人生の教訓が含まれているディズニー映画の7つのフレーズ

· 2019年5月13日
ディズニー映画はその素晴らしい魔法や夢、感情や愛などについのお話で私たちを喜ばせてきました。このようなお話には子どものための価値のある人生の教訓が含まれています。

ディズニーは子どもたちの人生で重要な役割を果たしてきました。その物語は子どもを笑わせ、泣かせ、そして子どもに夢を見させてきました。中でも、価値のある人生の教訓を教えてくれるのです。これから紹介するのはディズニー映画からの覚えておくべきベストフレーズです。

価値のある人生の教訓を教えてくれる、ディズニー映画の3つのフレーズ

古典的な子どものお話の中には、私たちの心の中に忘れられない瞬間を残す、時を経ても朽ちない表現があります。

ディズニー映画からのフレーズは人生を振り返るのに役立ちます。今回はその中から少しだけ見ていきましょう。

「素晴らしい人生は完璧な人生でなくていいの」シンデレラより

全くの完璧を得ることは不可能です。ときに、私たちは文句を言ってしまいます。そんなものは存在しないのに、要求をしすぎて完璧を求めてしまうのです。

しかし、これは逆効果なのです。幸せはあなたが何を持っているかによって決まるものではないからです。要求をしすぎることには結果が伴います。あなたの高い基準を超えられる人は誰もいないので、それにより自分も不幸になってしまう可能性があるのです。

完璧な人生などありません。さらに、お金持ちになっても、有名になっても、魅力的になっても、幸せになれるとは限りません。人生は常に変わり続けており、それを目いっぱい楽しむには、毎日の経験から学ばなければならないのです。

完璧を求めようとしている間に、あなたの周りで起こっている素晴らしい人生に気づかないかもしれないということを、忘れないでください。

「本当の美しさは内側にある」美女と野獣より

見た目に騙されてはいけません。本当の美しさとは、心の中にあるのです。多くの場合、人は見た目で人を判断してしまいます。残念ながら、これは一番素敵な人を失うことにつながってしまう恐れがあるのです。

時間と共に、身体的な美しさは消えてしまいます。しかし、本当のあなたは内側に完全なまま残ります。

「ときに、正しい道は楽な道だとは限らない」ポカホンタスより

時に、あなたは決断を下さなければならない状況に直面するでしょう。その選択が最も賢明なものでないとわかっていても、その方向へ行ってしまうかもしれません。こういった過ちはあなたを傷つけ、あなたにストレスを与え、危険にさらすことになることさえあります。ポカホンタスはこのことを説明しているのです。

人生では、過ちから学び、再び立ち上がらなければなりません。そのためには、それが大変でも、時に自分のコンフォートゾーンを出なければなりません。良いことには努力と献身が必要なのです。

ディズニー映画 フレーズ 人生の教訓

ディズニー映画の愛についての2つのフレーズ

多くのディズニー映画は、あなたをきっと感動させる美しいラブストーリーです。その中には、愛情や気持ちがたくさんつまったものがあります。それを強調することには価値があります。

 

「本当の愛とは、自分より他の人を優先すること」アナと雪の女王より

愛は友情や家族、カップルを一つにする完璧な絆です。その人のことを愛していると、なにがなんでも、どこにいても、その人のことを常に考えますよね。

もちろん、他の人のことを考えると言っても、自分の幸せを完全に忘れてしまうということではありません。このフレーズの中では、共感を示すことを表しているのです。つまり、他の人の立場になって考えるということです。

他の人の視点に立つと、問題を別の視点から見ることができます。ですので、他の人の行動を助けたり、少なくとも理解することができるのです。

「一度その人のことを愛したら、その人は心の中にずっといることになる」ブラザー・ベアより

愛する人を失ったとしても、またはなんらかの理由でその人があなたの傍にはもういないとしても、思い出を心の中に持っていれば、その人はそこで生き続けます。これは子どもにとって価値のある人生の教訓です。子どもはなぜ愛する人がいなくなってしまうかを理解し、それに対処しようとしているからです。

「君は自分が信じているより勇敢で、意外に強くて、思っているより賢いんだ。」
―ウィニー・ザ・プー―

自分を見つめなおすディズニー映画の2つのフレーズ

あなたを勇気づけ、力強くしてくれる助けの手が必要な大変な日もありますよね。驚くかもしれませんが、あなたが自分を見つめなおすのに役立つ人生の教訓を、ディズニー映画の中に見つけることができるのです。

「逆境の中で咲く花こそ、最も珍しく最も美しい」ムーランより

あなたが今困難なときを経験しているなら、あきらめてはいけません。人生はときに辛くなる時もありますが、登り続けなければなりません。実際、こういった時は後に美しい思い出として振り返ることになるでしょう。

ですので、問題を乗り越えて目標を追っていれば、成功することができます。あなたが直面する困難はあなたを強くするでしょう。さらにそれがあなた自身を作ることになるのです。

ディズニー映画から学ぶ ディズニー映画 フレーズ 人生の教訓

「あら、私はときどき朝ごはんの前に6つものありえないことについて考えたりするよ」不思議の国のアリスより

究極的に、このフレーズは問題を解決し、新しい目標を立てるために創造性を使うことをあなたに教えてくれています。あなたの夢を叶えるには、明確な目標を立てなければならないのです。

また、この言葉は、勇気と意志の力を持たなければならないということも示しています。物事が困難になっても、あなたは闘わなければなりません。そして、あなたには必ず助けてくれる人がついています。

これらのディズニー映画からのフレーズは、あなたを鼓舞してくれることは間違いないでしょう。そして全ての人に素晴らしい思い出をもたらしてくれます。

あなたのお気に入りはどれでしたか? まだなければ、一つ一つをよく考えて、それが送っているメッセージを理解しようとしてみてください。