信を持てるようになるでしょう。時に、シンプルな言葉がけが、ゴールを達成しようとしている子供を励ますのに十分だったりします。

もし子供が前向きであるなら、それだけですでに成功への第一歩を踏み出しているのです。やる気のある子供は、目標の達成、そのためのタスクに取り組むこと、新しいことを学ぶこと、そしてそれらを楽しみながら行うことができるのです。

子供たちのやる気を引き出すのに効果的な言葉はたくさんあります。その中で正しいものを選ぶことによって、大きな違いが生まれることでしょう。

ポジティブなものの見方をする

まずは、ポジティブな見方で世界をみることを子供には教えなくてはいけません。成功への第一歩は家庭から始まり、両親が子供にとっての見方でなければなりません。

ここでご紹介する、やる気を起こさせる言葉がけを行うことで、多くのことが達成できるでしょう。失敗と成功の違いをどう生むことができるか、それをご紹介します。

子供たちの好奇心を掻き立てるためには、ゲームを取り込むことが大切です。本人だけではやりたがらなそうなことへの興味を起こさせましょう。

そうすることで、そしてこのチャレンジによって、子供がプレッシャーを感じ流ことなく目標を達成しようという気になることができるのです。

どんなことを言ったらやる気を起こさせることができるかを知りましょう。「今日はハッピーになれる素晴らしい日だね。」などは、朝一番に言うには大変良いフレーズでしょう。

自分自身への自信

子供がまた小さなうちから、自分自身への自信を築き始めることは大変重要です。それこそが、大人になってから前向きに生きていく男性、女性を作るからです。

「頼りになるって知っているよ」などは自信を与えると同時に、頼られていると言う責任感も生みます。「できるってわかってるよ」「大好きだよ」「任せたよ」なども同様のメッセージを伝えることになるでしょう。

子供をやる気にさせる言葉

子供が頑張ったことを、ポジティブな言葉で褒めてあげることは長期的に見ても必ずや良い結果につながるでしょう。そのほかにも、子供をやる気にさせる言葉にはこのようなものがあります。

  • 「やってよかったね」
  • 「できるってわかってるよ」
  • 「いっぱいできたね」
  • 「良いアイディアだね」
  • 「間違えても良いからやってごらん。自分でなんとかできるってわかってるよ。」

子供が頑張ったこと自体を認識してあげることも大切です。「間違えたと言うことは、頑張っているって言う証拠だよ」などは、辛抱強さを促すでしょう。

正直さも、見落としてはいけない重要なポイントでしょう。「誰も見ていなくても、正しいことをしなさい」などは、子供にとって大変重要なメッセージと言えるでしょう。

子供をやる気にさせるポジティブな言葉

子供にはポジティブな言葉が必要です。それは、言葉によって行動を促されるからです。「挑戦しないことの方が、失敗するよりもよっぽど残念」などは、子供が諦めそうになった時に効果的です。「もしできると自分が思ったなら、必ずできるよ」などもそうでしょう。

また、「自由な考えをすれば、どんな自分にもなれるよ」などと言って、子供たちの想像力を掻き立ててあげることも重要でしょう。

子供が大きくなるにつれて、言葉の使い回しを変えていくのもポイントです。子供たちの状況を考慮させてあげられることが、より賢い人として成長することへつながるでしょう。

「自分の恐れよりももっと大きな夢を持ちなさい」「熱中できなければ何事も達成できないよ」

子供たちはポジティブな声がけを必要としています。言葉が彼らを行動に移させ、途中で諦めないことを促すからです。

まずは始めてみることが大切」などは、子供を行動へと促すのに良いフレーズでしょう。

そして挑戦することができたら、しっかり褒めてあげましょう。

  • 「やったね!」
  • 「すごい!」
  • 「よくできました!」
子供を やる気にさせる言葉

自分で考え意見を持つ

「できると自分が信じる限り、なんでもできる」「常に前向きに考えられるなら、ポジティブにいられる」などと言ったフレーズを、子供たちは理解できます。

このようなフレーズは、子供たちに自分自身で考える機会を与え、自分の物の見方を持たせ、他人がなんと言うかを気にしないようになることを促します。

「どう思うか教えて」「そう思う?」「よく気がついたね」「質問することを恐れちゃだめ」などと言ってあげましょう。

子供のパーソナリティに関することであれば、長所により目を向けさせるような言葉を選びましょう。

例えばこのような言葉が挙げられます。

  • 「あなたのそう言うところが好き」
  • 「よくできたって言ってあげようよ」
  • 「(私はあなたを)すごいって思うよ」
  • 「一緒にいるのが大好きだよ」
  • 「あなたみたいな人はいないよ。あなたは特別だよ。」

より理解力が身についてきた頃には、これらのフレーズが、何かを途中で諦めさせないことに有効でしょう。「何かを始めることはとても勇気のあること。でもそれを終わらせることで、あなたの忍耐強さを示すことができるよ」「将来を予測するためには、何かを作り上げなければいけない」

子供には常に前向きに話しかけ、子供を非難するのではなく、気分の良くなるフレーズを使うことが重要です。

一方で、子供を考えさせるだけではなく、一生懸命にさせる大変強いメッセージを含むフレーズがあります。「暗い夜は必ず明ける」「どんなに困難でも希望は決して捨ててはいけない」

「なんでうまくいかないのかを考えるのではなく、代わりに、なぜうまくいくのかを考えなさい」「考え方を自分で変えられる人が、自分の運命を変えられる」

子供には常に前向きに話しかけ、子供を非難するのではなく、気分の良くなるフレーズを使うことが重要です。子供を勇気付ける声がけの大切さを知り、あなたがお子さんのことを信じていることを知らせてあげましょう。

そうすることで、忍耐強く、成功への大きな可能性を秘めたお子さんに育つことができるでしょう。

こちらの記事もおすすめです。
ネバーエンディングストーリーから学ぶこと10選
わたしママで読むことができます。 わたしママ
ネバーエンディングストーリーから学ぶこと10選

ネバーエンディングストーリーは、何かを学ぶという意欲と、目標を達成するためには自分を信じなければいけないことを教えてくれる素晴らしいお話です。このファンタジー小説は前例のない成功をおさめ、後に『 ネバーエンディングストーリー 』として映画化されました。