4つの効果的な子育て法とは?

2019年1月2日
子育ては怒ったり不平不満を言ってばかりというわけではありません。その逆の健全で前向きな態度は、素晴らしい結果を導き出します。

効果的な子育て法を知ることはとても重要です。例えば子供の達成(それが大きなものでも小さなものでも)を認めてあげると、子供は自信を持ち、能力も上がります

子供が自信を持てるよう、毎日ポジティブな影響を与え続けてください。あなたの声のトーン、ボディランゲージ、顔の表情などを見て子供は育ちます。

言葉、態度、行動を含むこれらすべての要素が、子供の自己肯定感や個性の成長に影響を与えるのです。

子供に進んで色々やらせましょう。独立心を育てることはとても大切です。

時には代わりにやってあげたいと思うこともあるでしょう。それにその方が親にとって楽なこともあります。

ですが長い目で見ると、子供自身に任せた方が彼らの個性を築き上げることへと繋がるのです。

 

「あなたが子供の人生に最も大きな影響を与える人である必要はありません。長い目で見た時、あなたなりのやり方で陰ながら彼らを支えることが、後々大きな違いを生み出すのです。」

-ミヤ・ヤマノウチ

 

効果的な子育て法:子供の教育の4つの柱

1.子どもの能力と才能を育てる

子供は皆それぞれ特別な才能を持っています。これらの能力は学校や日常生活に現れるのでしっかりと注意をしておきましょう。

様々なアクティビティを見せ、体験させ、刺激を与え、彼らの興味のあるものを見つけてください。

 

2.努力を認め、誉める

個人的な達成や成功は子供の態度に影響することが研究で証明されています。子供が一生懸命頑張って達成した時は誉めてあげましょう。

何かを達成した時の気持ちは、将来的に何かにチャレンジする時の勇気づけとなります。

親子

 

3.ルーティンを作り上げる

昼食や夕食を共に食べるよう日常生活のルーティンを作り上げましょう。食事の場は子供にとって成長と栄養獲得の基本の場であるだけでなく、会話をする場にもなります。

食卓での会話は親子が価値観を共有する大切な場所となります。子供は家族が話しを聞いてくれ、サポートしてくれると分かれば、どんな状況においても挑戦を実行しようとするでしょう。

こちらもご覧ください 10代の子供と話すべき5つのこと

 

4.限度を定め、一貫したしつけをする

しつけはどんな家庭においても必要なものです。何が善い行いで、なにがそうでないのか、区別する方法を子供は学ばなければなりません。

子供の頃にしっかりしつけられた人は、責任のある大人へと成長します。

小さな子供は、親の決めた限度がどれだけものか試そうとする行動を取ることが多いので、継続して一貫した教育を続ける必要があります。家庭でのルールは、セルフコントロールを学び、失敗や挫折に耐えうる力を身につけさせます。

こちらもご覧ください タートル・テクニック:セルフコントロールの方法

 

効果的な子育て法:しつけのヒント

問題に自ら対峙し解決出来るチャンスを与える:問題に対峙し解決したという経験は、打たれ強い大人へと成長させます。

子供と一緒に遊ぶ:家族の時間を作るようにしましょう。子供に何がしたいか選ばせ、一緒に遊んでください。

ユニークで心に残る思い出を作り:言葉にして伝えたことは、忘れてしまうこともあります。ですが、楽しかった思い出や家族の伝統などは心に残ります。

環境を大切にすることを教える:これは家族の幸せや健康のためだけではありません。地球環境に気遣うことを教えるのです。この星を愛し、家として扱うよう教えましょう。

常に真実を伝える:正直な人に育って欲しいなら、あなた自らそのお手本とならなければなりません。

家族団らん 効果的な子育て法

親戚と過ごす時間:親はもちろん家族の中心ですが、叔父や叔母、祖父母やいとことのかかわりも大切です。

責任ある人間になれるよう教える:社会の仕組みを教えましょう。何かの支払いを手伝わせたり、交通ルールを教えるのも良いです。

善い行いの大切さ:どんな状況における障害も、ポジティブな態度で接することが出来ます。子供に、正直で、責任ある、そして他人に対して寛大な態度を見せましょう。

愛情表現:抱きしめたり、キスをしたり、ほめることはいくらでもできるし、子供をとても幸せな気持ちにします。愛されていると感じる以上に素晴らしい気持ちはありません。

家族の心身の健康を気遣う:最後におススメするのは、セルフケアです。心身のコンディションが整っていると、毎日幸せで元気に過ごすことが出来ます。

親の仕事は簡単ではありません。また決まった方法などもありません。

効果的な子育ての基本とは、子供に幸せを与え、たくさんの経験をさせてあげることなのです。