子どもの社会化の重要性について見ていきましょう!

2019年7月21日
子どものうちに社会に溶け込むことは非常に重要です。では一体なぜでしょう?

人間は社会性のある生き物です。私たちは全生涯を他人との交流や、社会へ溶け込むことに費やします。社会との交流は人間をストレスから守り、精神的、そして身体的健康の改善にもつながります。幼年期における社会化の重要性について、詳しく見ていきましょう。

現代の西洋社会における生活のペースは、人々が多様かつ不明瞭な役割を果たさざるを得ないような、異なる社会システムで生きることを強いています。そんな社会で生きるには、人間には特定の社会的能力が必要です。

社会化とは、社会の規範を学んで吸収し、社会的で自分自身を成長させる能力を習得し、他人との交流を通じてアイデンティティを築くことを可能にするプロセスです。お分かりのように、社会化は人としての成長にとって鍵となるプロセスです。

こちらもお読みください:子育てに関しては誰にも口出しさせない!

幼年期の社会化と、その段階と要因

社会化のプロセスは、大きく2つの段階に分けられます。

  • 一次的社会化。周囲の環境や人との最初の接触です。この段階では、主に練習や、見たり教えられたものを真似ることで最も基本的な能力を習得します。原則的には、これが日常生活での社会化プロセスで、ここでの要因は家族です。この段階では、保育園や幼稚園やメディアも社会化の重要な要因です。
  • 二次的社会化。より複雑で抽象的なスキルを身につけるための、より組織的な学習プロセスです。学校などの期間が主な要因です。この段階で、子どもは家族の枠組みを超えた新しい世界を発見し、社会的階級を理解し始めます。
子どもの社会化 子ども 社会化

しかし、この段階では両親はどんな役割を果たすのでしょうか?子どもが適切に社会化できるように、何ができるのでしょう?

こちらもお読みください:4つの効果的な子育て法とは?

社会化と家族

上記で触れたように、家族は幼年期における社会化の主な要因であり、また最も重要なものです。

子どもとのやり取りの仕方が、アイデンティティを築き、振る舞いを形成するための鍵となるでしょう。さらに、それぞれの社会活動が、子どもが将来持つ性格に影響を与えます。

気質が及ぼす影響

子どもが持つ気質は、幼年期における社会化の能力にとって重要な役割を担います。気質というものは先天的で、赤ちゃんが誕生した瞬間から持って生まれるものです。

中には、活発で、恐れを知らず、自分の環境に周りの子よりも敏感に反応する子どもがいます。しかし、他にも、物静かで落ち着いていて、用心深い子どももいます。このような子どもは愛着のある人にしがみつく傾向があり、周囲を探索しようとはしません。

バック(1991)の論文によると、奔放な子どもほど自分の振る舞いや反応の仕方によって、より社会的に豊かな環境を作り出すことが多いので、この気質が及ぼす影響は大きな問題です。内気な子どもに比べ、周りの人は自由な子どもをもっと刺激し、もっと注目を向ける傾向があります。

その間、抑制された子どもたちは刺激のない環境を作り出すことができます。ですので、社会化の機会や社会化におけるルールを学ぶ機会を逃してしまうのです。

したがって、子どもの気質に関係なく、社会的スキルを磨き、社会との関わりを持つ機会にあふれた刺激的で豊かな環境を提供してあげるようにしましょう。

子育てスタイル

笑い合う親子 子ども 社会化

その他の非常に重要な側面は子育てスタイルです。というのも、子どもに基本的なガイドラインを与え、世界の見方や世間での身の置き方を教えるもは子育ての方法によるからです。

子どもには、自分の気持ちに耳を傾け、感情の抑制の仕方を教えてくれ、探究心と決断力を促進してくれるような、公正で芯の強い親が必要です。また、親が一貫性があり合理的な境界線を子どものために設けることも必要です。

結局のところ、この世界はポジティブで安全な場所で、そこで十分に成長できる、という信念を植えつけてくれる親が子どもには必要なのです。