「里親」って何でしょう?:里親制度の仕組みと必要性

· 2019年5月13日
里親は保護者として機能し、本来の家族の状況が解決するまで子どもの世話をします。里親は、合法的に両親になるという意味ではありません。ここが、養子縁組と里親制度の主な違いです。

里親は子どもや青年期の未成年に一時的なケアを提供します。里親になった家族は、子どもが自分の生みの親の元に戻れるようになるまで、身体的、感情的、心理的、そして経済的に子どもを保護して世話をすることにコミットします。

里親制度は、無力な状況下にある未成年者のための一時的な保護措置です。生みの親や親戚が子どもの世話をできるようになるまで、里親が子どもを家庭環境に置きます。これがうまくいかない場合、また別の無関係の里親家族が子どもを受け入れます。

親が子どもの世話をすることができない場合、政府が子どもを保護します。子どものニーズを満たすために、少年センターが世話をすることもあります。しかし、長年に渡る観察の結果、「子どもの適切な発達のためには家族の一員のように感じる必要がある」と専門家たちは発見しました。最初の里親制度はこのようにして生まれたのです。

里親は保護者として機能し、本来の家族の状況が解決するまで子どもの世話をします。里親は、合法的に両親になるという意味ではありません。ここが、養子縁組と里親制度の主な違いです。

こちらもお読みください:この小さな命をとても大きく感じる理由とは?

里親制度の仕組み

里親は、子どもが本来の家族に戻ることができるまで、自分の家庭に迎え入れ、個人的、物質的、精神的、そして教育的な成長を後押ししなければなりません。

子どもが生みの親の元に戻るのは、本来の両親が子育て方法についてのトレーニングを受け、別離の理由となった衝突や状況を乗り越えたあとです。

里親制度は、子どもが元の家族との繋がりを保つことを容認します。つまり、里親の保護がある間、元の親と会うことができる、ということです。里親になったからと言って、子どもの両親になるわけではありません。

里親制度に関しては、法律によりその過程を取り巻く全ての当事者の権利と義務が決められています。また、子どもと本来の家族の文化的アイデンティティが尊重されることも法律で保証されています。

里親 里親制度  仕組み

里親制度には、施設に入るのとは異なる特徴がいくつかあります。子どもは家庭環境で里親から特別注意を払ってもらい、適切に成長できます。これらの点は関係者全員にとって極めて重要で充実した経験となります。

里親との共同生活は、元の親を離れるに至った原因が直るまで続きます。その一方で、養子縁組など、里親制度から離脱するための方法を見出す可能性もあります。

こちらもお読みください:母親の仕事は子どもを導き教育すること

里親が必要になる状況

経済的困難、健康上の懸念、両親同士の対立など、様々な状況が原因で里親が必要とされます。したがって、状況によって解決策が変わってきます。

例えば、生みの親の仕事が原因で子どもと親が一緒に居られないなら、子どもは週に数日の間だけ里親のところに行くだけかもしれません。

「里親制度は、制度に関わる全ての当事者の権利と義務を規制する法律によって形になっています。」

一般的なニーズや緊急事態に対応するために、保護者を短期間の間だけあてがうこともあります。これは、例えば入院中など、特定の期間中に両親が子どもの世話をすることができない場合に起こります。

最後に、最も一般的なタイプの状況は長期にわたる里親です。これは、子どもや乳児が生みの親の元へ戻るのがいつになるか予測できない場合です。

里子を育てるという難しい選択

「結婚している夫婦」が常に理想の里親とされます。その中でも、里子になる子どもと同年齢の子どもを持つカップルが優先されます。その後に、子どもがいない夫婦、そして最後に独身者が優先されます。

社会福祉班と医療班が、里親たちの準備、評価、支援に関わります。里親になるというこの特別な経験は、専門家の支援と援助によって行われなければならないので、専門家からの協力は要です。

難しい過去を持つ子どもを育てることは素晴らしいことですが、同時に挑戦的でもあります。子どもにとって、里親の家庭内は気まずく感じるかもしれませんし、困った言動に表れることがあるかもしれません。

里親 里親制度  仕組み

その意味では、里子が主に恐れていることは、元の家族を失うことである、という点を指摘するのが重要でしょう。結局のところ、里子は里親のことをよく知らないので、どれだけ頼りになる存在かを知りません。そのため、柔軟性を維持することが大切です。

里親制度の利便性

里親制度では、あらゆる年齢の子どもたちが、必要であればどんな時でも、元の家族とは別であっても同じように親切で協力的な家庭で育つことができます。長年の経験に基づいて、里親制度は実行可能なシステムを築いてきました。

里親になる選択は、短期的および長期的な利益をもたらします。幼児期の間に十分な愛情を注がれないと、子どもの発達に深刻な、時には恒久的な影響を与える可能性があります。里親のおかげで、たくさんの子どもたちがより幸せな子ども時代と、より良い未来を持つことができるのです。