子どもが書き間違いをたくさんしてしまう

19 1月, 2019
子どもによっては、正しく言葉を書くのが難しいこともあるでしょう。この記事では、あなたがお子さんの書き間違いをどのようにサポートしてあげられるかを紹介します。書き間違いを正すために是非参考にしてみてください!

読み書きができるようになるのは、子どもにとっては長く複雑な課題です。お子さんが書き間違いをたくさんしていることに気が付いたら、それを改善するためにはいくつかのやり方があるということを知っておいてください。この記事では、必要なこと全てをお伝えします。

言葉遊び、転写、たくさん本を読むことは子どもが書き間違いをしなくなるのに役立つベストな方法のいくつかです。

 

今回は、お子さんが書き間違いをしなくなるのに役立つアドバイスをいくつかご紹介します。それを参考にしつつ、忍耐強く、たくさん頑張って努力することで改善を図ることが目的だということを忘れないでくださいね!

子どもが書き間違いをしなくなるのに役立つアドバイス

1.発音を意識しましょう

子どもが書き間違いをしなくなるためにまずおススメなのは、お子さんに音声により注目させることです。これはより正確に文字を書く上で基礎的なことです。

子どもは文字を書こうとする前に、言葉を正しく発音する方法を学ぶ必要があります。

これはつまり、子どもが発音された言葉の中にある音を認識し、聞き分けられるようになる必要があるということです。そうして初めて、それを文字にすることができるのです。

しかし、音声と発音の分野が苦手だという子もいます。その場合は、親や先生がその分野を手伝ってあげましょう。

2.言葉遊び

遊びながら勉強しましょう。言葉遊びは子どもに正しく文字を書く能力を測るのに楽しい方法だということを心に留めておくのがいいです。同時に、これは新しい言葉を学ぶのにも素晴らしい機会となります。

子どもの書き間違いをなくすために

さまざまな遊びを活用することができます。昔からあるボードゲームをするのももちろんいいでしょう。子どもが正しく文字を書くのを助けるため、そしてそれを楽しみながら行うためには、こういったツールはとても素晴らしいものです。

子どもは遊びが大好きだということを忘れないでください。学習は楽しみながら行っているときの方がいつだって学びやすくなるのです。

3.短いディクテーションを行う

3つめのおススメは、1つか2つの文の短いディクテーションを行うことです。これにより、子どもが書き間違いをすることを減らすのに役立ちます。何か思いつきのことでもいいですし、子どもが興味のある雑誌や本から抜粋してもいいでしょう。

同時に、子どもが家でも学校でも、本を参照しやすくしておくことも大切です。お子さんの間違いを正すときには、その間違いについて話し合い、改善のための出発点として使用しましょう。

「音声に注目するということは、子どもが発音された言葉の中にある音を認識し、聞き分けられるようになる必要があるということです。」

4.頻繁に本を読むこと

子どもが正しく言葉をかけるようになるために最も良いアドバイスの一つは、本をたくさん読むように促すことです。一日に最低でも30分は読書をするのが理想的です。

読書は語彙を発達させ、文の作り方を改善するのに素晴らしい方法です。これは読書をすることで、脳が子どもが読む言葉や文章を自然に取り入れられるからです。

同時に、お子さんの読書をするモチベーションを本当に高めたいなら子どもの関心のある本を探しましょう。もちろん、子どもが読書を日課として行うための時間と場所を見つけてあげる必要もあります。

書き間違い をなくすために

5.絵を描く

正しい言葉を書けるようになるためには、記憶術の一つとして絵を描くことを使うこともできます。絵を使うのは子どもが言葉の正しい書き方を覚えるのに最適な方法です。子どもを手伝うためには、書くのが難しい言葉を絵にしてあげるといいでしょう。

 

これをやるためには、子どもが難しいと感じている言葉の絵を描くだけで大丈夫です。実際に文字を絵にしてみましょう。そうすることで、文字を絵で捉えるができて、覚えやすくなるのです。

このように子どもが書き方を改善し、書き間違いをなくすのに役立つ方法はたくさんあります。

しかし、アクティビティを子どもに強制したり、要求をしすぎることは、逆効果になる恐れがあるということを心に留めておきましょう。助けるというより、この問題に対するお子さんのマイナスの気持ちを強めてしまうだけになってしまうかもしれないからです。

今回紹介した提案を試して、お子さんにポジティブなモチベーションを与えようとすることをお勧めします。お子さんに適切なモチベーションがなく、改善することに興味がない場合はこの作戦はうまくいかないでしょう。

  • Hernández Rincón, J. C. (2016). Pautas para mejorar la ortografía en casa en niños de 5 a 10 años. https://repository.unad.edu.co/handle/10596/6296
  • Díaz Perea, M. D. R., & Manjón Cabeza Cruz, A. (2010). Enseñanza y procesos de mejora en el aprendizaje ortográfico. https://ruidera.uclm.es/xmlui/handle/10578/8313
  • Gabarró, D. (2012). Dominar la ortografía. D. Gabarró, Dominar la ortografía, 34-38.
  • del Moral Pérez, M. E., García, L. C. F., & Guzmán-Duque, A. P. (2016). Proyecto game to learn: aprendizaje basado en juegos para potenciar las inteligencias lógicomatemática, naturalista y lingüística en educación primaria. Píxel-Bit. Revista de Medios y Educación, (49), 173-193. https://www.redalyc.org/pdf/368/36846509013.pdf