【ポジティブ思考リュックサックとは?】子どもの自尊心を高めよう

24 9月, 2020
このシンプルで実践的なテクニックを利用すれば、子どもの自尊心を高める手助けができます。ぜひ参考にしてみて下さい!

お子さんがしっかりと自尊心を持つことは健全な成長に不可欠ですよね。そのためには、「ポジティブ思考リュックサック」という訓練法の利用をぜひお勧めします。今回はみなさんの子育てのサポートとして役立つように、この興味深い手法を詳しく見てみましょう。

まず初めに、自尊心は自己の性質に対する自分の評価を指すということを覚えておいてください。この自己評価はその人の人生における体験、自己認識、さらに他の人の認識に基づいています。

このことからも、子ども達が小さい頃から身近にいる人達に愛され、受け入れられるという体験をすることがとても大事だというのが分かりますね。

「植物に水が必要なように、子どもには励ましが必要です。」

– ルドルフ・ドレイカーズ –

ポジティブ思考リュックサックで子どもの自尊心を高める

ポジティブ思考リュックサックでは、様々な経験、感情、思考を、再体験することになります。この演習の目的は、人が持つ長所や短所を改めて見直して、特にポジティブな資質や特徴に注目することで、子ども達がその先の人生で背中にしょって生きていく架空のリュックサックに入れるという面白い方法なのです。

自尊心 ポジティブ思考 リュックサック

主な目的は、今日のテーマである子ども達の自尊心を高めることです。自分を見つめ直すことで、子どもは次のような力をつけることができるでしょう。

  • 自己評価
  • 自己認識
  • 自分の資質を認識する
  • 自分の考えや気持ちを表現する
  • 自信を持つ
  • 自分を無条件に受け入れる

「自分を愛することが、生涯続く恋愛の始まりとなる。」

– オスカー・ワイルド –

ポジティブ思考リュックサック

この方法を実践するには次のような手順に従ってください。

  1. 子どもにリュックサックの絵と小さな紙を数枚与えます。空白の紙には石に見えるような円形を描いておきます。
  2. 各紙の円の中に、自分の長所と短所を書いてもらいます。
  3. その紙を全てリュックサックの中の部分に貼り付けます。
  4. この時点で、リュックサックはいっぱいで重いので、石をいくつか取り除く必要があることを子どもに伝えます。
  5. そこで、取り除きたい短所が書かれた紙にバツ印を付けて削除していきます。
  6. 最後に子どもの長所の紙にハイライトなどで色を付けて、目立つようにします。

この遊びによって、次のような子どもの精神的なプロセスに影響を与えてくれるのです。

  • 自分を見つめ直す。
  • 自己意識
  • 自己評価
  • 自己を受け入れる

これらは子どもの成長と健全な自尊心を持つために欠かせないステップと言えるでしょう。

自尊心 ポジティブ思考 リュックサック

幼少期の自尊心の発端

ここで覚えておくべき重要点は、子ども達が関わりを持つ社会環境が自尊心の発端であるということです。具体的には、子ども達が身近な人たちと深い絆を持つことで自分への尊厳が確立されます。それには家族、友達、先生などが入るでしょう。ここでの絆によって、子どもの自尊心に大きな影響を与えるのです。

子ども達は次に挙げられるような考え方によって自分の性質を捉え始めます。

  • 自分の行動や行いを他の人がどう解釈するか。
  • 自分の美徳や弱点に関して他の人が発する意見。
  • 他の人達、特に愛する人が示す自分に対する対応。

それを踏まえると、「ポジティブ思考リュックサック」の遊びだけでは、子どもの自尊心を伸ばすことができないことが分かりますよね。むしろこれは、あくまでそれを助長するためのツールです。

しかしここで重要なのは、毎日子ども達を励まして、きちんと注目してあげることです。そういった行動によって子ども達は自分に価値があることを知って、愛されると感じられるようになるのです。

「親が子どもの自尊心をバケツいっぱいにしてあげれば、社会に出てバケツにたくさん穴を開けられても、水が漏れて空っぽになることはない。」

– アルビン・プライス –

  • Orientados. (s.f). Autoestima: dinámicas. Generalitat Valenciana: Conselleria de Educación, Cultura y Deporte.