子供の性格が食事に与える影響とは?:性格と好き嫌いの関係性

2019年7月3日
子供の性格を理解し、食べ物との関係を改善することが解決策となるでしょう。

子供の性格は、子供が好んで食べるものに影響を与えることが証明されています。食事中に集中して食べていなかったりうるさい子供たちを見かけ事はないでしょうか。時に食卓が戦場になることさえあります。子供が特定の食べ物を食べようとしなかったり好き嫌いが激しい場合、習慣や個人的な問題だけでなく子供の性格が深く影響している可能性があります。

それぞれの子供は、他の子とは異なる性格、特徴を持っています。成長する中で特定の食べ物を受け入れたり、嫌がったり様々な反応を見せるのは非常に一般的です。

しかし、これらの行動は、ただ単に子供であるという事実だけでは説明できません。子供の性格と深く関わりがあるのです。

自分の子供がどのタイプに当てはまるか知っておくことで、子育てをしていく上で良い選択をすることができます。また、問題に直面した時にもできるだけ簡単に解決する方法を見つけられるでしょう。

離乳食 子供の性格 食事

子供の性格と行動

大きくなるにつれて、子供は様々な食べ物に触れることになります。人生で初めての食べ物であり、主食であるのはミルクでしょう。これは成長するにつれて変化していきます。新しい味や食生活を試す機会を子供たちに与えることが大切です。

子供が食物と確立する関係は、私達が食物行動と呼ぶものです。

家族との関係、食物の入手方法、社会的地位、両親からの愛情、そして文化的伝統がどのように子供達の食生活に関わりを持っているのか理解しなくてはなりません。

先にあげたいくつかの要因が子供たちの食生活や食習慣に大きな影響を与える可能性があります。

ご存知でしたか?:
子供の食生活の悪さが引き起こす結果

子供の性格

子供の性格や特徴はいくつかのタイプに分けられます。

さまざまな状況経験にうまく順応できるタイプです。このタイプの子供は常に幸せで、規則的な習慣および予測可能な行動をします。このタイプの子供にとって、他人と交流するのは容易であり、集中力も高い傾向にあります。

非常に活発で気が散りやすいタイプです。状況の変化に直面したときそれに抵抗を示し、順応するのが難しいことがあります。定期的な習慣を確立することがより困難であり、睡眠や食事に関して時々癇癪を起こします。このタイプの子供は「難しい」子供と呼ばれこともあります。

新しい状況や変化への適応が困難で、活動レベルの低いタイプです。このタイプの子供は常に両親の受け入れを求めています。

性格が食事に与える影響

様々な研究により子供の性格と感情の両方が食事に影響を与えことが証明されています。

怒りは、通常上で紹介した2番目のタイプの子供に見られますが、新しい食べ物を試す際により困難な状況になる傾向があります。

悲しみや不安は食欲不振を引き起こす可能性があります。変化にうまく順応できるタイプの子供たちは、さまざまな種類の食べ物を試し、比較的早く慣れることができます。

 

好き嫌い 子供の性格 食事

一般的に、食欲不振の問題は、社会や家族との交流に関連しています。

子供が両親や自分を取り巻く環境において経験することが、食欲に影響を与えるのです。子供の敏感さの程度は性格と大きく関係しています。また、好き嫌いが激しい子供は、過保護になっていたり、支配的な性格である場合が多いです。

好き嫌いのある子供は以下のような特徴があります。

・食感や色によって食べ物を拒絶する子供は、感覚的な子供と見なされます。

・完璧主義の性格を持った子供は特に注意が必要です。食品を他の食品と混ぜるのを嫌います。

こちらもご参考に:
子どもが健康的なライフスタイルを送るための4つの秘訣

私たちができること

性格と食べ物の関係を理解することで、子供の行動パターンがよりわかりやすくなるでしょう。

今回ご紹介したように、性格は食事時の行動に影響を与えます。また年齢も好き嫌いの激しさに関係していると言えます。

子供の性格を理解し、食べ物との関係を改善することが解決策となるでしょう。

たとえば、異なる食育方法のアプローチをするのもよいでしょう。または、家族の食生活を変えることもできます。子供の性格を理解し、きちんと向き合うことが大切です。いずれにせよ、忍耐が必要不可欠なことを忘れないでください。