赤ちゃんが泣かないのどうして?その理由とアドバイス

2019年6月19日
赤ちゃんがこの世に生を受けると、誰が教えたわけでもないのに泣くことでコミュニケーションを取ろうとします。それ故、赤ちゃんが泣かずにおとなしくしていれば心配になってしまうのも当然です。

赤ちゃんがあまりにも泣かないと、それは手がかからないどころか、むしろ大変です。なぜなら、空腹も、病気も、何かを欲していることも認識することが難しくなるからです。赤ちゃんの病気や、聴覚の異常を疑っても仕方ありません。そして、「赤ちゃんが泣かないのは普通なの?」と疑問に思うかもしれません。

赤ちゃんの主なコミュニケーション手段は泣くことです。しかし、まだそれをうまく扱えていないのかもしれません。

出産の時に赤ちゃんが泣かないのはなぜ?

全ての赤ちゃんが生まれた直後に、自然に、または外部の刺激を受けて泣くと考える方が多いかと思います。しかし、これは必ずしも真実ではありません。

自然分娩で生まれた赤ちゃんは、多大なストレスを乗り越えて生まれます。このストレスが赤ちゃんを泣かせるのです。そして泣くことが呼吸器を活性化させます。

一方で、出産時に泣かない赤ちゃんも少なくありません。その理由は眠気や穏やかな気質にあります。こういったケースでは、医師や助産師が赤ちゃん刺激し、泣かせることで気道内の羊水を取り除こうとするはずです。

帝王切開で生まれた赤ちゃんの中にも「オギャア」と声を上げる前にあくびや咳をする赤ちゃんがいます。ここで注意してほしいことが、泣かないことが健康問題の兆候である可能性もあることです。従って、異常を検知、排除するためにもすぐに診断を受けさせることをお勧めします。

その場合、専門医がアプガーテストを実施するでしょう。このテストでは、特に5つの要素を具体的に評価します。

  • 筋肉の緊張
  • 反射
  • 皮膚の色
  • 心拍数
  • 呼吸

結果に応じて、赤ちゃんに酸素吸入が必要であるかを判断します。

出生時の赤ちゃんの泣き声は健康の証でもあります。赤ちゃんを胸に抱っこして、あやしてあげましょう。

赤ちゃんをあやす

なぜ赤ちゃんは泣かないのか?

赤ちゃんが泣かないことは普通なの?と疑問に思っている方に知っておいてほしいことは、過度に心配する必要はないということです。あくまで大切なのは、赤ちゃんのニーズが満たされていることです。全ての赤ちゃんがそれぞれ異なっています。中には、空腹や寒さを感じても、泣き声で保護者に知らせることができない赤ちゃんもいるでしょう。

医師によって赤ちゃんの健康が確認された場合には、赤ちゃんが泣かないのは泣くことを学んでいる途中だからです。そういった意味でも、保護者は赤ちゃんの身振りや手振りから赤ちゃんの気持ちや求めていること、ものを理解する必要があります。

赤ちゃんが泣いているからといって、全てがうまくいっているわけでもありません。赤ちゃんのニーズに注意を払うことが大切です。食事のルーティーンや、寝るタイミング、オムツ交換のスパンなどに気をつけてください。

保護者が赤ちゃんのあらゆるニーズへの対応方法を学ぶことがとても重要です。赤ちゃんから発せられる信号をキャッチし、適切に対応することが求められます。

赤ちゃんの空腹を見抜く方法

たとえ赤ちゃんが空腹を感じていたとしても、泣くことは最後の手段です。泣くことは、空腹を強く表現する方法であることに注意してください。そこに至る前に、以下の兆候を見逃さないでください。

  • お母さんのおっぱいを探すために、頭を動かします。殆どの赤ちゃんざ本能的に母親のおっぱい探し、空腹を満たそうとします。赤ちゃんをよく観察することで、赤ちゃんの空腹を見抜くことができるでしょう。
  • 赤ちゃんが大きく揺れ動いている時には、何かを表現している可能性があります。それは、ただ満腹なだけかも知れませんが、オムツを交換してほしかったり、お腹にガスがたまっているのかもしれません。
  • 赤ちゃんの空腹を見抜くもう一つの方法が音です。赤ちゃんが自分の舌を吸い、それがおっぱいや哺乳瓶を吸う音のように聞こえる時があるかと思います。これは、食事の時間が来たというサインです。
赤ちゃん-泣く

赤ちゃんが眠い時のサイン

赤ちゃんが小さな手で握りこぶしを作り、まるで麻痺したかのように目をこすっている場合には、眠気のサインです。頻繁に、あくびをしたり、目を閉じるならば、それは眠るべき時が来たというサインです。

 

「大切なのは、母親が赤ちゃんのニーズに対処する方法を学ぶことです。」

オムツの交換が必要かどうかを見極めるには

もちろん一番のサインは、臭いです。また、オムツが汚れてからしばらく時間が経つと、その不快感から赤ちゃんは落ち着きをなくします。眠っていたのに、突然目を覚ますこともあるでしょう。表情にも、緊張や憤りが見られるかもしれません。

赤ちゃんが泣き声を使ったコミュニケーションに慣れていなければ、それ以外の小さなサインを見逃さないようにしてあげましょう。この記事を読んでも、赤ちゃんが泣かないことへの心配が払拭されない時には、医師へ相談してみてください。

https://youaremom.com/babies/baby-doesnt-cry/