兄弟は子どもの社会性にどのように影響を与えるの?

23 12月, 2019
兄弟がいてもいなくても、子どもの社会スキルは親から何を学ぶか、そしてグループの中にどのように溶け込むかに大きくかかっています。親の役割は子どもに社交性を教える際にはとても重要です。
 

兄弟は子どもの社会性に影響を与えるのでしょうか?一人っ子は衝動的でわがままで甘やかされていると思っている人は多いのではないでしょうか。この一人っ子の汚名を着せたくないがために兄弟を作ろうと決める親も少なくないのです。

当たり前ですが、この考えが常に正しいわけではありません。一人っ子や兄弟についてあれこれ言われていますが、すべての家族はそれぞれ異なります。とはいうものの、兄弟が多い方が子どもの社会性に影響があるものなのでしょうか?

兄弟は子どもの社会性に影響を与えるの?

子どもが成長する環境、特に最初の数年間は子どもの性格に重大な影響を与えます。最も大切なのは健全な環境と愛に基づいた子育てです。

兄弟 社会性 影響

子どもの共感、自信、知的な能力、そして社会スキルは生まれてからの12~24カ月間によります。また、親からのサポートや親との近さなども関わっています。

家族を始める時期の遅れ

最近の家族は、それぞれ多様性に満ちていますが、伝統的な家族のパターンには従っていないことが多いものです。反対に、夫婦は子育てという大きな一歩を踏み出す前に、自分の仕事や旅行を優先することが多いのです。

 

ですので、夫婦が自分たちの時間を楽しむことで家族を作り始めるのが遅くなっています。両者が特定の年齢になると、自分たちの時間をしっかりと息子や娘に捧げる準備が整います。

最初に生まれた子にとっても、その後に生まれてきた兄弟たちにとっても、社交性についての難しさは同じです。

社会的な関係の中で、一人っ子は誰とでも友達になれる傾向にあります。これは家で遊ぶ人がいないためです。反対に家に子どもが何人かいるという子は、他の子が社会化するのを助ける傾向にあります。

兄弟が多い子少ない子、いない子

兄弟がいるということは、子どもにとっては素敵なアドバンテージでもあれば、大きな挑戦でもあります。さらに、一人っ子にも同じように利点と挑戦があります。兄弟が社会性に影響を与えるかどうかについての答えは、必ずしもどちらとは言えません。

子ども 兄弟 影響

しかし、兄弟のいる子は常に一緒に遊ぶ人がいて、親からの期待を兄弟と分け合えるのでプレッシャーをより感じなくて済みます。少なくとも小さいときは、兄弟や姉妹が毎日をよりわくわくしたものにしてくれます。

一人っ子は孤独と静かに闘っているかもしれません。親は兄弟がいないことをどんどんおもちゃを買うことで補おうとしてはいけません。愛と質の高い注目を与えるべきなのです。そうすることで、その子の社会的なスキルや学業成績も可能な限りベストなものになりうるのです。

 

お子さんに健全な子ども時代とあたたかく平和でバランスのとれた環境を与えることが、良い関係を作るのにはベストです。兄弟がいてもいなくても、子どもはみんなそれぞれユニークで、特別に育てられる価値のある存在なのです。

結論として、子どもの社交性をうまく育たなくさせる唯一のものは、兄弟がいようがいまいが、子どもがまわりの環境にいるお手本なのです。

つまり、基本的なニーズが満たされている子どもは、兄弟がいてもいなくてもハッピーになるのです。そういった子は友達や他の世代の人たちと健全にコミュニケーションがとれるようになるでしょう。