子どもの育つ環境:「背景」が子どもの教育レベルに及ぼす影響

· 2019年6月8日
様々な背景がどのように子どもの教育レベルに影響を与えると思いますか?詳しく見ていきましょう。

子どもたちが育つ環境は、認知発達に直接的かつ重大な影響を及ぼします。その「背景」が子どもの教育レベルに与える影響は、子どもがどう社会と交流するかを左右するため、その重大さは明らかです。

この背景とは、家族、友人、社交の機会、広告、読むもの、見るもの、周りを取り巻くイデオロギーを含みます。子どもが成長する文化的背景、そして子どもの人生の出来事を構成するものは全て、子どもに影響を与えます。

背景が子どもの教育レベルにどう影響するか

第一背景としての家族

子どもと社会との最初の接触は、家族、つまり子どもが個人としてどう構成されているかを形作る人たちを介して行われます。

幼児期に十分な愛情を受けたか、話を聞いてもらい大切にしてもらったか、感情的または物質的な不足を経験したか、虐待の犠牲になったか…これらすべての要因が、新しいことを学ぶ能力に影響を与えます。

家族が貢献するものは下記の通りです。

  • 基礎教育
  • 習慣化した基準による行動フレームワーク
  • 情緒的安定

子どもたちは核家族から社会的スキルを学びます。同様に、学校に上がる時、すでに多くの情報を吸収した状態で始めるのです。

子どもたちが構築した自己イメージは、周りを観察すること、そして周りの人が問題解決する姿を見ることに関係があります。

こちらもお読みください:子どもにとっては家庭が最初の教育の場所

味方の背景

子どもの知的発達は、子どもが成長する社会的環境に起因します。この背景は、自己的な成長と、他人との関わり合いで成長するのを助けます。その背景が多かれ少なかれ前向きなものであるかどうかとは関係なく、教育制度の観点からこの背景を理解すれば、子どものやる気を削がないようにしようとするはずです。

教室にいる子ども 子ども  環境   背景 影響

メディア

子どもの教育レベルにおける背景について言及するなら、メディアの話は避けては通れませんメディアは子どもの注意を多く引き、あらゆる形態のメッセージを社会に向けて絶えず発信しているからです。

テレビは子どもたちの注目を集めるのに長けているので、子どもに多大な影響を与えます。テレビが伝えようとしていることは簡単で、時には自分が一体何を見ているのかわかっていない時さえありますが、メッセージは明らかです。

さらに、テレビを見る時間は、年齢とともに増加する傾向にあります。子どもは、特に幼い頃、テレビで見聞きすることを当たり前に受け止めます。この状況は子どもの認知発達における新しい背景を生み出すのです。

 

新しいテクノロジー

新しいテクノロジーは、これまでのメディアの居場所を奪い、現在の教育プロセスを変えつつあります。今日の世代はインタラクティブ(相互作用的な)な側面、スピード、そして技術サポートを必要とし、それら全部が育つ背景と学んできた情報に関係します。

テレビを見る子ども 子ども  環境   背景 影響

今日ご紹介した要因を見逃してはなりません。そうではなく、これらを利用し、子どもの成長背景の一部であると認識し、私たちに利益となる使い方をするべきです。

一般的に、家族と社会は子どもが成長する背景を構成します。子どもの教育レベルへの影響は明白です。そのため、背景を考慮した新しい子育て方法を確立することが重要です。そうすることで、それぞれの子どもに適した価値あるフレームワークを提供できることでしょう。

  • Fernández-Berrocal, P., & Ruiz Aranda, D. (2017). La Inteligencia emocional en la Educación. Electronic Journal of Research in Education Psychology. https://doi.org/10.25115/ejrep.v6i15.1289
  • Gerardo León Guerrero. (2004). La educación en el contexto de la globalización. Revista Historia de La Educación.
  • Marino Roberto Aparici. (2005). Medios de comunicación y educación. Revista de educación, ISSN 0034-8082, No338, 2005, págs. 85-100.