子どもの学びを効果的に助けるにはどうすればいいの?

2019年10月9日
効果的な学習とはなんでしょうか?それは子どもが自分の日々の経験を精神的なプロセスに統合する方法のことです。

子どもは以前の知識や経験と新しい概念をつなげることで、効果的に学ぶことができます。この記事を読んで、効果的な学びを促進する方法を参考にしてみてください。

効果的な学びを通して子どもは新しい情報をよりうまく習得し、人生を通して知識のプロセスが活発で敏感なものになるでしょう。おわかりのように、これは一見するよりも重要なことなのです。

効果的に学ぶには?

新しい情報に対面した時、私たちの脳はこの新しい概念を理解するのに役に立ちそうな過去の知識とその情報を関連付けます。こうすることで新しい概念と過去の経験を結び付け、そこに意味や論理を見出すのです。

ここで起こることは、新しい知識と古い知識がつながったとき、それはより豊かなものになり、変化することさえあります。このプロセスのおかげで私たちは自分なりの結論を導き出し、効果的な学びを行うことができるのです。

この種の学びにより、子どもは新しい概念を完全に理解し記憶の中にそのままとどめておけるようになります。そしてだんだんと新たな複雑な学習の基礎を築いていきます。それはさまざまな状況に対応するための枠組みや文脈としての役割を果たします。

子どもの効率的な学びを助けるには

子どもの時間を尊重すること

子どもはそれぞれのペースで成熟していきますので、それを尊重することが大切です。さまざまなことを学習するのに適しただいたいの年齢というものはありますが、それはあくまで目安であって平均からとったものでしかありません。

その平均にお子さんが当てはまらないからといって心配する必要はありません。だからといって問題があるという訳ではないからです。プレッシャーをかけることは、お子さんの自然な発達をさらに遅くするだけなのです。

子ども 効率的 学び

ミスをさせてあげましょう

お子さんに不満を感じさせないために、お子さんを常に正したりミスを犯さないようにさせてはいけません。自分で間違いを正す方法より効果的なことはありません。

とてもいい例の一つがモンテッソーリ教育で、これは正しい答えが出なかった時に子ども自身にその過程のどこかでミスをしたのだということに気づかせるというものです。こうすることで自分の間違いについて考えそこから学ばせるのです。

子どもに考えさせましょう

効果的な学習のカギとなるものの一つには、質問を通して子どもが学ぶのを助けてあげることがあります。自分の身の回りのことについての説明を探し、好奇心を持ち続けるのを助けてあげましょう。これを子どもに質問し、子どもの心に種を植えることで行うことができます。

子どもにモチベーションを与えることに敏感でいましょう

人は様々な状況から学習します。子どもにとってはより一層そうです。子どもの好みを批判してはいけません。すべての物が効果的な学習を育てるのに役立つのです。スーパーヒーロー、サッカー、テレビゲーム、物語、お人形などなど…

これらは子どもの注意を引き興味を呼び覚ますためのツールでしかありません。子どもが恐竜が好きでも、地球について学ぶこと、宇宙、動物…なんだって興味の対象になりえます。

小さな子供と一緒にサッカープレーヤーの名鑑を見て好きな選手の名前を呼んだりすることで、読む練習をしてもいいですね。子どもが身を乗り出して興味を抱くようなものがなんなのかを見つけるのです。

成功したら褒めてあげましょう

自分の目標を達成したということを知ることほどモチベーションになることはありません。子どもはどれだけのことを学んだかに気づいていないことさえあります。あなたを通して子どもの知識を認めてあげる必要があります。

子ども 学習   学び

だからといって子どもの全ての段階において常にチアリーダーになってあげなければならないということではありません。それは逆効果になる可能性があるのです。子どもが他の人から常に承認されることに依存してしまうからです。

そうではなく、「間違えないで算数の問題がたくさん解けたね。よくできました!」などというようなことを言ってあげるのはとても有効です。

人生はゲーム

子どもにとっては全てがゲームなので、学習も楽しくなくてはいけません。メモリーゲームや子どもにモチベーションを与える楽しいアクテビティを提案し、新しいことを学びたいと子どもに思わせましょう。

子どもは私たちが想像するよりも速く学習することができます。とりわけ、私たちが子どものペースを尊重し、クリエイティビティを育て、私たちも常に学習しているということが子どもにもわかるとそのスピードは上がります。