子供が何歳になったら携帯電話を持たせるべきか知っていますか?

2019年3月9日
テクノロジーは私たちの生活の重要な一部となっており、子供たちがテクノロジーを使い始める年齢も下がり続けています。

世の中は非常に早いスピードで進んでいます。そして、子供たちの世代がテクノロジーを手にする年齢もどんどん下がっています。そして親として疑問に思うのは、子供が何歳になったら携帯を持たせるべきなのかということでしょう。

その答えは、それぞれの家族の都合やシチュエーションによるところが大きいのですが、専門家は、少なくとも12歳になるまでは待つべきであると勧めています。

何歳になったら子供に携帯を持たせるべき?

テクノロジーは私たちの生活の重要な一部となっており、子供たちがテクノロジーを使い始める年齢も下がり続けています。実際のところ、私たちがそれを必要としていようと、していなかろうとテクノロジーは私たちの生活のいたるところに溢れています。しかし、いつになったら、子供が携帯を適切に使えると判断できる正しい年齢に達したと言えるのでしょうか?

専門家は子供が12歳になるまでは携帯を持つべきではないと勧めています。また、WhatsApp(メッセージアプリ)やその他のソーシャルメディア系アプリに関しては、15歳か16歳になるまでは使うべきではないとしています。

つまり12歳の子供であれば、ゲームをしたりマルチメディアによるコンテンツを閲覧することに携帯を使っても、ソーシャルネットワークへのアクセスは勧められないと言うことです。

子供 携帯電話 何歳

理想的には、15歳になるまで携帯を持たせるのは待った方が良いでしょう。実際、フランスなどの国では、15歳以下の子供が学校で携帯を使うことを禁止する法律が可決されているほどです。

この法律では、休み時間での利用も禁止しています。これは言うまでもなく、小さな子供や思春期の子供の安全を守り、外での遊びやアクティビティを促すものです。

若年層の携帯利用にまつわる危険

専門家は携帯電話の利用による危険についても警鐘を鳴らします。小さな子供に、これらのテクノロジーへのアクセスを許可しないことが重要なのはこのためです。しかし、子供の居場所をいち早く知るために子供に携帯を買い与える親が多くいるのも事実です。

覚えておきたいのは、そのための携帯電話であればインターネットへの接続は必ずしも無くても大丈夫だと言うことです。

1. 不適切なコンテンツの閲覧

インターネットは新たな情報への窓口である一方、危険もいっぱい含んでいます。

例えばポルノなどはそのアクセスの簡単さを考慮しても、未成年にとっては有害なコンテンツの一つでしょう。

2. いじめ

テクノロジーのおかげで、いじめは家庭でも世界のどこにいても、自分に起こってしまうものになりました。ネットいじめは最近の子供が直面しうる最大の危険となっています。

3. 依存

ビデオゲームと同様に、親の管理のない子供の携帯利用は依存症を引き起こしかねません。この主な理由は、ソーシャルネットワーク、ゲーム、不適切なコンテンツなどにあります。

子供 携帯電話 何歳

携帯電話の誤った利用から子供を守るコツ

適切な年齢

専門家の説明する通り、携帯を持たせるべき年齢は15歳頃です。もしその前にどうしても与える必要がある場合でも、12歳未満の場合は避けるべきです。

継続して常にコミュニケーションをとる

お子さんと常に継続してコミュニケーションをとることが大切です。子供の言動に変化がないか注意をしましょう。また、依存につながるような子供の限度を失ったテクノロジーの利用を制限し、コントロールしましょう。

親としての権威を保ち、特にテクノロジーを使った子供の遊び時間に対し、明確なルールを決めましょう。

コントロールのためのツールの利用

テクノロジーそのものを私たちがコントロールすることはできませんが、子供の年齢に不適切と思われるページをブロックするツールが保護者のためにあります。

さて、初めの質問に戻りますが、何歳になったら子供に携帯を持たせるべきでしょうか?ここで述べてきた通り、その答えはそれぞれの家族のシチュエーションにより異なります。いずれにしても、子供が責任を持ってそれらを利用することができる年齢になったかどうかを、親が正しく判断することが重要なのです。