思春期になる前に子どもが学ぶべき10の教訓とは?

2019年3月24日
今回紹介する教訓はとても役に立つので参考にしてみてください。

子供が13歳になると思春期と言われます。お子さんがこの時期をスムーズに過ごすことができるよう、人生に関するいくつかの特定の教訓を学べているようにしたいものです。今回は、子供が13歳になるまでに学ぶべきと考えられる重要な10の教訓についてご提案したいと思います。

親として、きちんと子供を育てているか子供が将来のために必要としていることを教えてあげられているかどうかを、あなたはきっと自問したことがあるでしょう。忙しい毎日を送っているとつい、子供のために時間を見つけてあげる代わりに、子供の先生や友人から学ばせがちです。 

ですので、今回は子供が思春期になる前までに学ぶべき、重要な教訓をご提案したいと思います。10個のほかにも、教えるべきことはもっとあるかもしれませんが、その中でも今回紹介する教訓はとても役に立つので参考にしてみてください。

思春期になる前に子供が学ぶべき10の教訓

子供が小さなうちから学ぶべき、重要な10個の教訓を見ていきましょう。子供の年齢に合わせて少しずつ教えていくことをおすすめします。

1. 友情

友情というコンセプトは小さなうちから身についていきます。しかしそれらはまた、自身の経験や、メディアや映画、周囲の環境からの情報によって形作られます。

子供は、自分がほかの子供にとってどんな友達になりたいのか、そしてどんな友達を持ちたいのか知る必要があります。また子供は、他の子供との問題をどうやって解決するか、そして他の子供を手伝ってあげるために何をしたらいいのかを知る必要があります。

思春期を通し、子供にとって友情は大変重要なものであるという事実を認識しておきましょう。子供にとっては、友達が家族同様に重要なものになるのです。この点において、子供がよく理解できるように手伝ってあげましょう。

2. 死

死は、人生の一部です。子供を悩ませたくないからといって、死の意味を隠したり曖昧なものにすることはできません。家族に不幸があった場合に、痛みや感情を受け入れるために、子供にも死が何を意味するのか知る権利があります。

3. 感情に関するコミュニケーション

あなたは、子供に自由に感情表現をさせてあげなければいけません。そして自分の感情をどうコントロールするのか教えてあげましょう。自分の感情を否定したり押さえ込む事は、子供にとって理解しづらく、ネガティブな影響を及ぼしかねません。子供の情緒的な健康にかかわる問題ですので、もしかするとこれが、思春期になる前に子供が学ぶべき最も重要な教訓といえるかもしれません。

思春期になる前に子供が学ぶべき10の教訓 思春期 学ぶべき 教訓

4. 整理整頓

家の中にしても外にいても、子供が物事をきちんと管理することができることは重要です。自分に任せられた責任は何なのか、何をしなければならないのか、そしていつしなければならないのかを知る必要があります。子供の安全にも役立ちますので、子供には規則が必要です。

5. 自分の衛生面の管理

子供が学校に行き始めると同時に、自分の衛生面の管理は教えられるべきですが、特に思春期になると、子供の体には変化が起こります。そのためこの変化に合わせ、どのように自分の衛生面を管理したらいいのか、子供が知っておくことは重要です。

「教育とは質問に答えることではありません。教育とは質問に対する答を見つけるための手段です。」

-ウィロー・アリン

6. 共感すること

他人の立場になって考えられることはとても重要です。子供は自分自身の感情を理解するだけではなく、他人の感情を理解することも必要です。そうすることで、より効果的に他人とやり取りする方法を知ることができます。共感とは、口にするのは簡単ですが教えるとなると複雑なものです。

7. お金の重要性

お金の使い方は世の中に存在する基本的なコンセプトではありますが、それでもきちんと教えられなければなりません。子供はお金がどこからやってくるのか、ものを買うのにお金がどれだけかかるのか、そしてそのお金を稼ぐにはどのような仕事があるのかを知る必要があります。この学習と同時に、子供が必要なものを全て手にしていることに、どれだけの努力がされているのかを説明することが重要です。

8. 性について

思春期は、子供が自分の性に目覚める時期であるとされています。性について自然に話すことで、子どもとの信頼関係を強めることができます。性について語ることをタブーとすべきではありません。子供が思春期になる前に学ぶべき重要な教訓の一つだからです。

9. 自尊心

自尊心とは自分を愛し、自分の価値を正しく評価し、そして自分の強みや弱さについて現実的な認識をすることを含みます。そして必要なときには他人からの尊敬を要求することも含みます。子供の自尊心は、あなたが子供に抱くイメージや、それから子供に伝わるものによってとても影響けます。褒めすぎや注意しすぎにも注意しましょう。

思春期になる前に子供が学ぶべき10の教訓 思春期 学ぶべき 教訓

10. 責任

良くも悪くも、行動には責任がつきものです。ルールを守らなければ罰があることを子供は知っておく必要があります。同様に、目標に達成できれば報酬があることを学びます。子供の年齢に沿って、基本的なルールと責任について理解させ、その通りに行動させる必要があります。

最後に、お子さんは常に変化と新しいチャレンジに直面しています。親の権威を振りかざし、近づきずらい態度でいるのではなく、自分の経験について話すなどして子供を手伝ってあげましょう。