実践してみよう!子どものストレスを軽減する8つのコツ

2019年6月18日
子どもにかかるストレスを防ぐことは、大げさなことなんかじゃありません。むしろ、現代社会が親たちに課す要求だと言っても過言ではありません。

現代社会が子どもたちに課す要求を省みたとき、子どもたちにとってのストレスを防ぐ対策を講じることが重要だ言わざるを得ません。学業、家庭、そして社会のルールに適応するプレッシャーは、どれも子どもたちにストレスを感じさせるものです。

したがって、親はこれらの状況下でどうきっぱりと行動するか、子どもに教えなければなりません。実際、これは最も重要な親の仕事の1つです。

「完全なる幸福というのが不可能であるのと同様、ストレスなく生きることも不可能です。身体は、一方では周りの環境が課す要求に絶えず適応する過程で、そして他方では自然な発達の過程で成長します。子どもたちにとっては、自分たちの環境における一貫性を維持する過程で、変化するための多大な能力が必要とされます。」

– ホセ・ルイス・ゴンザレス –

子どもの気分や行動に急な変化があったなら、特別な注意を払う必要があるかもしれません。イライラ、不安感、そして原因不明の身体的症状さえもがストレスの兆候として挙げられます。

また、睡眠不足、食欲不振、やる気のなさなどもストレスの兆候と言えます。このような兆候が1つでも現れたら、ストレス予防の手段として、下記にご紹介する方法を試してみましょう。

子どものストレスを防ぐにはどうすれば?

1. ペースを落として、日常生活のプレッシャーを減らそう

いつも急かされると、平穏な時間が持てません。朝、学校に送る前に、落ち着いて準備ができる時間を与えるようにしましょう。

朝から怒鳴り声を聞いて、小言を言われて、忘れ物をしながら1日を始めているなら、リラックスした日を送ることなんてできません。夜に翌朝の準備が全部できていることを確認することで、朝をよりスムーズに迎えることができます。

こちらもお読みください:母親が父親よりもストレスを抱えている理由

2. できるだけ子どもと会話をしよう

何か子どもの生活の中でストレスになるようなものがあるかを知ることは、非常に重要です。学校での物事が順調かを訪ね、いじめられていないか探ってみます。何か怪しいサインがないか、見逃さないように注意を払いましょう。

もちろん、親が子どもの問題を全て解決することはできませんし、そうしようと試みるべきではありません。でも、子どもを正しい方向へ導き、物事に適切に反応する手助けをすることはできます。

3. 課外活動への参加を制限しよう

保護者たちは、様々な芸術活動やスポーツ活動に子どもを参加させる傾向にあります。子どもの興味を引き出して才能を養うのも大切ですが、子どもが子どもらしくいられる時間を与えることだって大切です。

子どもに課せられた責任と義務が行き過ぎで有害にならないように、親ができることをしましょう。

こちらもお読みください:人生の教訓が含まれているディズニー映画の7つのフレーズ

4. キッパリとした姿勢の手本になろう

他の記事でも繰り返し書いているように、子育てにおける最善の方法は、親が手本を見せることです。自分を試すような状況に置かれた時に、健全な反応をするように学んで欲しいなら、ベストなやり方は親がその手本を見せることです。

困難な状況に直面したら、心を開いて、楽観的に問題解決をする手本を見せることができる機会と思いましょう。

子どものストレスに関するその他のアドバイス

5. 健康的な睡眠の習慣を教えよう

十分な睡眠を取り、ちゃんと体を休ませている子どもは、ストレスに苦しむ傾向が少なくなります。さらに、睡眠を取ることで学校で学ぶ情報を処理する状態になることができます。

6. 子どもがテクノロジーを使い過ぎないようにしよう

スクリーンの前で何時間も過ごす子どもは、ストレスに苦しむ可能性が高くなります。テレビ、タブレット、携帯電話などから離れて、外で遊ぶように促しましょう。家族と充実した時間を過ごすこと以上に、リラックスできる方法はないんですから。

7. 呼吸法を教えよう

特にストレスを防ぐ方法として、子どものうちからヨガやマインドフルネスを学ぶのは早過ぎる訳ではありません。ヨガやマインドフルネスは、子どもが落ち着けるように手助けをしてくれます。感情のバランスを整えるために深呼吸をする、というような、簡単なことから始めるのが良いでしょう。

子どもとストレス 子どものストレス   軽減

8. 子どもと一緒に運動をしよう

ストレスは筋肉を強張らせますが、これは大人だけに限ったことではありません。子どもたちも同様に、心身の調和が取れる健康的な方法でエネルギーを発散する必要があります。

屋外で散歩をしたり、自転車に乗ったり、キャッチボールをするだけで、子どものストレスを軽減することができます。

子どもの突然な行動の変化に気づくことは、とても大切です。子どもが通常の様子からかなり違う行動をするならば、専門家に助けを求めることを躊躇しないでください。学校専属のカウンセラーや心理学者が、あなたの家族を助けて支えてくれることでしょう。

  • Gorsuch, R.L.; KEY, M.K. (1974). Abnormalities of pregnancy as a function of anxiety and life stress. Psychosom. Med. 36: 352-372.
  • Corraliza, J. A.