授業中しゃべり過ぎる子どもはどう対応するべきか

21 1月, 2020
今回は授業中しゃべり過ぎる子どもを助ける方法をご紹介します。

子どもが授業中しゃべり過ぎる時は、学校であまり集中できていないという事なので、それが成績にひびく可能性があります。子ども達は友達との交流に夢中で、休み時間やお昼休みなどおしゃべりに適した時間まで待てないこともあるでしょう。

それでも、授業中しゃべるのは授業の邪魔になります。先生に迷惑をかけて、教室内の他の生徒の気が散ってしまいます。

「特に指導に関して話を聞くことが、理解力の基本となります。出された指示を注意深く聞いて、生徒がそれを行動に移せることが大事です。特に幼稚園が重要な時期であり、その時点で先生の指導を聞くという態度を持つことが子どもの理解に役立ちます。」

– デビッド・パーキンス(グロリア・フォンセカの引用による) –

子どもが授業中しゃべり過ぎるかどうかを知るには、教師と常にコミュニケーションを保つ必要があります。これは子どもの行動だけが問題なのではなく、単に社会性の問題であり、子どもが話しを聞くという力を身に付けることが重要です。

これから紹介するアドバイスを参考にして、適切でない時に話してはいけないと子どもに自覚させましょう。子どもが授業中話を聞いて、課題などに集中すべきであると意識するようになるでしょう。

授業中しゃべり過ぎる子どもに対して両親はどう対応するべきか

子どもが授業中しゃべり過ぎる理由を探す

まず問題提起をする前に、なぜ子どもがしゃべり過ぎる傾向があるのか考えてみましょう。この問題に対して適切な対応をしないと、もっと複雑な問題になる可能性もあります。例として子どもが話をする理由として挙げられるのは:

  • 先生やクラスメートからあまり注目されていない気がする。
  • もっとチャレンジのある課題が必要である、または別の学習方法があっているなどの理由から、授業にやる気が起こらない。
授業中 しゃべり過ぎる 子どもはどうしたらいい?

  • 先生の指導や授業内容をなかなか理解できない。黒板に書かれた先生の字が問題なこともある。
  • 落ち着かない、または集中するためにはストレッチや筋肉をリラックスさせる必要がある。
  • 先生の指導内容に興味がない。
  • 教師の厳しさが足りない。

おしゃべりの多い子どもが適切な行動を取るように真似る練習をする

子どもが授業中しゃべり過ぎる場合は、家庭でできる練習をして学校での行動を向上させるようにしましょう。子どもに待つことを教えて、話を聞いて、衝動的な行動をコントロールすることが基本です。

まず最初は子どもが人の会話を中断しないで、自分の番が来るまで待つようにさせます。このような行動を見習う良い機会は、ボードゲームで自分の番を辛抱強く待ってから動くことです。

家庭で落ち着いた環境を保つ

子どもの行動を直す時は、いつでも子どもを尊重して親切に行いましょう。家庭での環境が落ち着いていて口論や緊迫感がない状態だと、子どもが不安になったり過度に自分に目を向けてほしいと思わなくなります。

作業に集中できなくなるような、子どもの気が散る原因になるものを取り除くようにする

授業中しゃべり過ぎる子どもに、視覚的または聴覚的な問題がないか確認します。

学校でしゃべり過ぎる子どもの多くは、よく聞こえない、またはよく見えないことがあります。まずは子どもの身体的理由が、学校での行動に影響していないかどうか調べておくことです。

子どもの健康が正常であることが分かった上で、社会面での対策方法を考えます。

家庭で規則を守るよう指導する

子どもが学校で規則を守るようにするには、家庭でも同じように規則を守らせるようにします。子どもは誰でも規律正しく規則を尊重する必要があります。子どもがしっかりしつけられていると、感情面で健康な大人に成長します。

特に重要なのは、辛抱強く規則を守らせるようにして、その指導が一貫していなければいけません。

授業中 おしゃべり

自分の子どもが授業中しゃべり過ぎて、担任の先生から報告をもらうのは嫌でしょうが、先生と一緒に協力することでそれを改善していくことができるのです。

最後に、学校生活に慣れていく段階にある子どもを応援してあげてください。親のサポートが学校で話を聞き、先生と良い関係を築くのに役立ちます。さらに他の人とのやりとりの方法を学び、みんなと仲良くできるようになるでしょう。