子どもが抱える不安を解決してあげよう

2018年12月1日
私たちは常に愛情を持って子どもと時間を共にし、私たちが大切に思っているということを知ってもらう必要があるのです。

子どもが不安を抱えることは意外によくあることで、その原因はさまざまです。親としては、これが起こらないように事前に対策することが大切です。

ほとんどの人が子どもはいつもハッピーで、「心配事が全く無い」と思っていますが、これは間違いです。

統計によると、子どもの20%が特定の不安に苦しんでいるというのです。

子どもが抱える不安の原因は?

不安には様々なタイプがあります。ですので、まずは不安の基礎的な知識を持っておくことが役に立つでしょう。

保護者は子どもに自分の気持ちを健全な方向へ向けるのに欠かせないツールを全て与えてあげなくてはなりません。

不安の原因は子どもの年齢で異なります。では、子どもの不安の一例を見てみましょう。

  • 身体的、または精神的虐待
  • 親のもめごと
  • 親から突然見放されること
  • さまざまなトラウマになるようなできごと
  • 経済的困難
  • 過度の責任感
  • 引っ越しや兄弟の誕生、親しい親戚や愛する人の死などの子どもの日常における急激な変化
  • 日課や順序の欠如(睡眠や食事のパターンがコンスタントに変わることなども含まれます)
子どもが不安を感じる時

親や保護者は子どもの不安の原因が何なのかを特定する責任があります。そしてその解決法を見つけてあげるのも親の責任です。

不安を解決するための手段

1.罪悪感を感じないようにしましょう

子どもが不安に悩まされていると、親も不安を感じてしまうということがよくあります。皮肉に感じるかもしれませんが、これは実際に起こりやすい現象なのです。自分の子どもが不安に苦しんでいることに気づいて、罪悪感を感じ始めてしまう親もいます。

もちろん、罪悪感を感じないようにするのがベストです。罪悪感を感じながら演技をしていると、良くない判断をしてしまうかもしれません。必要な手段を取るためには、責任感と罪悪感の違いを明確にすることが大切です。

2.話をしましょう

当たり前に思うかもしれませんが、これを実行しない親もいます。しかし、子どもに心の内を吐き出させてあげるのは重要です。

また、子どもに話すことを強制してはいけません。これは反対の効果を生み出すだけで、話を促すためには、お説教や何をしたらいいかという長い対話は必要ありません。

親は、子どもが自分の気持ちを自由に表現できるような絆を築けばいいのです。

「保護者は子どもに自分の気持ちを健全な方向へ向けるのに欠かせないツールを全て与えてあげなくてはなりません。」

3.良いお手本になりましょう

子どもは親がするのと同じように、自分の気持ちを処理し、問題と向き合うことを学びます。ですので、私たちはロールモデルとして行動しなければなりません。私はストレスのかかる状況を、子どもにも見習ってほしいような方法で対処しなければならないのです。

4.食事

糖分を摂りすぎることは、子どもの行動を変えてしまいます。子どもはもともとたくさんのエネルギーを持っており、子どもの身体が処理できるよりも多くの糖分を与えられると、コントロールができなくなってしまうのです。

さらに、子どもにはその過剰なエネルギーを燃やすためのスペースがないかもしれません。

糖分の摂りすぎにも注意 子どもの不安

5.多くを求めすぎないように

親は子どもは完璧ではないということをわかっているべきです。子どもに、ミスをしたとしても子どものことを愛しているということを伝えることが大切です。

多くを求めすぎると、子どもにたくさんのストレスがかかります。親が子どもに多くを求めすぎる典型的な例は、子どもの成績に関することです。

また、これはスポーツについても起こり得ます。完璧でなければ、一番でなければと感じている子どもは不安に悩まされやすくなるのです。

6.愛情

ストレスのかかる状況に対峙するために必要なツールを、どのようにして子どもに与えればいいのでしょうか。ストレスのかかる状況に対峙するためには、それができると感じる必要があります。それは自尊心ととても関係があります。

子どもが自分に自信を持つためには、子どもが親からの普遍の愛を感じている必要があります。親は子どもが何かを達成した時にだけお祝いとして愛情表現をするのではいけません。

私たちは常に愛情を持って子どもと時間を共にし、私たちが大切に思っているということを知ってもらう必要があるのです。